収入保障保険の必要性とは!?子育て世代にピッタリ!

定期保険より更にリーズナブルに死亡保障を準備したいという方は収入保障保険を選択するべきです。収入保障保険も定期保険の仲間なのですが保険金の受け取り方法が異なります。

 

スポンサーリンク

 

収入保障保険の必要性とは!?子育て世代は必見!

収入保障保険とは?

「私は会社員、妻は専業主婦です。また、子供が2人(どちらも小学生)います。今のところ生活には問題はないのですが、私に万が一のことがあった場合に残された家族の生活を考えると不安でなりません。貯蓄があまりないため、保険料が安く済む生活保障型の保険はないでしょうか?」

 

「昨今の不況により、給料がかなり減りました。生活するので精いっぱいな状況です。妻や子供のことをなんとか頑張って稼ぐしかありません。ただ、私が亡くなったら今のままでは家庭は生活難に陥ります。万が一の場合に備えて、子供が成人するくらいまでの期間の生活を保障してくれる保険はないでしょうか?」

 

「住宅ローンを一括で返済したため、貯蓄があまりありません。これから貯蓄に励もうと思っているのですが、その間に私に万が一のことがあれば家族を養うことができなくなります。これから10~20年間くらい、私に万が一があった場合の家族の生活費を補ってくれる保険はないでしょうか?」

 

 上記のような方々にとって最適は保険として、生命保険会社が取り扱う「収入保障保険」があります。

収入保障保険では、被保険者が亡くなった場合において、遺族に対して保険適用期間終了まで毎月もしくは一時金で保険金が支給されます。掛け捨て型のタイプである場合が多く、そのため保険料は割安になっているのが特長です。

出典 lify.jp

 

スポンサーリンク

 

保険を見直す手間が省ける!

定期保険の保険金は一括で受け取れる一方で、収入保障保険は分割払いで保険金を受け取ります。**万円を契約した期間まで受け取るというカタチですね。基本的に給料のように毎月受け取るタイプが多くなってきています。

 

例えば、30歳の男性が月額15万円の収入保障保険へ25年間加入したとしましょう。加入当初の保険金額は4500万円です。翌月死亡の保障はマイナス15万円の4485万円です。このように死亡する時期が遅くなればなるほど受け取れる保険金額が少なくなります。

 

収入保障保険の必要性とは!?子育て世代にピッタリ!

出典 http://news.mynavi.jp/column/moneytechnic/052/

 

✔︎毎月15万円受け取れる収入保障保険に25年間加入した場合

  • 加入した月に死亡:15万円×12ヶ月×25年=4500万円
  • 加入した翌月に死亡:15万円×11ヶ月+15万円×12ヶ月×24年=4485万円
  • 10年後に死亡:15万円×12ヶ月×15年=2700万円
  • 22年後に死亡:15万円×12ヶ月×3年=540万円

 

早期に死亡してしまった場合は、長い期間に渡って保険金を受け取ることができますが年数の経過に伴って受け取れる期間は短くなっていきます。満期の間際に死亡した場合、多くの保険会社では1年、2年、5年など保険金を支払う期間を保証していますが、全く保証がない収入保障保険も中にはあります。

 

死亡する確率が高まる年齢になるにつれて保険金が少なくなるので、安い保険料が実現できる仕組みです。子育て世代などの死亡に備えるために理にかなった保険だといえるでしょう。

 

子供はいずれ大きくなり教育費も徐々にかからなくなってきます。定期保険であれば、保障額は同額のままなのですが、収入保障保険は自動的に少なくなっていくという仕組みなのです。定期的に見直さなくても大丈夫というメリットはかなり大きいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です