消費者金融カードローンを即日融資できない場合の3つの原因と対策法

消費者金融カードローンを即日融資できない場合の3つの原因と対策法

「即日融資可能」をうたっている消費者金融カードローン各社ですが、借り入れを申し込んでもなかなか結果連絡が来ないという場合にはどんな理由があるのでしょうか?

 

今回はその原因を対策とともに紹介していきます。

消費者金融で即日融資できない!その3つの原因と対策法とは?

⒈審査に時間がかかっている場合

スピード審査が売りのカードローンであっても審査に時間がかかってしまうことがあります。

 

申し込みの希望金額・個人信用情報の状態・勤務先・収入・年齢など審査は様々な観点から返済能力を判断し、審査の可否・利用可能枠を決めるのですが、まずこの過程で問題・疑問が少ないほど審査結果は早く出ることになります。

 

審査項目を「希望金額」・「個人信用情報」・「収入」3点に大きく分けたとします。

 

希望金額が高いほど審査に時間がかかります。個人信用情報についても同様に、過去の延滞・未納などの記録がある場合には審査が慎重にかなり時間を要します。

 

収入は言うまでもなく低いほど審査に時間を要することになります。

 

つまり単純に言えば「返済能力に疑問があるほど審査は長くなる」ということができます。

 

しかし実際は「希望金額は低いけれど収入も低い」・「個人信用情報には多少問題があるが、収入が高く希望金額も低い」など事情は複合的なのです。

 

複合的な事情の中でも申し込み時に審査を早められる可能性が唯一あるのが「希望金額」です。希望金額を必要最低限で申し込むことによって少しでも審査が早くなる可能性があります。

 

また「50万円以上の借り入れ希望または他社合計で100万円以上の借り入れ希望」となる場合には「慎重審査」と呼ばれ、その名の通り慎重に審査を行うために結果が遅くなる可能性が高くなります。

 

この審査は貸金業法でも定められているために避けることができないのです。

 

「希望金額を50万円未満」にして、かつ「他社合計の借り入れが100万円未満」になるように申し込むのが審査を早くする対策と言えます。

 

借り入れ希望額という点からは「総量規制」の問題もあります。年収の3分の1を超える借り入れを消費者金融からすることはできないので、希望金額を含めてこの額に近づいている場合にも審査は慎重になるでしょう。

 

この場合にもやはり希望金額を低めにして、そのときの必要最低限の額で申し込みをするのが審査を早めることにつながります。

 

スポンサーリンク

 

⒉申し込み内容に間違い・嘘がある場合

消費者金融カードローンを即日融資できない場合の3つの原因と対策法

例えば「他社からの借り入れ額」を入力するときに本当は10万円あるのに間違って0円としてしまった場合、または嘘を付いて0円として申し込んだとします。

 

信用情報機関を参照にしてこれが間違っている(嘘を付いている)と判断された場合、審査の遅れだけでなく審査自体に通らない可能性を高めてしまいます。

 

間違いなのか嘘なのかは金融機関にとって区別が付かないからです。

 

 

⒊審査結果の連絡を受け取っていないだけ

メールや電話の受信(着信)拒否設定をしていると審査結果連絡を受け取り逃すことになります。

 

この場合にはある程度の時間が経過したら自分から電話して審査状況を確認することで審査結果を早く知ることができます。

 

また、申し込み時にはメールアドレス・電話番号の入力間違いには気をつけてください。連絡が取れないということはそれだけ不審に思われてしまうことになるからです。

 

例えば知り合いにお金を貸したけれども連絡が付かない、という状況を想像すれば貸した方が不安になるのは当然だと分かるでしょう。

 

それは金融機関でも同じことなのです。不安にさせてしまうということは自分の返済能力に対する信用も下がるということになり審査の遅れにもつながります。

 

この点ではFAXでの申し込みでミスが最も起こりやすいと言えます。文字がブレてしまっていないか、きちんと送信されたかを確認しにくいからです。

 

そのことで信用を落としてはもったいないですし、審査の遅れも招きやすいのです。

 

FAXでの申し込みの場合、ミスがなく送信されているか電話をして確認する慎重さを持ちたいところです。その一手間で審査を早めることにもつながります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

上記したことに十分注意して消費者金融からの即日融資を受けましょう!

 

すでに消費者金融からの即日融資を受けられなかったという方は、もう一度先述した項目に当てはまらないかどうかを確認してくださいね。

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

あなたにオススメの記事

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/ginkou-syouhisya-kinyuu-card-loan-riyou-teishi/

審査基準の違いは!?消費者金融と銀行カードローンを比較!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です