誰にでもすぐ実践できる節約貯金術!

誰にでもすぐ実践できる!?節約貯金術とは

やはり今やラクをして貯金する方法などはないのではないのでしょうか!?

 

この超低金利の時代に、貯金ゼロからいきなり100万円や1000万円を目標に貯金するのは難しいとしても、10万円なら節約しながら工夫次第ですぐに貯金することができると思います。

【関連記事※上手なお金の使い方をするための考え方とは!?

 

まずは、衣食住で1日1000円の貯金を目標に節約!

単純計算で、仮に3ヵ月で10万円貯金をするとしたら、1ヵ月に約33,000円、1日に1,100円というお金を貯金に回さなければなりません。

 

これについては、遊び感覚で10万円を貯金するということを意識して、衣食住についての具体的にどうやって節約しながら貯金をできるかを考えてみましょう!

 

また、断捨離も兼ねて不要品を売ったりなどのプチ稼ぎの方法も探してみると良いかもしれません。

【関連記事※貧乏生活の中で貯金をするための鉄則とは!?

 

スポンサーリンク

 

節約しながら楽しく貯金する方法とは!?

節約貯金術について具体的な例を挙げてお話しますね。

 

例えば、必要な洋服や衣類についての節約貯金術として、とりあえず3ヵ月は新しい洋服は買わないと決めて、クローゼットにあるもののみでコーディネートして、どうしても必要な衣類に関しては、ネットやリサイクルショップで探してみるというのもオススメです。

 

入園や入学などで必要なフォーマルウェアなどもリサイクルショップなどで購入したものに、レースをつけたり、リボンをつけるなどしてリメイクすることで今風によみがえります。

 

また、冬物衣料の手入れやクリーニングは自分でおこない、クリーニング代を換算して貯金に回しましょう!

 

次に、プライベートブランド商品や旬の野菜の購入、缶詰の利用などで食費を減らすことができます。

 

大手スーパーやコンビニなどのプライベート商品はかなり安く買うことができます。

 

近年では、ほとんどの商品が大手メーカーとの共同開発品なのでメーカーの品物とかわりありません。

 

また水を購入しているならとりあえず3ヵ月間、水道水を沸騰させて自然に冷まして飲料水として飲んでみましょう。日本の水道水は意外と美味しく安全です。

 

道の駅や無人販売所、またスーパーの産地直送コーナーなどの無選別の旬の野菜を購入して乾燥野菜にしたり、ぬか漬けや味噌漬け、下処理して冷凍などをしておくことで食費は大幅に浮かすことができます。

 

缶詰は価格が安定していて工夫次第で色々利用できるので、サバの水煮缶やサケの水煮缶を買っておき、何もおかずがない時に使いましょう!

【関連記事※子供の教育費の貯め方の基礎を解説!

 

 

節約しながら貯金するためのプチ稼ぎの方法!


古本、古着、骨董品、バッグ、アクセサリーなどの不要品はリサイクルショップに出したり、ネットオークションに出品して、そのお金を貯金に回しましょう!

 

不要品は、シーズン前の品物をリサイクルショップに持ち込むと、需要が多く比較的高く買い取ってもらえるようです。

 

たとえわずかな金額でも、持ち物の断捨離ができて一石二鳥です。

 

他にも、デパートの商品券や図書券などを金券ショップに持って行って売ったり、アンケートやモニター、雑誌などの投稿などでも収入を得たり、お得な携帯クーポンを外食やレジャー施設などで有効活用したりして、浮いたお金を貯金に回すなど、調べれば様々な節約貯金術があります。

【関連記事※誰でもできる!?基礎から学ぶ貯金する方法!

 

スポンサーリンク

 

ダイエットで節約しながら貯金しよう!

もし繰り返しダイエットをして、それでも痩せないのなら3ヵ月間スイーツなどの間食を絶ってみるのはどうでしょうか。

 

ダイエットのためにグッズやサプリ、置き換え食品などを購入していたのなら、それを止めて間食も止めるとかなりお金が浮くと思います。

 

健康的に痩せて、お金も貯まれば言うことなしですよね。

 

まとめ

漫然とお金を貯めるより、期間を限ってゲーム感覚で貯金をしてみましょう!

 

貯金は、節約と同時におこなうことで弾みがつきます。

 

気合を入れて節約に取り組んでみると、旬の野菜がどれだけ安く手に入り美味しいかに気づいたり、いかにクローゼットに同じような服が多く眠っていたかを知るなど、今までの無駄に気付くことができます。

 

たとえ3ヵ月に10万円貯めることができなかったとしても、貯め方のテクニックを身に付けると、次の3ヵ月にはきっと10万円を貯めることができると思います。

【関連記事※お金を貯めるにはどうすれば良い?意識することからはじめよう!

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です