特定疾病保障保険の支給要件はシビア!?「所定の要件」とは

特定疾病保障保険は死亡保険の一種です。原因を問わず、死亡や高度障害状態になったら保険金が支払われます。ただ普通の死亡保険と違う点は、特定の疾病に対して生前に保険が支払われるという点です。特定疾病は三大疾病とも呼ばれており次の3つの病気を指します。

  1. がん(悪性新生物)
  2. 急性心筋梗塞
  3. 脳卒中

とはいえ、この3つの病気にかかったからといってすぐに保険金が支払われるというわけではありません。「所定の要件を満たした時」という少々高い支給要件があるのです。

スポンサーリンク

 

特定疾病保障保険の支給要件はシビア!?「所定の要件」とは

がんの場合は初めて悪性新生物と判断された時とわかりやすい支給要件なのですが、他の2つの場合は60日以上の労働制限や、言語障害が続かなければ対象外です。

 

例えば「脳卒中で倒れたモノのほとんど障害は残りませんでした」という喜ばしい状況では保険金の支給要件はクリアできません。「残念ながら麻痺が残ってしまいました」という状況でなければ特定疾病保障保険の保険金支給要件はクリアできないのです。

 

特定疾病保障保険は主契約として単体で加入することもできますが、定期保険特約付終身保険などの特約として加入しているケースがほとんどです。終身保険を特定疾病保障保険の代わりに活用することも可能ですし、楽天生命の「生活習慣病保険(無配当型)は、急性心筋梗塞と脳卒中の場合、一回の入院が20日になったとき特定疾病治療給付金を受け取れる仕組みです。

 

✔︎対象となる特定疾病

対象となる特定疾病 対象と対象外 支給要件
悪性新生物(がん) 上皮内がん(病変が上皮内に限定しているもの)、悪性黒色腫以外の皮膚がんを除く 被保険者が、責任開始日以降に初めて悪性新生物(がん)にかかったと医師によって診断確定された場合(がん関係の保険には90日間の待ち期間があります)
急性心筋梗塞 虚血性心疾患のうち、急性心筋梗塞のみ(狭心症などは除く) 被保険者が急性心筋梗塞を発病し、その疾病により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき(具体的には、軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする場合)
脳卒中 脳血管疾患のうち、くも膜下出血、脳内出血、脳動派の狭塞(脳血栓・脳塞栓) 被保険者が脳卒中を発病しその疾病により初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上、言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断された場合。

 

✔︎終身保険を特定疾病保険に変えることができる

マニュライフ生命の「こだわり終身保険v2」損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「一生のお守り」に保険料免除特約をセットすると特定疾病保障保険に変身します。

➡︎特定疾病で保険料が免除されると保険料を全て払ったことになり、解約返戻金が跳ね上がる。

➡︎解約して増えた解約返戻金を受け取る

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です