子供のいない共働きの家庭は保険料を抑えて貯蓄に回すのがベスト!

今回は”子供のいない共働きの家庭は保険料を抑えて貯蓄に回した方が良い”ということを具体的な例を用いてご説明したいと思います。

EX. Eさん:会社員40歳/妻:会社員41歳

加入中の保険/夫:アカウント型保険(65歳まで)/月額保険料25,800円/妻:アカウント型保険(65歳まで)定期保険3,000万円以外全て同じ/月額保険料21,800円

スポンサーリンク

 

子供のいない共働きの家庭は保険料を抑えて貯蓄に回すのがベスト!

子供のいない共働きに高額な保障はいりません

子供のいないEさん夫婦は共働きです。2人の給料を合わせると年間1000万円にも達する勢いです。生活に余裕があるためか、そんな2人の保険はお互いを受取人にして高額な保険を掛け合っていました。なお、これから先も子供をつくる予定はありません。

 

夫婦の片方が死亡したとしても経済的に困るという可能性は低いのではないでしょうか。というのも、遺族厚生年金の要件は「年収850万円の収入を将来にわたって得られない人」です。妻はEさんが死亡したとしても遺族年金と就労収入でなんとかなりそうです。

 

妻が死亡した場合であっても夫が遺族厚生年金を受け取れるケースもありますが、基本的に60歳からの5年のみです。そんなEさん夫婦は住宅の有無にもよりますが1,000万円程度の定期保険に加入すると良いでしょう。

 

とはいえ、がん保険にだけは加入したいという希望です。自由診療を選ぶかもしれず、診断給付金を300万円と通常よりも高めに設定することにしました。Eさんは1,500万円、妻は1,000万円の定期保険にそれぞれ加入することに。

 

保険料が安くなった分26,000円は、給料日の直後に自動積立定期預金や投資信託、純金積立てなどを活用して貯蓄を行なっていくことで老後に備える予定です。

 

スポンサーリンク

 

✔︎見直しのポイント

子供のいない共働き夫婦の場合、保険の必要性は低いものですが、配偶者の死亡後でも住居費は変わりませんし生活費の効率も非常に悪くなります。1,000万円程度の保障を確保しておきましょう。

 

  • 夫:アカウント型保険(65歳まで)/月額保険料25,800円

⬇︎見直し!

  • 定期保険1,500万円/月額保険料5,000円/20年更新型
  • がん保険/診断給付金300万円/月額保険料7,800円

合計 月額保険料12,800円

 

  • 妻:アカウント型保険(65歳まで)/月額保険料21,800円

⬇︎見直し!

  • 定期保険1000万円/月額保険料2100円/20年更新型
  • がん保険/診断給付金300万円/月額保険料6700円

合計 月額保険料8800円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です