ココが大事!海外旅行保険の安心な掛け方とは?

今回は”海外旅行保険の安心な掛け方”について少し見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ココが大事!海外旅行保険の安心な掛け方とは?

まず海外旅行保険とは

海外旅行保険とは、渡航先での病気やケガの治療費、他人にケガを負わせたり、他人の物品を壊した場合の賠償責任、カメラや衣類などの携行品の破損・盗難などを補償する保険です。
また、飛行機の遅延・欠航により負担した宿泊費や食事代、飛行機に預けた荷物が行方不明になった場合の身の回り品の購入費、旅行で留守中に家族が事故で危篤になるなど、急いで帰国しなければならない時の費用などを補償するプランもあります。予想ができない問題が発生する恐れがある海外旅行を安心して楽しむためにも、海外旅行保険へ加入されることをおすすめします。

出典 https://www.hokende.com/damage-insurance/overseas_travel

海外で盲腸により660万円請求された事例とは

ココが大事!海外旅行保険の安心な掛け方とは?

国内旅行へ出かけるときは旅行保険へ加入する方はあまり多くないとは思いますが、海外旅行に出かけるときは必ず「海外旅行保険」に加入しましょう。海外旅行では習慣の違いや時差があったり、水や食べ物の違いから調子を崩す可能性が高くなります。

 

日本では健康保険のおかげで、それほど医療費の心配をせずに病院へ行くことができますが、アメリカなどのように医療費の高い国で長期入院となったら大変ですよね。お金がなければ病院へ行くこともできません。

 

例えばバリで日本人が具合が悪くなると”アメリカン・ポスピタル”へ運ばれることが多くなります。この病院には日本人医師、看護師、通訳などがいて言葉の問題がないからです。しかし、アメリカの病院ですから、想像を絶するほど高い医療費が請求されます。盲腸で手術をした場合、数百万円の請求は当たり前で55,000ドル請求された事例もあります。

 

55,000ドルとは1ドル120円だと660万円です。円安が進むとさらに高騰します。もっと重い病気だったり入院が長期にわたったら?とても怖くて考えられません。よくファイナンシャルプランナーの裏ワザで「クレジットカード付帯の海外旅行保険があるからわざわざ保険料を支払って海外旅行保険へ加入する必要はない」という記事も目にしますが、足りなかったらどうするのでしょう?

 

保険料を節約するのは良いことなのですが、補償額まで節約してはいけないということです。

スポンサーリンク

 

盗難被害は多発している!?

さて、観光が終わってお風呂に入ろうとしたとします。お湯がいっぱいになるまでベッドに横になっていたら眠ってしまい、自分の部屋はおろか階下まで水浸しにしてしまうケースもよくあります。もちろん、ホテルからは損害賠償を請求されますが、前回記事の個人賠償責任保険は国内の事故のみだけです。やはり海外旅行保険は必要なのです。

 

また、事故で親族が日本から迎えに来る必要があるかもしれません。滅多に起こらないと思うかもしれませんが、盗難や病気はしょっちゅう起こり得ます。なぜこれほど強く断言できるのかというと、バリにある旅行会社のツアーデスクで7年働いていた友人から聞いたからです。外国では盗難に遭うことも多いものです。携行品損害もとても役に立つでしょう。

携行品損害とは被保険者の居住の用に供される建物(物置、車庫その他の付属建物を含みます。)外において、被保険者が携行している被保険者所有の身の回り品について、偶然な事故により損害が生じた場合に補償するものです。

出典 http://faq.sjnk.jp/sumai/faq_detail.html?id=80233

もしパスポートを盗まれたらツアーを離脱する可能性も当然出てきます。もちろん、ツアーを追いかける費用は個人持ちになります。

海外旅行保険の補償の種類とは

損害死亡 3,000万円 2,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 90万円〜3,000万円 60万円〜2,000万円 30万円〜1,000万円
疾病死亡 1,000万円 500万円 500万円
治療・救援費用 無制限 無制限 無制限
緊急歯科治療費用 10万円 10万円 10万円
個人賠償責任 1億円 1億円 1億円
携行品 30万円 30万円 30万円
旅行事故緊急費用 5万円 5万円 5万円
保険料 8日間 8,820円 8,080円  7,580円



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です