仮想通貨リップルコイン(Ripple coin)とは!?その仕組みを解説します。

今回は仮想通貨である”リップルコイン(Ripple coin)の仕組みとは”どのようになっているのかということを少し見ていきましょう。

また、仮想通貨の取引をこれからはじめたいという方は下記取引所にまずは登録をしましょう。

仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがある。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

スマホアプリでいつでも取引可能で、Bitbank.ccと同じシステムを採用しています。コールドストレージ強固なセキュリティ。

24時間以内の取引が2BTC以内であれば、本人確認不要。取り扱い銘柄が豊富で、手数料も0.1%という圧倒的な安さ。

仮想通貨リップルコイン(Ripple coin)とは!?その仕組みを解説します。

リップルコイン(Ripple coin)は、2012年に公開された国際決済のための分散型台帳ネットワークです。他の仮想通貨では明確な運営元が存在しないという場合が見られますが、リップルコイン(Ripple coin)の開発と運営はアメリカのシリコンバレーのRipple Labs,Inc.(リップルラボ株式会社)が行っています。

 

もとは「Open Coin inc.」でしたが、2013年9月に「Ripple Labs, Inc.」に社名を変更しました。メインの開発者はジェド・マケーレブ(Jed McCaleb)というベテランエンジニアで、当時は世界でも最大級のビットコイン取引所であったMt.Goxのシステム開発を担当した人物でもあります。

 

コインとしてリップルコイン(Ripple coin)は、ビットコインのような通貨としての価値を分散的に実現するという貨幣的な側面とは別の目的を持ちます。このリップルコインは、その分散型台帳システム利用料としての目的を持っています。リップルネットワークとは、誰でも使用できるグローバルな価値移動の合意形成をとるネットワークです。

 

このネットワークは、それを利用するユーザーと、資産価値を保有・管理するゲートウェイによって構成されます。リップルネットワークには、ゲートウェイを担当する企業を通じてIOU(I owe you:借用証明書)が発行されます。このIOUの価値は、ゲートウェイを担当する企業が価値の信用を担保することで設定される中央集権的な資産情報です。

ゲートウェイとは‥異なるネットワーク同士を接続するネットワーク機器の事です。 単語本来の「玄関」という意味の通り、他のネットワークと通信する際に必ず通らなければいけない「接続ポイント」であると言えます。 ゲートウェイはプロトコル(通信のルール・規格)を変換し、異なるプロトコルを用いたネットワークを繋げる役割があります。

出典 http://www.arearesearch.co.jp/learn/dns/25.html

 

例えば、このIOU情報をP2Pでやり取りできるプラットフォームであるリップルネットワークに乗せて価値の移動を行います。このIOUを送る際に手数料としてリップル(XRP)が消費されます。この消費されたXRPは誰かの手に報酬として渡るのではなく消費、つまり破棄されます。

 

XRPはリップルの開始時に1000億が発行されてそれ以上は発行されません。また、現在はその大半をリップル社が保有しています。また、ゲートウェイとなった企業は独自のIOUを任意で発行することができます。IOUの価値はリップルネットワークによって保証されるというものではなく、ゲートウェイの企業によって保証されるものである点が他の仮想通貨と異なります。

 

リップルを得るには対応する取引所で購入する方法や、誰かから送金してもらう方法の他にワールド・コミュニティ・グリッド(World Community Gird)と言われる研究開発プロジェクトに貢献することで得ることができます。

生徒
ワールド・コミュニティ・グリッドってなんですか!?

仮想通貨博士
ワールド・コミュニティ・グリッドについてじゃな!下に詳しく説明しておいたので、しっかりとチェックするのじゃ!

