基礎から解説!そもそも労災とは何のためにあるの?

基礎から解説!そもそも労災とは何のためにあるの?

労災とは労働災害の略で、仕事中の事故やケガや仕事が原因で招いた事故やケガのことを指します。

 

この事故やケガのためにある保険が通常「労災」と呼ばれる「労災保険」です。

 

労働基準法によってもこの責任が明確に規定されています。

 

スポンサーリンク

 

そもそも労災とは?

労災とは、以下のように定義づけられています。

労働者災害補償保険法に基づく制度であり、業務上災害または、通勤災害により、労働者が負傷した際に、疾病にかかった場合、障害が残った場合、死亡した場合について被災労働者またはその遺族に対し所定の給付を行う。

 

要するに冒頭でもご説明致しましたが、仕事中の災害により、労働者の身体的に被った損害を補償してくれるというのが、この「労災」とよばれる「労災保険」です!

 

しかし、労災事故が起きるたびに、使用者と労働者が延々と裁判で争っていたのでは、なかなか補償が実行されない困ったことになります。

 

そこで、国が設立した労災保険に、すべての労働者を強制的に加入させることにより、労働災害が起きた際は、労災から迅速に補償がされるしくみになっています。

 

会社としてもあらかじめ労災に加入しておけば、労災事故が起きたときであっても、自社の責任を追及されずに労災から給付がおこなわれるため、労働者に多額の補償をせずに済むメリットがあるわけです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

労災保険の給付の対象となるのは、労働者の業務上における負傷、病気、障害、または、死亡です。

 

これらの災害が起きた際に、本人またはその遺族に給付がおこなわれるわけです。

【関連記事※労災認定される3つのケースとは!?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です