タバコをやめるとさらに割引に!?定期保険について

死亡保障を得るなら基本は「定期保険」を選択するというのが賢い方法です。定期保険は10年間や60歳までといった一定の期間のみを保障します。

 

スポンサーリンク

 

タバコをやめるとさらに割引に!定期保険について

リスクに応じた保険料と採用

定期保険において、定められた期間内に死亡または高度障害状態に該当しないと保険金が支払われません。掛け捨てタイプの代表格です。定期保険の解約返戻金はあったとしてもごくわずかで、最近発売されている定期保険は解約返戻金が無いタイプが多くなってきています。

 

定期保険で保障される期間には10年間などの「年満了タイプ」そして60歳までなどの「歳満了タイプ」があります。もともと保険料が割安な定期保険ですが、タバコを吸わないなど一定の基準に該当するとさらに保険料が割引になる商品もあります。

 

一部の保険会社では喫煙の有無や健康状態によって保険料を割引するというところが徐々に多くなってきました。タバコを吸わずにさらに体重や血圧が一定の範囲内に収まっている方の保険料を安く設定しています。

 

反対にタバコを吸っている方などの保険料は高くすることで、バランスを取っています。その方のリスクに応じた保険料を支払うという仕組みです。例えば、メットライフ生命の「スーパー割引定期保険」は性別や年齢によって異なりますが最大で52%割引が適用されます。

 

✔︎メットライフ生命 スーパー割引定期保険

保険金額1000万円、35歳、男性、保険期間20年の場合のクラス別保険料比較

割引率は年齢・性別・適用されるクラス(保険料率)など契約内容により異なります。

  月払い保険料
標準体スタンダードクラス 3,700円
喫煙優良体サードクラス 2,780円
非喫煙標準体セカンドクラス 2,510円
非喫煙優良体ファーストクラス 1,740円

※標準体スタンダードクラスと比較すると、非喫煙優良体ファーストクラスは52%の割引

 

非喫煙優良体であれば、標準的な方よりも保険料が半額以下になるというワケです。とはいえ、慌てて禁煙を行ったとしてもすでに遅く禁煙してから1年や2年など一定期間たたないと対象外なので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

メットライフ生命「スーパー割引定期保険」の3つのメリットと注意点

タバコをやめるとさらに割引に!?定期保険について

<メリット1>健康体なら保険料が約半額に

タバコも吸わず、現状で肥満や血圧などの健康リスクがない場合は、保険料が格段に安くなります。過去にタバコを吸っていても、2年以上前にやめていれば適応されますので、禁煙された方も、一度検討してみてください。

 

<メリット2>最長80歳まで更新可能で、健康クラスは変更されない

満了になっても、契約を更新することで最長80歳まで延長ができます。更新する人は、始めに契約した際の健康クラスの保険料で契約できますので、年齢や健康リスクによって、保険料が上がることはありません。更新のたびに契約内容を見直せますので、年齢に見合った内容で契約したいという方にはうれしいメリットです。

 

<メリット3>事故や病気問わず、保険金額は同じ

事故や災害、病気で死亡した場合、それぞれ保険金額が変わる保険もありますよね。でも、メットライフ生命のスーパー割引定期保険なら、保険金額は同額です。

 

注意点★ 喫煙者・健康にリスクのある方は他のほうが安い?

喫煙者や血圧が高いなど、健康リスクが高い方は、他の保険のほうが保険料が安くなるかもしれません。ただし、スタンダードクラスの方のみ、健康クラスによる割引が適応されないので、解約返戻金をもらうことができます。

実際にどれくらいの返戻金があるのか、他の会社の保険料とどれくらい差があるのかをしっかりと検討したほうがいいでしょう。

出典 http://mamari.jp/5350

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です