ワールド・コミュニティ・グリッド(World Community Gird)とは‥グリッド・コンピューティング(複数のコンピュータをネットワークで結んだ仮想的な高性能コンピュータから、必要な処理能力や記憶容量を取り出して使うシステム)を構築する世界最大規模の非営利活動プロジェクト、およびそのグリッド・コンピューティングを指します。

 

コンピュータの余剰能力を用いて計算し、結果を送信することで、未だ知られていない未知のウィルスや病原体への対応、新薬の開発(バーチャルスクリーニング)に繋げるなど、人類の脅威とされる課題の克服に貢献するプロジェクトです。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

 

リップルネットワークの仕組みとは

「みずほフィナンシャルグループ」「SBIホールディングス」がリップルネットワークで国際送金の実証実験を行うなど、日本の金融機関も国際的な送金方法の新たな取り組みとして注目しています。リップルネットワークで利用されるゲートウェイは、リップルネットワーク内において銀行に近い役割を果たす個人または法人です。

 

ゲートウェイは、ユーザーから資産(ビットコイン、円、ドルなど)を預かると、それに対応するIOUを発行します。このIOUをゲートウェイで変換することで、そのIOUに対応した資金を受け取ることができます。

 

リップルネットワークの仕組みについて、具体例で見てみましょう。ここではわかりやすいよう登場人物はリップルコインを利用するユーザーであるAさんとBさんの2人です。そしてゲートウェイを運営する企業であるゲートウェイXとゲートウェイYがあると仮定します。

 

さてここで、AさんはこれからBさんに100万円を送金するとしましょう。まずAさんは円とIOUの交換を取り扱っているゲートウェイXに100万円を預け入れることで、代わりに100万円分のIOUを受け取ります。AさんはこのIOUをリップルネットワークを通してBさんに送信します。その際に、ネットワーク利用手数料として少額のXRP(0.00001XRP。日本円にして1円未満)を支払います。

 

IOUを受け取ったBさんは円とIOUの交換を取り扱っていけるゲートウェイYでIOUを円に変換して、100万円を受け取ります。このようにして、AさんからBさんへの送金が完了します。もしBさんが円以外の通貨で受け取りたい場合は、100万円分のIOUを他のIOUと交換することで実現できます。

 

リップルには取引所の機能が備わっていて、リップルネットワーク内のIOUの通貨ペア同士で取引が可能です。取引が成立した際にも少額のXRPを支払う必要があります。

 

これが仮に従来のように銀行を使って国際送金を行うケースでは、利用する銀行にもよりますが、送金手数料が10%、さらに両替手数料が10%、さらに両替手数料がかかります。つまりリップルを利用した送金をすることができれば、手数料は大きく削減することができます。これによって、人々は格安で距離や国境を越えた送金ができるようになります。

 

現在年間の国際送金の金額は、約1500兆円にも及ぶと言われていて、これにかかる送金手数料と両替手数料はなんと60兆円と言われています。また、XRPはリップルネットワークの利用手数料として消費される他、ブリッジ通貨としての役割もあります。流通量の少ないマイナーなIOU同士でも間にXRPを挟むことによって取引を成立させることができます。

リップルコイン(Ripple coin)の基本情報

  • 名称:リップルコイン(Ripple coin)
  • コード:XRP
  • 開発者/開発組織:Ripple Labs, Inc. (旧Open coin inc)
  • コンセンサスアルゴリズム:Ripple Consensus Algorithm
  • 承認目安時間:即時
  • 上限発行量:1000億

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

 

PoWに代わるコンセンサス方式「プルーフ・オブ・コンセンサス」とは!?

