ソニー銀行のカードローンは人気!?その秘訣を徹底解説!

ソニー銀行のカードローンは人気!?その秘訣を徹底解説!

数ある銀行カードローンの中でも「ソニー銀行カードローン」はメリットが多く、非常に人気が高い商品です。そのメリットを中心にデメリットも含めて特徴を紹介していきます。

 

ソニー銀行カードローンは専業主婦(主夫)・学生でも借り入れできる!?

申し込み条件の一つに「原則、安定した収入がある方」とあります。

 

この「原則」という表現は他の銀行では見られないもので、収入面でのハードルが低いことを示しているといえます。

 

特にアルバイトをしていない専業主婦(主夫)の方は申し込み資格があるのかどうか判断が付きにくいことが多いのですが、このソニー銀行のカードローンでは「ご本人に収入がなく配偶者に収入のあるかたもお申し込みいただけます。この場合、ご利用限度額の上限は50万円となります。」と公式サイトに明記されていることから、安心して申し込みできます。

 

学生の方も「ご本人に収入のある場合にお申し込みいただけます」とされています。

 

【あなたにオススメの記事】

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/ginkou-card-loan-net-kariire/

 

年利が低い!?ソニー銀行カードローンと他社を比較!

実質年利2.5%~12.8%となっており、無担保・無保証で使途自由のカードローンの中では下限・上限ともに最高水準になっています。

 

他のカードローンを見てみると、

  • 「三井住友銀行カードローン」 4%~14.5%
  • 「みずほ銀行カードローン」  3%~14%
  • 「三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)」 4%~14.6%
  • 「プロミス」 4.5%~17.8%
  • 「アイフル」 4.5%~18%
  • 「アコム」  4.7%~18%

 

と、どれを見てもこのカードローンにはかないません。

 

スポンサーリンク

 

ソニー銀行のカードローンの審査は厳しいのか!?

低金利ということは返済能力が高い人にしか貸すことはできないのが一般的です。

 

これは高金利の場合と比較すれば分かりやすいと思います。

 

高金利で貸していたものが返済されず「貸し倒れ」になっても、他の利用者の高金利でその損失を穴埋めできますが、低金利で貸していたものが「貸し倒れ」になった場合、他の利用者にも低金利で貸しているので損失の穴埋めがしにくいのです。

 

そこで、返済能力を厳しく審査するのは低金利で貸す場合にかなり重要になります。

 

しかし専業主婦(主夫)・学生でも借り入れができるという条件を明記していることは「厳しく審査する」ことと真逆になってしまいます。

 

専業主婦は自身に収入がなく・大学生は一般的にアルバイト収入なので不安定です。つまり両者とも「貸し倒れやすい属性」だといえます。

 

これを解くカギは「最大800万円」という他と比べて大きな利用限度額にあります。

 

最小額が示されていないので「利用限度額は1円~800万円」ということになりますが、「専業主婦(主夫)・学生のような方は大きな利用限度額はもらえず少額の利用限度額になる」・「返済実績がかなり積み重なっている方・属性が高い方(大企業勤務者や公務員など)には大きな利用限度額になる」と考えると説明が付きます。

 

つまり他のカードローンに比べて「属性によって利用限度額に大きな差を付けているのではないか」ということです。

 

よって「審査は厳しくないだろうけれども、属性が低い場合には他のカードローンより利用限度額が低いだろう」というのが結論です。

 

【あなたにオススメの記事】

徹底分析!地方銀行カードローンを有効活用しよう!

 

ソニー銀行口座を持っていれば最短即日に借り入れできる!?

ネットから申し込み⇒必要書類の提出⇒本審査⇒契約と進んでいけばすぐに借り入れできます。

 

ソニー銀行のキャッシュカードがそのままローンカードになるので、カード発行を待つ必要がなく借り入れまでの手間と時間を大きく省けます。

 

契約後にキャッシュカード(ローンカード兼用)を使ってATMで借り入れするか、振り込みでの借り入れをするかで即日に借り入れできます。

 

ただしあくまで「最短では」ということなので、審査が長引いたり申し込みが多く審査してもらうまでに時間がかかる場合などには翌日以降になることもあります。

 

そしてこれは「ソニー銀行口座を持っていれば」なので、持っていない方はまず口座開設手続き(カードローン申し込みと同時に申し込みできる)を済ませてからになるので、借り入れは最短でも翌営業日になります。

 

スポンサーリンク

 

借り入れのATM手数料がほとんど無料!

ATMで借り入れはイオン銀行ATM・セブン銀行ATMで何回でも無料。三井住友銀行ATM・三菱東京UFJ銀行ATM・ゆうちょ銀行ATM・E-net・ローソンATMでは月4回まで無料となっており、よほど細かく借り入れをしなければ実質無料といえるでしょう。

 

なお繰り上げ返済の場合はどのATMでも回数制限なく無料になっています。

 

【あなたにオススメの記事】

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/roukin-shinkin-card-loan/

毎月の返済は口座引き落としのみ

唯一と呼べるデメリットがこの点です。好きな返済方法が選べず、必ず口座引き落とし(口座振替)になります。

 

つまり、コンビニATMで返済をしてもそれは「繰り上げ返済(追加返済)」という扱いになって、返済日には引き落としされて二重に返済することになります。

 

【あなたにオススメの記事】

土日祝日でも可能!?カードローンの即日融資は受けられるの?

まとめ

ソニー銀行のカードローンが人気なのもうなずけますよね。上記した通り、デメリットに比べてメリットが圧倒的に多いのです。

 

このソニー銀行を活用してぜひあなたもお金を安心安全おトクに借り入れしてみてはいかがですか?

 

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

【あなたにオススメの記事】

審査基準の違いは!?消費者金融と銀行カードローンを比較!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です