甘く見てると痛い目見る!?「リボ払い」とは?

甘く見てると痛い目見る!?「リボ払い」とは?

あなたはリボ払いを過剰に使いすぎていませんか?リボ払いとは甘く見てると大変な不幸を招くかもしれないのです。

 

そもそもリボ払いとは、毎月に前もって指定しておいた一定の決まった金額を返済するという支払い方法になります。

 

分割払いが買い物それぞれで個別に金額を設定するのに対して、リボ払いでは買い物それぞれに対してではなくて、残高全体に対して毎月決まった金額を返済していくというものです。

 

使いすぎると怖い!リボ払いのデメリットとは!?

まず、なぜリボ払いが使いすぎてはならないのか、そのデメリットの部分を少し説明しますね。

 

  1. 買い物をした際にリボ払いにして借金をしているんだけれども、毎月決まった金額しか返済しないので、そもそも借金をしているという感覚がなくなりやすい。
  2. もちろん借金が増えれば増えるほど、返す期間が遅くなってしまうので、その分の利息がどんどん増えていく。
  3. 返済の金額が大きくなりすぎると、利息の正確な金額がわからなくなる。

 

このような点がリボ払いのデメリットとして挙げられます。

 

本当に借金の金額が膨らんでいくと、利息の部分ばかり払い続けて、そもそも借金している元本の部分が減らないなんていうパターンに陥ることもあります。

 

あなたはリボ払いの手数料がいくらかをご存知ですか?

 

なんと年利にして15%前後です。毎月のリボ払いが10~15万円程度だとすると、1万5000円〜2万円はリボ払い手数料だということになります。

 

年間の負担額にすると、20万円前後の手数料を支払っているという計算になるのです。

 

これはなかなか大変な金額ですよね。このリボ払い地獄から抜け出すには、まずリボ払いの元金を最優先で全額返済することです。

【関連記事※ポイント還元率UP!?クレジットカードから電子マネーへチャージ!

 

スポンサーリンク

 

まずリボ払いの元金を全額返済しよう!

もしリボ払いの元金分以上の貯金があるのであれば、そこからとりあえずリボ払いの借金を全て返済してしまった方が良いでしょう。

 

リボ払いの元金が減らないで、年間20万円前後の利息を負担していくぐらいなら、全て返済した方が良いというのは明白な事実ですよね。

 

そして、今後はリボ払いは極力避けるのが良いと思います。

 

先述しましたが、リボ払いのデメリットとしてトータルの借入額が増えたとしても、毎月の返済額が一定額になるため、どれだけ借入額があるのかを感覚として把握しにくく、借金の金額がとんでもない金額まで膨らんでるパターンがあるということです。

 

なので、リボ払いの元金を全額返済したら、しばらくはクレジットカードは使わない方が良いかもしれません。

 

そのためにも家計全体をスリム化することをオススメします。例えば食費を最低限で抑える努力をする、固定費を削るなど身の回りからできることはたくさんあると思います。

 

いずれにしても、収入に見合わない消費はしないということですね。

 

クレジットカード決済は確かに現金を持ち歩かなくても済むので、大変便利なのですが、このケースのようにいつの間にか借金が膨らんで取り返しのつかないことになってしまうというデメリットもあります。

 

細かい借金が積み上がると、トータルでかなりの金額なるケースがあるので、特にクレジットカードをいつも利用する方は、しっかりと負債管理を行う必要があります。

【関連記事※クレジットカードの審査に落ちた方必見!審査に通るコツを教えます!

 

スポンサーリンク

 

リボ払いなんてしないで収入の範囲内で生活しよう!

言うまでもないですが、借金というのはしないにこしたことはありません。

 

しかし、長い人生の中ではどうしても借金をしなければならないこともあるでしょう。

 

特に住宅購入や自動車などの高額商品を購入する際はなおのことです。最近は、住宅の競売物件の中に築2年程度の物件が結構増えてきているみたいです。

 

築2年ということは、マイホームを建てて間もなく手放さなければならなくなってしまったということを意味します。

 

転勤でしょうか?しかし、転勤でであれば持ち家を人に貸して、その家賃収入で住宅ローンを返済すれば済む話です。

 

つまり、築2年の住宅を競売にかけるということは、無理してマイホームを購入したものの、途中で住宅ローンを返済できなくなり、泣く泣く手放すということなのです。

【関連記事※クレジットカードの仕組みを理解してお得に生活しよう!

 

まとめ

住宅ローンほどではないにしろ、リボ払いのような細かい借金を重ねた挙句に取り返しのつかない事態になることはありますので、ぜひ借金をする際は無理なくご自身の返済できる範囲でやりましょう!

【関連記事※カードローンの審査は通るの!?専業主婦が借り入れする方法とは

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です