領収書次第で税金額が変わることも!?知ってトクする経費の知識とは

今回は”領収書次第で税金額が変わることもあるよ”っていうお話を少ししますね。

スポンサーリンク

 

領収書次第で税金額が変わることも!?

まず所得税についてなのですが、所得税とは収入から支出を差し引いた所得について課される税金です。したがって、収入・支出をしっかり把握することが大切です。

 
収入が多くても支出が少なくても、所得は多く計算されます。実際よりも所得が多く計算されると言う事は、本来ならば納めなくても良い税金を余計に納付してしまうということです。だから、収入・支出の両方に対してしっかりとした管理が必要なのです。
 
 
例えばフリーランスや個人事業主で、年間収入が1000万円だとすると、支出が多いほど(課税所得)は少なくなるというわけです。仮に支出が500万円なら所得は500万円ですが、支出が510万円なら所得は490万円なり、減った分、所得税や住民税も下がるというわけです。そして領収書と言うのは支出を証明する書類です。だからこそ領収書の管理は重要になってくると言うことなのです。
生徒
その辺は理解できました。なんていうかもうちょっと込み入った話とかないですかね?
美人ファイナンシャルプランナー
そうね!でもうまい話には裏があるからね!ぶっちゃけでもいいけどその分リスクは高くなるわよ!
生徒
うーん。でもそこをなんとかお願い致します!
美人ファイナンシャルプランナー
しょうがないなぁ!まぁ、まずは基本から抑えていきましょう。安全に、税務調査が入っても一切文句を言われずに、追徴課税もされず、重加算税もないように、と言うなら誰が見ても仕事に使った領収書しか使わないことよ!
 
しかし、仕事に使ったかどうかは一概には言えませんよね。税務調査官だってわからないし、納税者だってどこからどこまでが認められの買って悩むところだと思います。
 
 
例えば個人事業主やフリーランスのライターさんの場合、このような人は、買った書籍や雑誌のどこまでが「資料」か、それこそ見分けるのが難しいですよね。文筆関係の方は大抵そうですね。
 
 
 
これについては税務調査が入って突っ込まれても良いのなら、少しでも仕事に関係がありそうな経費は全てのせてしまえば良いと思います。
生徒
おー!すごい!…でも、それって本当に大丈夫なんですか?
美人ファイナンシャルプランナー
いやもちろんありじゃないわよ!税務調査でごちゃごちゃ言われて追徴課税されても良いのならと言う但し書き付きの話よ!私が顧問税理士ならそんなことはしません。
 
少しでも仕事に関係しそうな領収書は全部経費にして、指摘されたら「そうですね、じゃあ、半分だけでも経費なりませんか…?」とか言ってみてください。税務官にもいろいろいて、やはり人間なので優しい方であればうーん、じゃあ3分の1ぐらいだけですよ」とか言われるかもしれません。
 
 
いわゆるダメ元ですね。経費にしなかったら0でも、経費にして税務署員に突っ込まれて3割認めてもらえばラッキー!」と言う人も中にはいると思います。ただあんまりこういう領収書が多いと、税務署から目をつけられて翌年もその次も税務調査が入ります。
 
 
 
申告書そのものにも、初めから疑いの目を向けられます。それにいくらダメ元といっても「誰が見ても家計だろ!」と言うものを仕事の経費にしていると、悪質とみなされて重加算税が課せられることも結構あります。先ほどは、あの様なことを言いましたがそもそも税務調査の対応って結構しんどいんですよ。
 
 
 
なお、今言っているのは「改ざんしてない」領収書やレシートの話です。例えば空の領収書に多めの金額を自分で書き込んだらこれは明らかな脱税行為で、追徴課税だけでは済まなくなりますので注意してくださいね!
 

スポンサーリンク

 

「バレなきゃいいじゃん」の精神は、重加算税につながるので注意です!

生徒
ちょっと前から聞きたかったことがあるんですけど、コンビニのレジなどに捨てられたレシートが入ってる箱ありますよね?あれこっそり拝借してきて「必要経費」にしちゃうっていうのはどうなんですかね?書店なんかにも結構置いてあるし…いやどうせダメなんでしょうけど聞いてみるだけだね…。
 
美人ファイナンシャルプランナー
…ダメ元って、そういう質問自体が「泥棒は悪いことでしょうか?」と言ってるのと同じようなものでしょう。当然脱税だし窃盗罪も重なるかもしれないわよ!
 
生徒
やっぱりだめですよね…!
 
美人ファイナンシャルプランナー
だめに決まってるわよ!そういうのが書かれている本もあるようだけれど(覆面税理士)とかが書いているのでしょう。第一、税務調査で領収証チェックされる時、特定のコンビニの同じ日付のレシートがいっぱいあったらバレバレでしょ!
 
 
自分が受け取ったレシートで、それが経費に認められなかったような時は追徴課税で済みますが、レジ横のレシートを持ってきちゃったら、もう真っ黒な脱税行為です。重加算税がかかってきます。そうなってからでは遅いですよ。
 
 
「勘弁してください」と頼んでも税務署はOKしないし、スルーした税理士も「悪徳税理士」になります。これは犯罪行為なので注意してくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です