ビットコインの取引の時にブロックチェーンでは一体なにが起こってるの?

そもそもビットコインを送金するという行為は、ブロックチェーンの実装としてのビットコインにトランザクションを送るというのと同じことなのです。
 
 
今回はその時ブロックチェーンの内部でなにが起こっているのかいうことについて見ていきましょう。

ビットコインの流れとブロックチェーンとは

仮想通貨としてのビットコインはもともとは、ブロックチェーンの実装としてのビットコインの運営を影で支えている「マイナー」に対してその成果報酬を与えるということが最大の目的です。
 
 
 
ブロックチェーンは仮想通貨の取引を記録することに非常に特化しているデータベースであるのですが、ビットコイン自体もブロックチェーンの実装の1つである以上は、原則としてその性質を受け継いでいるのです。
 
 
 
ウォレットの持ち主が他のウォレットに送金をする際に、ウォレットアプリケーションはビットコインに対してトランザクションを送ります。
 
 
 
送られたトランザクションは、すぐにブロックチェーンに記録されるというわけではありません。
 
 
 
「トランザクションプール」と呼ばれる一時的な待機場所に保管されます。
 
 
 
その後、マイナー達はそのトランザクションをブロックに取り込みながら採掘の作業を行うわけですが、そのうちの1人がマイニングに成功すると、ブロックはビットコインのネットワーク上に拡散されて、ブロックチェーンにその成果が書き込まれます。
 
 
 
マイナーがマイニングに成功する頻度は、平均して10分に1回と言われています。まあこれはあくまで平均ということなので、運が悪ければ、数時間誰もマイニング出来ないということもあります。
 
 
 
その場合、ウォレットの「利用者」の目には、送金したはずなのにいつまでも実行されない」とうつるはずです。基本的に利用者はビットコインを持つ以外に選択肢はありません。
 
 
 
仮想通貨博士
マイナーに支払うトランザクションの手数料の設定が安いため、いつまでも送金の記録がブロックチェーンに反映されないという場合があるのじゃ!そういう時は取引手数料をまた改めて設定し直して、再度トランザクションを送り直すことで取引が実行されるのじゃ!

個人間でビットコインを送金した際は?

個人間でビットコインの送金を行う場合、ウェブウォレットかモバイルウォレットアプリを使って送金することになるでしょう。
 
 
 
ウォレットは、送金時にブロックチェーンのプロトコルに従ってトランザクションを作成し、ビットコインのネットワークに送信します。
 
 
 
送金される側のウォレットは、ブロックチェーンのネットワークにアクセスして、「自分のウォレットアドレスが関与するトランザクションの履歴が存在することを確認する」という方法で手元のウォレットも残高を表示します。
 
 
 
つまり、ブロックチェーン側でトランザクションが取り込まれなければ「送金を受ける側」では送金された事実を確認できません。これがブロックチェーンの仕組みなのです。

店舗でビットコインを使った際は?

最近では、日本でも店舗なのでビットコインを使って直接決済できる場所が増えてきました。店舗で支払いを行う場合、「消費者のウォレットから店舗のウォレットに送金する」という手続きを行うことになるので、本質的には前述した「個人間での送金」と手続きは変わりません。
 
 
 
ただし、店舗(送金される側)が、ブロックチェーンにトランザクションが書き込まれることを待って、取引履歴を確認してから店頭決済を行うのは現実的ではないでしょう。
 
 
 
ブロックチェーンの実装としてのビットコインは、前述したようにトランザクションの取り込みに平均10分かかるので、店舗の店頭でそのまま使ってしまうとレジの前でお客さんを平均10分待たせて支払い手続きしなければならないということです。
 
 
 
なので、店舗等でビットコイン決済を行う場合は、ブロックチェーンへのトランザクションの取り込みを待ちません。
 
 
 
お客さんのモバイルウォレットのインターフェイスを通して、支払い手続きが完了したことを確認した瞬間、まだブロックチェーンにトランザクションが取り込まれていない事を承知の上で、見切り発車状態で決済を完了します。
 
 
 
もちろんこの場合店舗側にある程度のリスクが発生するということになります。
 
仮想通貨博士
この見切り発車で決済を完了することを「ゼロ・コンファメーション」というのじゃ!

仮想通貨取引所はどのようにビットコインを管理しているの?

先日世間を賑わしたCoincheckへの不正アクセスで、500億円相当のネムが盗難された事件で、多くの人がビットコインは取引所でどのように管理されているかということについて気になっていると思います。
 
 
利用者が仮想通貨取引所に口座を開設した時、取引所はどんな仕組みでビットコインを管理しているかを少し見ていきましょう。
 
 
 
すでに説明しましたが、ビットコインはブロックチェーン上に記録されています。そして取引所では「どの利用者がいくらビットコインを持っているか」を個別に管理しています。
 
 
 
したがって、「仮想通貨取引所は一人ひとりの利用者に個別のウォレットを割り当て、各利用者の所有するビットコインをそれぞれのウォレットで管理している」と理解している人が多いと思います。
 
 
しかし、運用実態は少し違います。
 
 
 
仮想通貨取引所の外から利用者「取引所に口座を持つ人」宛に送金されることを考えると、利用者ごとに個別のウォレットが用意されている事は間違いありませんが、そのウォレットはいわば送金を受けるための窓口のような役割を担っているだけなのです。
 
 
 
外部から取引所の利用者ごとに割り当てたウォレットアドレスにビットコインが送られてきたときは、「この利用者にいくらのビットコインが送られてきた」という履歴をブロックチェーン上ではなく取引所内部の独自のデータベースに記録します。
 
 
 
その上で、「利用者の窓口のウォレットアドレス」から「取引所の管理用の管理用のウォレットアドレス」にビットコインを移します。
 
 
 
「取引所の分別保管用のウォレット」には、「取引所の全利用者が所有するビットコインの合計」以上のビットコインが入っているということになります。
 
 
 
仮想通貨取引所の利用者から外部に送金する時は、「この利用者の持ち分のビットコインがいくら減った」という履歴をデータベースに記録した上で、「取引所の管理用ウォレット」から、指定の額のビットコインが外部のウォレットアドレス宛に送金されます。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

Coincheck(コインチェック)

・全13種類の仮想通貨の取り扱いがある

・アプリも充実しており初心者が見やすいチャート

・ほとんどの通貨をオフラインで管理

・テレビCMを放映

・日本円の入金がクレジットカードでも可能

・アルトコインも日本円から直接購入できる

・最大5倍のレバレッジで取引が可能

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

 

世界トップクラス仮想通貨取引所バイナンス

・取り扱いの仮想通貨が豊富
・取引手数料0.1%という圧倒的安さ
・さらにBNBトークンを使うと業界最安値の取引料0.05%
・世界でトップクラスの仮想通貨取引所
  ・24時間以内の取引量が2BTC以内であれば本人確認不要
・セキュリティがしっかりしており資産保全に最適
・日本語に対応しているためとても使いやすい



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です