タクシーに”乗る人”と”乗らない人”、お金が貯まるのはどっちなの?

あなたはタクシーに”乗る人”と”乗らない人”、お金がたまるのはどっちだと思いますか?

スポンサーリンク

 

タクシーに”乗る人”と”乗らない人”、お金が貯まるのはどっちなの?

せっかく傘を買ったのに、どこかに合わせてきてしまった…。電車の中や店に傘を忘れてしまったという事は誰にでもあると思います。それがビニール傘であれば、それほど後悔することもないかもしれませんが、もしそれなりの値段がする高級な傘であったらもったいないですよね
 
 
そういう経験から今ではビニール傘しか買わないようにしているという人もいるかもしれません。あやしい天気の時も、わざわざ荷物を多くすることもありませんし、雨が降ればどこでもビニール傘を安く購入できます。
 
 
 
しかし、家にビニール傘が何本もあるといった事態になってはいないでしょうか。結局のところ、一本の傘を大事に使うのが理想的ではありますが、傘をなくしやすい人はビニール傘の方が無駄な出費を減らします。ひょっとしたら1本のビニール傘を大事に使うということが節約には1番良いのかもしれません。
 
 
ただ、1本の傘を大事に使うということも、すぐにビニール傘を買うということも私にはありません。
 
 
 
なぜなら、すぐにタクシーに乗ってしまうからです。「タクシー乗ったら、お金がたまらないじゃないか!」という人もいるかもしれませんがそこにはちゃんとした理由があります。
 
 

スポンサーリンク

 

一流の人は靴を見る!?

雨の日タクシーの理由は、靴を濡らしたくないからです。何よりも靴が濡れてヨレヨレになってしまうのが嫌なのです。お金持ちはみんな揃っていい靴を履いているのです。しかも手入れが行き届いています。
生徒
なるほど!!靴にまで手入れが行き届いているかどうかというのを成功者は見ているということですね。
美人ファイナンシャルプランナー
そうよ!私もある成功者の方からこんなことを言われたことがあるわ!
「たとえお金がなくても、良い靴を履きなさい。一流の人は相手の足元を見て、仕事ができるかどうかを判断しますよ。」
生徒
なるほど!!説得力ありますね!!
美人ファイナンシャルプランナー
昔から「神は細部に宿る」というわよね。足元まできちっとした身なりをしている人かどうかで、その人はどこまで「他人にどう見られるか」を気にしているかどうかが分かるのよ!
生徒
足先まで気を使ってる人は仕事もきちっとできるし、逆に気を使えない人は仕事でもスキが多い、と判断されるわけですね!
高級ブランドに買い物に行くと、店員さんがこちらの足元をチラッと見ること気付いたことないでしょうか。あれはつまり、お金を持っていそうな客かどうかを値踏みしているわけです。実はお客様の靴をチェックしている店員というのがかなりいます。
 
 
 
仕事ができる人は、相手の靴をチェックしています。この人たちから認められるためには良い靴を大事に履かなければなりません。「類は友呼ぶ」という言葉があるようにやはり同じ匂いのする者同士が集まりやすいのです。
 
 
 
自分が心豊かな精神状態でいなければ、そういう人とは出会えないし、ツキからも見放されてしまいます。だからこそ靴には人一倍気を使う必要があるのです。雨に濡れると、革靴はダメになってしまいます。せっかくの靴を買い替えないといけないくなってしまいます。だから私は雨が降ったら迷わずタクシーに乗るのです。
 
 
何も遠距離を移動するわけではありません。最寄りの駅までの初乗り程度です。ビニール傘を買うよりはやや高いですが靴を買い替えることを考えると実はお得なのです。
 
 

まとめ

仕事ができるかどうかは靴に現れます。雨が降ったらすぐタクシー乗って靴を守りましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です