節約生活で貯金しても資産を築くことは難しい!?

節約生活で貯金しても資産を築くことは難しい!?

もしたくさん貯金をして、ある程度まとまった資産を築きたいという場合、まずみなさん思いつくのが支出を切り詰める「節約生活」をおくるということではないでしょうか?

 

ところが節約生活を単純に日々過ごして貯金するだけでは、「資産」というものを築くことは難しいのです。

【関連記事※貯金したいのになかなか貯まらない!収入は今後減っていく!?

 

節約生活で貯金をコツコツしても大きく資産を築けない!?

節約というのは、誰にでもすぐできてしまい、ある程度の金額を貯金する上では良いのですが、もう一個上の大きく資産を築くとなるとそれだけではかないません。

 

簡単に誰にでも始められる節約生活だからこそ、大きく資産を築くことができないのです。

 

節約だけで大きな資産を築くことがもし簡単にできるのであれば、「老後の資金どうしよう‥」「子供の学費を貯めるのが大変‥」などと誰も思いませんよね。

 

これはもう今現在資本主義の日本に住んでしまっている以上仕方がないことで、お金は人が最低限生きていく上で、絶対に必要なものでありこれはだれも逃れられない事実なのです。

 

「人生には、お金よりも大事なことがあるよね」という方ももちろんいらっしゃいますし、その通りの部分も確かにあります。

 

また、このようなことを言う方は、お年寄りや年配の方に多い傾向があると思います。

 

このような方々は高度経済成長期という日本が最高に恵まれていた時代に現役で仕事をされていた方々ですよね。

 

それは自分達は捨てるほどお金があった時代を知っているのだからそういう発想になりますよね!ということです。

 

しかし、現代を生きている若い世代の方々はそうではありません。時代背景が圧倒的に違うのです。

 

この事実を具体化しますと、例えば、高度経済成長期に現役の世代を過ごしてきた方々は、終身雇用制度というものが徹底されていたので、よっぽどのことがない限りは、会社を解雇されるようなこともなかったですし、年功序列賃金だったので定年になるまで給料は右肩上がりし続けていたのです。

 

この高度経済成長期は給与が毎年10%も上昇するということが、現実にあった時代でした。

 

スポンサーリンク

 

では、現代社会はどうでしょうか?

 

恐らく、今就職活動をして企業に属している方々は、自分が定年まで同じ会社で働くなんて思っていないでしょう。日本経済は低成長時代に入ったため、給与が毎年右肩上がりなんてありえません。

 

これに加えて年功序列賃金を維持できる企業なんてごくわずかです。

 

これだけ時代背景に違いがあるのですから、高度経済成長期に現役で仕事をしていた方々に「お金よりも大事なことがある」などと言われても、何の説得力も持たないというわけです。

 

なので、現代社会を生き抜く上で、お金というものはとても大切なのです。

 

お金よりも大事なものがあるというのは確かにそうだと思いますが、それと同じくらいお金も大事なものであるという認識をまずするべきです!

 

だからこそ家計の管理をしっかりと行っていく必要があるのです。

 

さて、ここで話を戻して「節約生活」に関してですが、果たしてどの程度の効果があるのでしょうか?

 

景気が悪くなると、「節約術」の本が売れるようになります。収入は伸びなくなるばかりではなく、下手をすれば目減りすることさえあります。

 

限られた収入の中で、いかにして貯金をして資産を築くかというところにフォーカスした時に、多くの方は支出を削るということを考えると思います。

 

確かに、30万の給料でこれまで20万円の生活費がかかっていたところを15万円に削れば5万円分余計に貯金に回すことができます。

 

ただ、節約の悲しいところは、収入以上の経済効果を生み出せないというところにあります。

 

30万円の給料をもらっている方が、いくら一生懸命節約したとしても30万円を超える貯金はできないということです。

 

そんなの当たり前ですよね。

 

現実には30万円の給料で生活をしなければならないのですから、貯金に回せるお金というのはもっと減るということになります。

 

とはいえ、この収入の範囲で月に15万円を貯金しているという方もいらっしゃるので、それは非常に立派だと思います。

【関連記事※お金の流れを把握する!?誰にでもすぐにできる貯金方法とは?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

節約生活を送り、コツコツと貯金をするのはとても良いことだと思います。私自身も節約する部分は節約していますし、出費は少ないにこしたことはありません!

 

しかし、それだけではやはり資産を大きく築くことはできません。

 

そのためには、収入を得る先を何個か他にも確保して、お金の入り口を増やし、収入をあげるということやお金自体に働いてもらうことなども必要なのです。

 

【関連記事※まず収入を把握しよう!お金を貯めるコツとは!?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です