不動産経営者必見!うちは相続税がかかるの?財産目録を作成しよう!

今回は「うちってそもそも相続税かかるの?」という方にオススメの記事です。

 

そもそもうちは相続税がかかるの?財産目録を作成しよう!

相続税の控除額よりも財産が多いか否か?

まずは、自分が果たして相続税がかかる人なのかどうかから考えてみましょう。平成27年より相続税の税制改正がされ、基礎控除が5000万円から3000万円に引き下げられました。改正前は(5000万円+法定相続人の数× 1000万円)でしたが、現在では〈3000万円+法定相続人の数× 600万円〉が控除されます。例えば、妻と子供が2いる方の場合は4800万円(3000万円+3× 600万円)以下は相続税がかかりません。

 

結論、それより財産が少ないのであれば「相続」を気にする必要がないのです。ですから不動産経営者にとって大事なのは現場の把握で、資産のトータルと身内の関係でどこまで基礎控除があるかを考えれば、相続税を気にしなくて良いと言う人は多いのです。例えば8000万円の物件を持っていても、銀行からのローンが5000万円残っていれば、差し引き3000万円の純資産となりますから基礎控除4800万円の範囲内です。

 

そういう分かりやすいケースでは楽ですが、超えそうな方の場合は財産をきちんと把握しようと思うと大変なのも事実です。

スポンサーリンク

 

「財産目録」の作成のススメ

財産の把握の方法として「財産目録」の作成があります。相続財産の”棚卸し”として不動産や預貯金、有価証券、生命保険、退職金といった資産の一覧を作るのです。そうすれば、仮に親や配偶者が亡くなったとしても、どこの生命保険に入っているのかさえ知らない‥と言う事態は避けられますよね。それに相続税の申告が必要かどうかを確認するにもスムーズです。税理士さんによると、財産目録の中でもポイントは生命保険と退職金だそうです。

 

生命保険金と退職金2つは、相続税が一定額まで控除されます。具体的には、それぞれ(500万×法定相続人の数)までは、相続税がかかりません。例えば法定相続人が3人いるとしたら、それぞれ1500万円(500万× 3人)までが非課税となります。仮に相続税が発生するとしたらこれらの生命保険金や退職金を納税の財源に充てることもできるわけです。

スポンサーリンク

 

スムーズに、ロスなく財産を受け渡すには

財産の内容の把握ができたら、それと推定される相続税を比べてみましょう。下記の例では、おおよその財産総額を100%として、推定相続税額が35%と言う設定です。次のステップは、その中で財産を細かく分類して”払わなければならない35%の税金を何で払うか”を検討することになります。自分の財産として何を残したらいいか、何を処分しても良いのか、という優先順位を決めるわけです。相続税の納付は、相続の発生(被相続人が死亡した翌日)から「10ヵ月以内」 に「現金で」でというのが原則です。

  • 全体財産の把握と財産の分類
  1. 全体財産の把握(概算財産総額(推定相続税評価額)100
  2. 推定相続税額の把握(推定相続税額35、納税後の相続財産65
  3. 財産の分類(金融資産30、不動産70
  4. 財産の細分化(現預金、有価証券、保険等、自宅、マンション、駐車場、畑)
  5. 不動産の順位付け(自宅、マンション、駐車場、畑)

しかし、不動産はとっても元気がない場合が困りものです(相続財産は不動産ばかりで現預金が少ないケースは多いのではないでしょうか)。その場合には下記の2つの選択肢があります。

  1. 不動産を売却して現金化する
  2. 不動産(土地)を物納する 

畑や別荘地、賃宅地など優先順位の低い土地、地価の急落により時価が路線価を下回っている土地であれば、物納して国に持っていってもらったほうがいいですから、2を選択し納税の財源として確保しておきましょう。一方、相続税がかかるかどうか微妙な方は、評価の引き下げや財産の移転を優先していくことです。

 

例えばアパートを建てて評価が2割引き下がることで、結果として財産の推定評価額が控除額以下に、相続税が0になるのであれば、積極的に不動産経営を考えても良いと思います。

 

しかし法人を通して不動産持っている場合は少し複雑になってきます。単純に不動産の評価ではなくて自社株の評価になってきます。細かい計算は信託銀行や税理士にお任せすればいいわけですが、経営者としては最低限、全体像をつかんで組み立てや優先順位も理解しておかなければならないのではないでしょうか。そろそろ相続のことも考えないと、、」と言う大家さんは、ぜひご自分から、財産目録を作成したり、家族に相談してみたりしましょう。

会社員Aさん
まずは(財産目録)を作成して、相続税の基礎控除額と財産のどちらが多いかをチェック。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です