子供や孫に資産を!生前贈与で相続税を抑える3つの節税術とは

今回は誰しも必ず訪れる「死」という問題を前に子供や孫にできるだけ多くの資産を贈与させるために”生前贈与で相続税を抑える方法”についてご紹介しますね。

相続税とは?

 

相続税は、相続や遺言で遺産を受け継いだ際に相続財産の金額が大きいとかかる税金のこと。 

相続税(相続にかかる税金)とは、被相続人(亡くなった方)の相続財産を相続で受け継いだ場合や、遺言によって相続財産を受け継いだ場合に、その相続財産の金額が大きいとかかる税金です。相続税は、遺産が以下の金額を超える場合に課されます。 

相続税の計算
3000万円 + 600 万円 × 法定相続人の数 = 相続税の基礎控除額

※平成27年1月1日相続税が改正されて上記のとおりになりました。

この計算で算出された金額を、相続税の基礎控除額と言います。この基礎控除額があるため、最低でも相続人が1人いたとすれば3600万円を超える遺産でなければ相続税はかからないということになります。

相続人が2人いれば4200万円、3人いれば4800万円を超える遺産でなければ相続税がかかりません。通常、不動産を持っていなければ、3600万円を超える遺産がある相続はなかなかありません。

実際に相続税がかかるほどの財産を持っているのは、亡くなった方全体の10%ほどで、実際はほとんどの人に相続税がかかりません。

そして、相続税は相続の開始を知った日の翌日から10カ月以内に申告と納付をする必要がありますが、遺産が3600万円以下であれば申告の必要もありません。

出典 http://www.tokyo-intl.com/category/1602283.html

スポンサーリンク

 

2015年から相続税が大幅に増税された!?

お金がある人にはある人なりの悩みがありますよね。その最たるものは”相続税”でしょう。しかも2015年の法改正で、相続の際の基礎控除額が2400万円以上も減額されることになりました。しかし、増税措置が取られる一方で、減税のための制度も登場しています。

 

それは「相続時精算課税の特例」「教育資金の一括贈与に係る非課税措置」。いずれも生前贈与を促すものであり、それによって実質的に相続税を抑えるものです。また、従来からある贈与の「110万円の基礎控除」でも生前贈与を無税で進められます。

相続税を抑えるための3つのテクニックとは

1.相続時精算課税の特例による非課税枠を利用する!

65歳以上の親から20歳以上の子への贈与が、2500万円まで非課税になります。ただし、次に紹介する基礎控除を利用した制度と同時に利用することはできません。

2 .110万円の基礎控除による非課税枠を利用する!

年間110万円以内あれば、贈与が原則非課税になります。これを利用して毎年110万円ずつ親から子へ生前贈与するケースが多いですが、金額や間隔が常に一定だと脱税に当たることもありますので注意です。

3.教育資金の一括贈与に係る非課税措置を利用する!

端的に言えば、孫の教育に使うのであれば、1500万円までの贈与が非課税になるというものです。ただし、贈与されたお金は教育資金口座に入金しなければならない他、「教育資金非課税申告書」を税務署に提出する必要もあります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です