リップルコイン(Ripple coin)では、ビットコインを同様にユーザーが持っているIOUを台帳に記録して分散的に管理しています。その台帳は「ブロックチェーン」ではなくて、より広義の意味を持つ「分散型台帳(distributed ledger)」と呼ばれています。

 

この分散型台帳の整合性の担保は、仮想通貨ネットワークで行われるPoWを担うコンピューターの膨大な計算によるものではなく、一部の承認者(Validator)と呼ばれる役割を担う人により承認が行われます。承認者のリストをユニーク・ノード・リスト(UNL)と呼んで、このUNLの80%以上が有効と判定した場合、UNLの承認者たちによって管理されている分散型台帳に記録されるという仕組みになっています。

 

この仕組みはPoWに対して、プルーフ・オブ・コンセンサス(Proof of Consensus, PoC)と呼ばれています。PoCによる承認作業では、PoWによるマイニング作業のように電気を消費する必要がなく、数秒以内に承認が完了するため、非常に高速な取引が可能となっています。

 

またUNL内の各承認者は、お互いをリップルネットワークの承認者として許可し合うことでネットワークを形成していて、許可されなかった承認者はネットワークから除外されることになります。現在、UNLの管理はリップル社が行っており、その中にリストされている承認者のほとんどは同社が管理しているサーバーで構成されています。

 

そのために、リップルネットワークの取引の承認は実質的にリップル社が行っていることに等しく、中央集権的なネットワークと捉えるかもしれません。リップル社が公開している計画によると、今後段階的にリップル社で管理しているサーバーを停止していき、他のノードを承認者として加えていくことによって非中央集権的なネットワークにしていくとのことです。

 

リップル(Ripple)は、この仕組みを世界中の銀行や金融機関に導入してもらうために積極的な活動を行っているのです。こういったリップルを利用している銀行が将来的には承認者となり、ネットワークを支えていくということもあり得るでしょう。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

ゲートウェイによる中央集権的なリスクとは

リップルネットワーク内のユーザーのXRP及びIOUの残高は分散型台帳によって管理されていて、カウンターパーティリスクはありません。しかし、このIOUの発行元であるゲートウェイは、先述した通り、銀行のような役割を担ってるので、本質的には倒産やハッキングといったカウンターパーティリスクを内包しているのです。

 

つまり、100万円を預けて100万円分のIOUが発行されたものの、IOUを送還し100万円を再度受け取る前に倒産してしまったり、資産が何らかの組織内外のハッキングによってなくなってしまうという可能性があります。(これをカウンターパーティリスクと言う)そのためゲートウェイを利用する際には、その都度利用するゲートウェイがどの程度信用できるのかということが非常に重要になるというわけです。

 

また、ゲートウェイの中には独自の通貨の代価価値としてIOUを発行しているというケースもあります。この価値はリップルネットワーク上で分散型台帳に記録されるため、価値の所在や残高の改ざんなどの恐れは担保されるのです。

 

しかしIOUの価値はゲートウェイを運営する企業や個人に委ねられているので、もし悪意のあるゲートウェイならば、円やドルを受け取り、独自通貨のIOUを発行するだけだけですし、そのIOUを返還しても元の円やドルなどに交換してくれないという可能性もあり得るのです。

まとめ

今回はリップルコイン(Ripple coin)の仕組みについて少し難しいくらいに詳しく解説しました。

仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがある。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

スマホアプリでいつでも取引可能で、Bitbank.ccと同じシステムを採用しています。コールドストレージ強固なセキュリティ。

24時間以内の取引が2BTC以内であれば、本人確認不要。取り扱い銘柄が豊富で、手数料も0.1%という圧倒的な安さ。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

世界トップクラス仮想通貨取引所バイナンス

・取り扱いの仮想通貨が豊富
・取引手数料0.1%という圧倒的安さ
・さらにBNBトークンを使うと業界最安値の取引料0.05%
・世界でトップクラスの仮想通貨取引所
  ・24時間以内の取引量が2BTC以内であれば本人確認不要
・セキュリティがしっかりしており資産保全に最適
・日本語に対応しているためとても使いやすい

Coincheck(コインチェック)

・全13種類の仮想通貨の取り扱いがある

・アプリも充実しており初心者が見やすいチャート

・ほとんどの通貨をオフラインで管理

・テレビCMを放映

・日本円の入金がクレジットカードでも可能

・アルトコインも日本円から直接購入できる

・最大5倍のレバレッジで取引が可能

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です