税務調査にはどのように備えたらいいの?チェックしておくべき4つのポイントとは

個人事業主で、「特に法人にする予定もない」という人が突然、税務署から「税務調査で今度伺います」と連絡を受けた場合でも慌てないようにしましょう。
  

スポンサーリンク

 

1.税務調査会の備えのポイントは?

入出金整理

まず税務調査官に聞かれるのが「事業概要」です。創業に至る経緯、取引の全体像、経理体制等についてです。税務調査官はそこから会社のお金・物等の流れ、そして事業主が間違えやすいポイントを把握します。
 
 
 
税務調査が入ることになっても慌てないためには、普段からきちんと帳簿付けを行っている事が重要です。
 
 
 
税務調査官は、納品書・請求書・領収書・帳簿を調べるのですが、効率を考え、満遍なく見るのではなく、業種別に間違えやすいポイントを重点的に調べます。金額も大きい金額から重点的に見ます。
 
 
 
特に気をつけたいのが「期ずれ」(期間差異)です。売り上げを隠したり、架空の経費を計上すると重加算税が課されるので要注意です。
 

2.個人使用の家事費的交際費は要注意!

交際費等

特に注目され、念入りにチェックされることが多いため気をつけたいのが交際費」です。個人的に使用した経費は含まれていないか、しっかりチェックをすることです。
 
 
 
より注意深く見られるのが、事業主の住居の近くで使われていた費用です。生活費などプライベートと混じってしまいがちですからね。交際費の領収書には、誰を接待したのかを答えられるようにメモしておくことです。
税務調査官はどんなところを見るの?

  • 売り上げ計上時期が間違っていないか。操作されていないか。
  • 在庫の計上漏れ
  • 売り上げの計上漏れ
  • 私的経費
  • 架空人件費
 
これらのポイントは要注意です。
 

スポンサーリンク

 

3.税務調査の対象に傾向はあるのか?

職種・所得額

職種、所得額で今年はこんな傾向、などと言われることもありますが、通常言われている売り上げ2000万円以上」「所得が1000万円以上」というボーダーライン以下の場合でも税務調査は入っています。なので、あまり考えないほうがよさそうですね。
 

4.日頃注意しておきたいことのまとめ

    • 支払った領収書は必ず保存‥領収書は必ず整理して保存、事業との関連性をいつでも説明できるようにしておくことです。
    • 事業用とプライベートの現金・預金口座を完全に分離‥個人的な出費と事業の出費をきちんと分けることです。得意先からプライベートの預金口座に収入金額の一部を振り込ませて、「所得隠し」をする個人事業主がいたりもしますが、マイナンバー制度によってすぐに発覚してしまいます。
    • 脱税志向は危険‥金を不当に安くしようとする個人事業主をたまに見かけますが、税務調査官から見れば、簡単に抜かれます。むしろ、追徴課税を支払うことになる分、損になります。
証明する証拠を残しておくこと

正しい経費処理であることを証明する証拠を残しておきましょう。一緒に食事したりお茶を飲んだりしたときの領収書に「〇〇さんと打ち合わせ、お茶代」などとメモしておくと良いでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です