気持ちよく引き受けてもらうために必要な仕事を依頼する時のポイント5選とは

会社の新入社員であっても上司や先輩、同僚などに何か仕事を依頼することがあると思います。今回はそんな時に相手に気持ちよく仕事を引き受けてもらうために必要なポイントを5つご紹介します。
 

スポンサーリンク

 

会社の先輩・同僚に仕事を依頼する時のポイント5選とは

1.依頼する相手を検討する

その業務に適している人や得意な人を検討します。上司に相談してもいいと思います。

2.相手の都合を聞く

相手の状況を見ながら、都合を聞き、お願いしたい仕事がある旨を伝えます。

3.依頼内容を的確に伝える

内容、目的、期限などを正確に伝えます。疑問点がないかも確認することです。

4.進歩を管理する

進行管理したい旨を相手に伝えておく随時連絡を入れ状況確認します。

5.成果を受け取る

お礼を述べながら、仕事の内容確認します。もし不備があるようであれば対応してもらいましょう。
 

相手の立場に立って指示を出す

自分が指示を受けていた時のことを思い出し、相手に気持ちよく仕事をしてもらえるように配慮します。重要なのはわかりやすく的確に指示を出すことです。
 
 
5W1Hを意識しながら、できるだけ具体的に仕事の内容を伝えましょう。いい加減な指示を出してしまうと、出来上がりが予想と違うものになり、自分自身にも余計な負担がかかってしまいます。
 
 
また、「仕事だからやって当たり前」という態度も禁物です。依頼された方も気分が悪くなりますし、今後依頼を受けてもらえなくなる可能性もあります。感謝の気持ちも忘れないようにしましょう。

依頼した仕事を管理する方法とは

経過を確認する

出来るのをただ待つのではなく、依頼者側の責任として、進歩状況は常にチェックしておくことです。ただし急がすのは禁物です。
POINT

依頼した側の状況把握!

困っていたらフォローする

相手が仕事を進めている間、折を見て「わからないことがありませんか」などと声をかける、人間関係を円滑になります。 
POINT

人間関係を円滑に!

感謝の気持ちを伝える

仕事が終わったら声を込めて感謝の気持ちを伝えましょう。相手に「やってよかった」と思ってもらえれば次の機会にも依頼しやすいと思います。
POINT

相手にやって良かったと思わせること!

一言言葉を添える

依頼するときに「仕事の早いあなたにお願いします」などと、やる気の出る言葉を添えましょう。相手も気持ちよく仕事ができます。
POINT

やる気が出る言葉を!

スポンサーリンク

 

外注の業者に依頼するときはどうすればいい?

会社の人ではなく取引業者に仕事を依頼するときの納期を伝え方とは

信頼のできる業者であっても、トラブルはつきものです。ギリギリの納期を伝えると、問題が起こった場合に対応できなくなりますので、余裕を持った納期を伝えましょう。
 
 
 
作業に応じて数時間〜数日の納期を設けるようにしましょう。社内の人に依頼する場合と比べると、より具体的、正確に内容を伝えることが求められます。
 
 
 
事前にしっかりメモしておきましょう。場合によっては、上司と相談しながら進めていくことも必要です。
 
 
また、社外の業者で行われている作業の状況把握するのは、手間と時間がかかります。業者とはすぐに連絡が取れる体制をとり、定期的に進歩状況を確認しておくことが大切です。

5W1Hを正しく伝える!

5W1Hはビジネス会話の基本ルールです。これを正確に伝えられるかどうかが、相手の理解度、そして仕事の成果に大きく関わってきます。特に「When(納期)」は、しっかりと押さえるようにしましょう。
 
 
 
慣れるまでは、紙に書き出しておくなどして、下準備を整えておくとスムーズに伝えられます。

5W1Hとは

Whenいつ(納期・期限)
Whereどこで
Who誰が
Whyなぜ
Whatなにを
Howどのように



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です