どうすれば良い!?労災認定を勝ち取る方法とは?

どうすれば良い!?労災認定を勝ち取る方法とは?

労災保険が他の社会保険と比べて著しく活用される機会が少ない理由のひとつとして、「わざわざ面倒な手続きを行ってまでも果たして労災認定されるかどうかがわからない」という不確実性が常にあるからだと思います。

【関連記事※どうすればいいの!?会社が労災申請してくれない場合は?

 

労災認定の可能性が高いなら、労災優先!

そのために、労災認定の申請を出すより、健保で治療した方が手っ取り早いと考える方が多いのが現実です。

 

しかし、業務災害や通勤災害については、健康保険はそもそも使えないというのが原則にあります。

 

健康保険は本来、「業務外の傷病」しか給付の対象にはならないと規定されているためです。(国保であれば、その様な規定はないため、業務上の傷病であっても保険が適用されます)

 

業務上の怪我や病気なのに、健康保険を使って治療すると、後で労災申請をしようとしても、時間が経過しているために労災認定が難しくなるかもしれません。

 

また、一度健康保険を使って治療した後に労災に切り替えるときは、健保で負担してもらった医療費の7割を一旦実費で全額返還した上で、労災認定後に、それまでかかった医療費の全額を労災保険から支給してもらう手続きをしなければならない場合もあります。(労災指定病院なら、申請だけで立替えなくて済む場合もあります)

 

したがって、業務上の怪我や仕事が原因の可能性が高い病気であれば、最初から労災保険を使って治療するのが賢明と言えるのです。

【関連記事※え!労災保険料って払わなくても良いの!?

 

スポンサーリンク

 

業務起因性で労災認定されるか判断する!

具体的な方法としては、会社に申請してもらう前でも労災指定医療機関にいって「労災で治療します」と言えばいいだけです。

 

労災は個人単位の保険証はありませんので、特に証明書を提出する必要はありません。

 

難しいのは、うつ病などで長期の休暇を余儀なくされた場合でしょう。

 

勤務先の会社は、簡単には自社の労務管理に不備があったということを認める申請に協力してくれない場合も考えられます。

 

健保の傷病手当金は、労務不能であることを主治医が証明さえしてくれれば、比較的簡単な手続きで給付を受けることができますが、労災保険の休業補償給付になってしまうと、業務起因性がないと認めてはくれないため、さんざん審査に時間がかかった挙句却下されることも十分にありえます。

【関連記事※労災が財源の認定申請でお得!?会社が倒産した際の給付とは?

 

 

労災認定されるために専門家の助けを借りよう!

上記のような場合は、一人で悩まずに、労災保険に詳しい社会保険労務士や弁護士に相談して、場合によっては申請のサポートをうけるというのが賢明でしょう!

 

多少の費用がかかっても、すんなりと認定されることで、治療が長期化した際に労災から受けられる手厚い給付を考えれば、サポートを受ける費用をかけても十分にもとは取れるはずです。

【関連記事※労災の休業補償でどんな給付が受けられるの!?

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

社会保険の中でも、最も幅広い層の方をカバーし、保険料負担無しで平等かつ公平に給付を行うのがこの労災保険なのです。

 

こんな保険こそ積極的に活用しないと、まさに「宝の持ち腐れ」と言えるかもしれませんね!

【関連記事※労災認定される3つのケースとは!?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です