仮想通貨”ウェイブス(Waves)”の仕組みとその概要について解説!

今回は仮想通貨の”ウェイブス(Waves)”の仕組みとその概要について簡単にご説明致します。

また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は《簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck》から取引を開始しましょう。
 
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨”ウェイブス(Waves)”の仕組みとその概要について解説!

ウェイブス(Waves)は、もともとネクストのコア開発者であったKushti氏やネクストコミュニティの一員であるCoinomatらによって、nxtから分裂して開発されました。ネクストと同様にコンセンサスアルゴリズムには、PoSを採用しています。

 

ネクストの資金調達への参加者は73人という少人数によって行われました。一方で、ウェイブス(Waves)のICOへの参加者は5790人にも上り、たった12時間で1.6億円の資金調達に成功しました。

 

ウェイブス(Waves)は、ネクストに比べてPoSの仕組みに関しては、承認を行う権利コインの保有者の数が増加したことから、51%攻撃を行うための口裏合わせの難易度が上ります。

 

そのため、ウェイブス(Waves)はネクストに比べてセキュリティ面での耐久性が高いと言えます。

 

ウェイブス(Waves)は分散型のプラットフォームでああり、アメリカのキックスターターのようなクラウドファンディングをはじめコミュニティ系プロジェクト、オープンソース開発、そして大手の支払いネットワークとの連携を主眼に置いています。

 

特に将来クラウドファンディングやこコミュニティ系プロジェクトの資金調達はブロックチェーン上に移行していくという考えのもとに分散型「キックスターター」を目指しています。

 

ウェイブス(Waves)の主な機能の多くはネクスト1.0と似ています。独自トークンの発行、分散型取引所、匿名送金、投票システムなどがあります。ネクストと異なる点は、USD、EUR、CNYなどの法定通貨を用いてDEX上での取引が可能であるという点です。

ウェイブス(Waves)の基本情報

  • 名称:Waves
  • 呼び方:ウェイブス
  • コード:WAVES
  • 開発者/開発組織:BioViva、Mycelium
  • 暗号化組織:Curve25519
  • コンセンサスアルゴリズム:Prooof of Stake
  • 承認目安時間:約1秒
  • 上限発行量:100万 
仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大10000円で、業界内でもトップです。
 

普通に仮想通貨の取引を今から始めたいという方も、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です