仮想通貨”ステラ”(Stellar)の仕組みについて解説!

今回は仮想通貨の”ステラ”(Stellar)の仕組みについて解説していきますね。また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は《簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck》または大手仮想通貨取引所のビットフライヤーから取引を開始しましょう。 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨”ステラ”(Stellar)の仕組みについて解説!

実は、”ステラ”(Stellar)とリップルは他の仮想通貨とは性質が若干異なります。”ステラ”は、2014年にリリースされたグローバルな決済のための分散型台帳ネットワークです。リップルの開発メンバーであったジェド・マケーレブ(Jed McCaleb)さんが中心になって、リップルの開発ソースコードを元に開発されました。

”ステラ”(Stellar)の基本情報

  • 名称:”ステラ”(Stellar)
  • コード:XML(ルーメン)
  • 開発者/開発組織:Stellar Development Foundation
  • コンセンサスアルゴリズム:Stellar Consensus Protocol
  • 承認目安時間;即時
  • 上限発行量:初期1兆。その後、年率1%増加
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ステラは、リップルと同様にゲートウェイとなる企業や個人が発行する Credit(クレジット。リップルにおけるIOUにあたるもの)をステラネットワーク内でやり取りをすることが可能です。また、ステラの運営は非営利団体のStellar Development Foundation(ステラ・ディベロップメント・ファンデーション)により行われています。リップルのIOUについては下記記事を参考にしてください。

リリース当初は、リップルの技術をもとに実装されていたため、基本的な仕組みは同じでした。しかし、既存のリップルの取引の合意形成方式に不満を発見し、新たに独自の「ステラ・コンセンサス・プロトコル」を実装しました。

 

ステラには、ステラの分散型台帳ネットワークであるステラネットワークの利用に必要な通貨としてXLM(ルーメン)が用意されています。これもリップルと同様、初期に1000億が配布されました。しかし、リップルと異なり、発行量の大半をステラネットワークの利用ユーザーに配布しました。

 

そして初期の配布後は、毎年1%の固定比率で新規ルーメンが発行されています。リップルのUNL にあたる取引の承認者リストは「Quorum Slices」と呼ばれています。

XLM(ルーメン)とは‥

初期はSTR(Stellar)と呼ばれていましたが、2015年にXLM(ルーメン)へと改名されました。

まとめ

今回は、仮想通貨”ステラ(Stellar)の仕組みについて解説しました。

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大10000円で、業界内でもトップです。
 

普通に仮想通貨の取引を今から始めたいという方も、仮想通貨の取り扱いの種類が豊富な coincheckからどうぞ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
ビットフライヤー

また、仮想通貨取引所の大手ならビットフライヤーがオススメですのでそちらもぜひご利用ください。1つの取引所だけじゃなくて複数の取引所に資産を分散させることもリスクヘッジになります。ビットフライヤーの申し込みは下記リンクからどうぞ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です