今更人に聞けない!”領収書を経費で落とす”ってどういうことなの?

今回は今更人に聞けないお金のことである”領収書を経費で落とす”とはどういうことなのかをわかりやすく解説していきますね。

スポンサーリンク

 

今更人に聞けない!”領収書を経費で落とす”ってどういうことなの?

あなたは”領収書を経費で落とす”というのは、具体的にどのようなことなのかわかりますか?皆”経費で落ちるから”などと口にして領収書をもらいますが、なんとなくぼんやりで把握していませんか?

 

個人事業主やフリーランスの方は、普通の会社員のように会社から固定給をもらうのではなく、自分で上げた収益から費用を差し引いてこれらを各自で申し出るというシステムになっているのです。これが確定申告です。売り上げ収入から費用を差し引いたものが「所得」で、税金はこの所得に応じてかかります。

 

所得税だけではなくて、住民税等もこの「所得」が基本となります。ということは、収入よりもその費用が多いと、当然「所得」はマイナスになり所得税はかからなくなります。それに加えて、住民税も数千円程度で済みます。

生徒
ということは、いろんなものを経費として計上すれば課税所得も減って、払わなきゃいけない税金も減るというわけだね!
美人ファイナンシャルプランナー
なんでも無条件に経費に計上できるということではないんだけれど、簡単に言うと、そういうことね。

個人事業主やフリーランスの方々と違って、会社員の方々は”給与所得者”に分類されて、会社の「年末調整」という手続きにより、1年間の所得が計算されて税金が清算されるのです。

 

逆に言えば、個人事業主やフリーランスの方々は、誰かに雇われているワケではないので、各自が収入と費用を集計して確定申告を行うことで1年間の所得税を計算するということです。の収入から差し引く費用のことを「必要経費」と呼んでいて、必要経費にすることを”経費で落とす”というのです。

美人ファイナンシャルプランナー
まあ税金は減るに越したことないよね!
生徒
まあそうなりますよね!これはまた一つ勉強になりました。”経費で落とす”ってそういうことを言うんですね!
美人ファイナンシャルプランナー
そう!でも気をつけて欲しいのが、節税と脱税は違うってこと!
生徒
もちろん、それはわかっていますよ!正しい節税をすることが大事ですね♫
美人ファイナンシャルプランナー
本当かなあ‥!まあとにかく個人事業主やフリーランスの人にとって領収書はお金と同じくらい大事なものってことだね!これは会社(法人)も同じだけれど。

スポンサーリンク

 

つまり、税金を計上する上では費用(必要経費)の集計が重要なポイントになるということです。収入はしっかり把握していても出ていく費用については結構適当な方もチラホラいらっしゃいます。費用は、収入を得るために直接・間接的にかかったものです。せっかく必要経費として支出しておきながら、集計を漏らすと利益は実際よりも多くなり、負担しなくても良い税金を余計に払ってしまうなんてこともあり得るのです。

 

なのでもらった領収書をしっかりと管理しておくということが非常に大事になってくるということです。領収書がないと何のために使ったお金なのかわからないので、税務署は必要経費として認めてくれないこともあります。

生徒
なるほど!!だからさっき”領収書はお金と同じくらい大事なもの”と言ったんですね。ん、てことは、例えばファミレスとかで食事をした時も領収書を貰えば良いんですね!
美人ファイナンシャルプランナー
残念でしたー!そんなに税務署は甘くないのよ。それにさっきから「必要経費」と言ってるでしょ!つまり「収益を上げるために必要な経費」じゃないといけないっていうわけ。遊ぶための領収書はいくら領収書があっても経費には計上できないのよ!

要するに、確かに「すべての領収書は経費で落ちる」のですが、「仕事で収益を上げるために必要なお金」ということが前提条件としてあるのです。しかもそれを証明しなければなりません。この際の証明責任は常に納税者側にあります。

 

だから例えば、ファミレスで仕事先の方と一緒に食事をして領収書をもらったとしても、もし税務調査で「この食事代は、誰とですか。仕事関係の方ですか?」と突っ込まれて、多少同様したりすると経費として認められない可能性もあります。

美人ファイナンシャルプランナー
このようなこともあるから、領収書を経費として落としたいのであれば「仕事関係のもの」とキチンと説明できるようにしておいた方が良いわよ。言い換えればその説明さえしっかりできれば”領収書は経費で落ちる”と考えて良いのよ。

運営会社

株式会社  Days-Works
株式会社  Days-Works
このサイトでは、日々の生活や将来に不安がある方々のために、様々な知って得するお金の知識をご提供しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です