Suicaをチャージするなら「1,000円」と「10,000円」どっちがおトクなの?

あなたはSuicaをチャージするなら「1,000円」と「10,000円」どちらがおトク”だと思いますか!?

スポンサーリンク

 

Suicaをチャージするなら「1,000円」と「10,000円」どっちがおトクなの?

SuicaやPASMO、ICOCAといった電子マネーは多くの方が利用していると思います。これをチャージする時、あなたはいくらにしていますか? 
 
生徒
んーいくらだろう‥そんなに気にしたこともないですね〜
1,000円? 
2,000円?
3,000円?
5,000円?
それとも 10,000円?
 
 
いったいいくらチャージするのが良いのでしょうか?ここではこのチャージ金額の問題を考察したいと思います。毎回1,000円や2,000円ずつチャージする人はなくなったからチャージする」という意識なのではないでしょうか。
 
 
 
一方で、毎回チャージするのが面倒だからといって10,000円をチャージする人も、一見効率的なようですが、あまり深くは考えていないケースが多いでしょう。「お金をコンビニでおろすか銀行でおろすか」という記事でも書きましたが、もっとも大切な事はお金を管理するということです。
 
生徒
お金を管理する‥ですか!
美人ファイナンシャルプランナー
1,000円だろうが、10000円であろうがなくなったからチャージする」という感覚では、お金は貯まらないわ!
Suicaのチャージ代を”交通費”と考えると、それほど節約できるものではありません。歩いて移動するわけにはいきませんから、交通費は節約しにくい項目です。サラリーマンの場合は定期券がありますし、仕事で電車に乗る機会が多い人もそれは経費として会社に請求できます。
 
 
 
自腹で支払う交通費は会社帰りに寄り道をしたり、休日に出かけたりする時だけかもしれません。ただ、自分が月にいくら位の交通費を使っているのかを把握しておくことが重要です。
生徒
いくら交通費を使うのか把握しておくことが大事なんですね!
美人ファイナンシャルプランナー
例えば、10,000円ほどの交通費の人であれば、毎月頭に10,000円をチャージ!3,000円で済む人であれば、3,000円チャージするというわけよ。月内にその金額を超えるようなら、なぜこんなに交通費を買ったのだろう?」と思い出しながら、管理する意識を持つことが重要なの。
 
 

スポンサーリンク

 

Suicaを(交通費+コンビニ代)と考える!

今では、色々な場所でSuicaを利用できるようになりました。ならば、Suicaのチャージ代を単純に交通費と考えずにもっと有効に活用することも可能ではないでしょうか?
 
 
例えばチャージ代を「交通費+コンビニ代」と考えるのです。コンビニでの消費は意外に多く無駄なものが多いです。だからといって、まったくなにもコンビニで買わないわけにはいかないでしょう。
 
 
 
そこで毎月の交通費が7,000円の人であれば仮にコンビニ代3,000円をプラスして給料日は月頭に10000円をチャージするのです。そして毎月その範囲内で交通費とコンビニ代を抑えるというルールを自分に課します。すべての小遣いがSuicaの支払いで済む場合は小遣いの管理を全てSuicaに任せるのもよいでしょう。
生徒
なるほど!これはかなりわかりやすいですね!
美人ファイナンシャルプランナー
1週間の小遣いが10000円ならば、毎週月曜日に10000円チャージして、その範囲内で過ごすようにするというわけ。また、クレジットカードとSuicaの機能が合わさっている物があるから、それを活用してみてもいいかもしれないわね。
その理由としては、いつ、どのくらいチャージされたかが記録されるため、資金管理がしやすいというメリットがあります。一般的なSuicaを利用すると細かな明細まではわかりませんので、追加で支払ったときは必ずレシートもらうようにして、家計簿に反映させてください。
 

まとめ

毎月使う金額分を算出してチャージし、その金額内で暮らすようにする。Suicaの役割を(交通費+コンビニ代)などと決めると、支出を上手く管理できます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です