このくらいあれば安心!最低限欲しい老後資金はいくら!?

前回記事で、1500万円の老後資金があれば、現状のご老人たちは統計上賄えると軽くご説明しましたが、私たちの老後資金は果たしてその金額で本当に足りるでしょうか?

現代社会は、超高齢化社会です。どう考えても年金の受給額は下がりますし、今のご老人たちよりも明らかに長生きしてしまうので、私たちの老後資金は今の金額よりはるかにかかります。では、現実問題として最低限必要な老後資金はいくらなのでしょうか?

 

考えてみよう!私たちに最低限必要な老後資金はいくら?

これについては、非常に人によっての差が激しく、「3000万円あれば足りるでしょ!」という方もいらっしゃれば、「1億くらいは欲しい!」という方もいらっしゃいます。結局、自分自身がどのような老後の生活を送りたいかによって、準備すべき金額は全然変わってきます。

私たちの老後資金は、生きていて良かったと思えるのに、果たして3000万円で足りるでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

老後資金はいくら?シミュレーションしてみよう!

夫が65歳で定年を迎えて、仮に80歳まで生きたとしましょう。そして女性は長生きなので、95歳まで生きたとして、65歳から95歳までは30年間あります。

 

3000万円を30年間で単純に割ると、1年あたりに取り崩すお金は100万円なので、月割にすると8万3333円です。

 

これを公的年金に上乗せして生活費とするわけです。仮に前記事【老後の生活資金と今の現実を見つめ直そう!】の例で、夫が厚生年金+国民年金、妻が国民年金で合計月額20万円だった場合、貯蓄の取り崩しの分も含めて考えると、1ヶ月に使える金額は28万3333円になります。

 

さて、現役で働いている現在の生活水準に照らし合わせて、28万3333円は高いか低いかということなのですが、おそらく大半の方は「たったこれだけ?」と思うのではないでしょうか。それに加えて、3000万円をまるまる全額生活費の取り崩しに使えれば良いとおもうのですが、実際には定年を迎えるとそれまで住んでいた家が古くなるので、確実にリフォームなどの雑費がかかってきます。

 

さらに言えば、上記のパターンは、夫婦が障害健康に暮らしてそのまま自宅で息をひきとるという実に幸せなパターンを想定しています。

 

しかし、実際にはそう上手くはいかないものですよね。夫が脳梗塞で入院して、そのまま認知症が進み、施設に移らざるを得なくなったとしたらこれだけで諸経費がもろもろかかってきます。それも夫のみならず、妻の方も同じくこのケースで施設に入らざるを得なくなるかもしれません。

 

そうなった時のためにもしっかりと備えておく必要がありますよね。さらに中には、夫婦2人共健康状態であったとしても、自分たちの体力が弱まった時のことを考えて、早めに有料老人ホームに入居したいという方もいらっしゃるでしょう。

 

有料老人ホームも、今では、ホテル並みの設備が整ったところもありますが、そういったところは当然のことですが、入居するのに多額のお金がかかります。しかも入居費だけでなく月額の生活費も必要になってきます。

 

そう考えていくと、夫婦で3000万円のお金では、とても老後の生活資金は確保できないということになります。

 

スポンサーリンク

 

老後資金についてアンケートで調査!

10代〜60代のこれから定年・退職後の生活を迎える男女4000人に対して行ったあるアンケート結果なのですが、

「定年退職後に老後資金はいくら必要だと思いますか?」

という質問に対して、男性は平均5210万円、女性は平均4330万円という結果が出ました。そして、全員の平均は4978万円になりました。これは実はなかなかいい数字だと思います。私が計算したところ、定年を迎えるまでに最低でも5000万円は作っておいた方が良いでしょう。

 

それも1人あたりです。つまり夫婦で1億円が必要になるという計算です。

 

1億円と聞くとかなりの金額に思えるでしょうが、それなりに現役時代の生活レベルを落とすことなく老後の年金に貯蓄を取り崩して、生活しようと思ったら、それくらいのお金は最低限必要になってきます!

 

しかも、貯蓄の取り崩しは生活費に限りません。先述したように、おそらく最も大きい出費は自分自身が施設に入居する資金でしょう。

 

老後一番の出費は施設入居費!?

例えば、介護付き有料老人ホームになると、入居費だけで1000万円前後かかるケースが一般的で、その他に月額費用がかかります。月額費用には、管理費や食費が含まれていますが、それでも月額17万円程度はかかってきます。

 

特別養護老人ホームであれば、入居費がかからず月額費用も5万〜13万円程度で済むのですが、待機者が多く、すんなり入居できるとは限りません。

 

特別養護老人ホームは地方自治体や社会福祉法人による運営になり、場合によっては、有料老人ホームのように、マンションあるいは、ホテルのような豪華な施設は期待できません。

まとめ

自分が死ぬまでにある程度のレベルの暮らしをしたいと思ったら、やはり1人最低5000万円くらいの老後資金が必要になってくるかと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です