ジャンル別にご紹介!”せどり”でハイリターンが期待できる商品を仕入れるポイントとは!?

引っ越しシーズンなら家電やカメラ。初版のポスター付きならアイドルファンにはたまらないなんてことも!なにが高額になるのか目利き力を高めましょう。そうすれば、ハイリターンが望める原価率の低い商品で稼ぐこともできるかもしれません。

スポンサーリンク

 

せどりで利益率を上げる中古市場に注目すべし!?

結論から言いますと、初心者は中古市場から入った方が無難と言えます。ハードオフ、セカンドストリート、ブックオフなどで低価格のものから挑戦してみると良いでしょう。

 

新品の場合は、商品知識が半端なく必要になってくるのでリスクヘッジを考えて、中古品を仕入れましょう。また、売れなかった場合のことを考慮して、自分の興味のあるジャンルから入るというのがオススメです。すなわち、自分で消費して最後には中古で引き取ってもらえる商品で、相対的な「損した感覚」というものを軽減するということです。

 

では、新品、新古品の場合はどのように対応するべきなのでしょうか。この記事では個別の例を挙げていますが、基本はオークションで上値を決めて参加する、セールものを物色する、型落ちなどの知識を駆使する、といったところでしょうか。

 

コラボ商品のように希少性が高いものも売れやすいです。商品はそれこそ無限にあるので、全てを網羅するのは不可能です。なので、ターゲットを絞り込んだ方がより効率的です。

 

絞り込みを行えば、例えばブックオフ(アマゾンなどで値付けの相場を調べている)などで仕入れる場合も、ショップより深い知識で買い付けができる可能性があるということです。

そこでここからは実際にどのような商品がハイリターンの原価率の低い商品になるのかという点について具体的に見ていきましょう。

1.ハイテク機器

カメラ・パソコンはニューモデル!ドローンやVR関連製品もアツい!

ネットオークションで仕入れ値の上限を決めて、売れ筋の商品を探す、といった基本については下記したドローンの例を参考にしていただければと思います。奥の手としては、海外通販を利用するという手段があります。

例えば、新品カメラの場合ですと専門サイトも確認されており、仕入れの助けとなってくれることでしょう。

ドローンMavic Proの場合

Amazon販売価格例:12万4800円ー《ヤフオク平均相場:10万1710円

2万3090円(差額)

ドローンは高額商品ですが、それだけに上手くやれば、一発で2万円以上の差額が期待できます。上記した価格は5月上旬、Amazonはモノレートでヤフオクはオークファンで調べたモノです。

2.電化製品

安くなる時期を見極めるのが勝利への最短ルート!

下記した6つの原則を守れば、格安で仕入れることができます。ただ、目玉商品、展示品はさておき、型落ちに関しては売れるかどうかの判断知識が必要になります。なので、まずはセール情報を集めてみましょう。

 

例えばGoogleで「家電 格安 セール」と検索してみましょう。必ず量販店のセール情報がヒットするはずです。まずはここからスタートですね。

家電仕入れの6つのポイント

  1. 型落ち製品
  2. 年末等決算セール
  3. 展示品
  4. 閉店セール
  5. 新規開店
  6. 客寄目玉商品

中古品ではなくて、新品が手に入るところが良いですよね。リアル店舗だけでなくウェブ店舗も調べると良いでしょう。ちょっとした傷物特価品など思わぬ掘り出しモノが見つかるかもしれません。

スポンサーリンク

 

3.マンガ・書籍・CD・DVD

初回限定版を欲しがるコレクター狙いで価格下落無し

CDの初回限定版は、デザインそのものが違ったりするので、マニアにはたまらない代物になっています。また、コレクター魂をそそるインディーズ系のCDも高値がつきやすいです。書籍に関しては「絶対必要だけど絶版した」「マニアックな版元の限定本」などが高値が付く対象になるでしょう。

例えばモノレートなどでもうすでに解散してしまった人気グループの初回限定版のデータを見てみると、買い逃したファンがいち早く欲しくて、中古価格が新品を上回るという現象も起きています。

4.イベント・季節商品

サマーフェスなど、人の気持ちと財布の緩む催しで好機をつかもう!

意外とこの方法は単純です。要するに、シーズンオフの期間に買い付けておいて、シーズンになると売りに出す、という時間差を利用した仕入れです。イベントの場合ですと、ネットで今後1年のトピックを検索しておき、盛り上げがると踏んだら関連商品を買い付けるという流れになります。

また、人気グループの解散が囁かれると買い付けておくというのもアリですね。買い付けておくことによるリスクは高いですが、当たればかなり大きいでしょう。

人気シーズンに夏休み前に販売

販売10,000円

シーズンオフ1月・3月に仕入れ

仕入れ3000円

差額7,000円

上記の数字は本格的ですが手頃なテントの場合の料金です。新品は一年中同じ値段ですが、中古は季節で値段に差が出るので狙い目でしょう。冬に仕入れてサマーフェス前に売りましょう。先述したモノレートで年間の価格変動を調べるのが良いでしょう。

5.コラボ商品

コレクターのコレクション魂に火をつけられれば勝ち!

この方法も意外と簡単です。コラボ商品に関する情報を集め、コラボ先の、その業界における人気ランキングを検索すればおのずと買い付けターゲットは決定します。興味があろうがなかろうが、この手順を踏めば、自動的に「売れる商品」が絞り込めます。あとは、相場の売値を頭の中に叩き込み、買い付けを行うだけです。

 

生産終了前に新品を買い付けても利益が出る場合があります。

Amazonでの値段変移を調査!

商品の人気ランキングと売買タイミングがわかる!

価格の相場を一括してみたいという人は、兼ねてから言っていますがモノレートを活用すると良いでしょう。情報量はまだまだのサイトですが、価格が上がったモノと下がったモノを分類しているので、リアルタイムの指標にはなります。一度覗いてみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です