人間関係をスムーズにする!ビジネスマンに必要な手土産の選び方と常識とは

今回は仕事をする上で人間関係を深める手土産の選び方ついて少し見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

 

ビジネスマンに必要な人間関係を深める上手な手土産の選び方とは

これをビジネスマナーとして覚えておいて損はないでしょう。より良い人間関係を深めるために正しい手土産の選び方を見つけましょう。まずは以下の8個のポイントを押さえておきましょう。
  1. 手土産が必要かどうか?
  2. 会社で飲食はできるか?
  3. 予算はいくらか?
  4. 相手の好みか?
  5. のし紙をつけるか
  6. 日持ちの日数は?
  7. 送り先の人数は?
  8. 冷蔵庫あるか?
渡すタイミングはどうすれば良い?

正式な挨拶の後に渡すのが基本です。紙袋から品物を出し、相手に正面を向けて差し出すと良いでしょう。

▶︎より良い信頼関係を築くためのビジネス会話の基本5項目とは

自分の気持ちを贈り物で示す!

新年の挨拶回り、御礼、お詫び、お見舞いなど、ビジネスでは手土産を持っていく機会が多々あります。自分の気持ちを形として表すことができ、人間関係もスムーズになります。
 
 
 
手土産が必要かどうかはケースバイケースなのでまずは上司に相談しましょう。予算等は会社の慣例に従います。手土産を選ぶ基準は、買ってもらって嬉しいものか、役に立つものかどうかです。
 
 
 
会社に持っていく場合は、職場で分けやすいもの、少人数の家庭ならば高級なお菓子など、送り先の状況によってふさわしいものが変わってきます。普段の会話で、それとなく相手の好みを聞いておくのも良い方法です。
 
 

スポンサーリンク

 

手土産はTPOを考えて選ぶこと!

年末年始の挨拶回り

年末の挨拶には、自社の社名入りカレンダー渡すのが定番です。年始の挨拶の場合は、「お年賀」ののし紙をつけたタオルを渡すことが多いです。もちろん、相手の好みに応じてお菓子などを渡しても問題はありません。

お詫びをする時

取引先やお客様に迷惑をかけてしまった場合、お詫びの気持ちが伝わる品物を用意します。自己判断をせず、具体的な品物や金額は上司と相談して決めるのがベストです。一般的には高級な菓子折りなどが選ばれます

契約がまとまったときのお礼

職場の人たちと分けやすく、日持ちのするものが良いでしょう。
 
個別包装の焼き菓子などが定番です。自分の会社の近くにあるお店の人気商品や、地方の名産品、手に入りにくいお菓子などは話題作りの点でもオススメです。

NGの手土産とは 

  • 訪問先の近くで買ったもの
  • 職場で配るのが面倒なもの
  • 相手のライバル会社の商品
  • 味や香りが特殊なもの
  • 4個、9個入りなど不吉な連想をさせる個数

信頼度アップのポイントとは

様々なケースの手土産
上記以外にも、下記のような点に配慮しながら手土産を選ぶと、さらに信頼度はアップします。 
  • 初めて訪問する相手に
自宅会社の近所にある名物でのお菓子などは、自己紹介のツールとして、会話の糸口にもなります。値段は1,000円程度のものであれば相手の心理的負担にもなりません。
 
  • 2回目以降に訪ねる相手に
2回目以降は、相手の状況や好みがわかっているはずなので、これらを考慮したものを選びます。手紙やカードを添えるのもオススメです。気を遣わせないように帰りの際に渡すのが良いでしょう。
 
  • 開業・開店のお祝いに
お店やオフィスで使う調度品や、お酒、お菓子といった消耗品等が喜ばれます。また開店
のお祝いに限っては目上の人に現金を包んでも失礼に当たりません。相場は10,000円が一般的です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です