「不動産投資」と「FX投資」はどちらがリスクが高いの?

今回は投資という分野で「不動産投資」と「FX投資」のどちらがリスクが高いのか、ということについて少しみていきましょう。

「不動産投資」と「FX投資」はどちらがリスクが高いの?

金融商品で「レバレッジ」を使う代表的な商品が、FX(為替証拠金取引)です。25倍のレバレッジの場合、例えば40万円の自己資金で1000万円の為替リスクをとることができます。

この場合、為替が1%変動すると25%資産が動くことになります。想定していた為替の動きと逆方向にいけば、4%動いただけで資産が100%全額失われてしまうことになります。(実際にはその前に強制ロスカットが執行されて、FX会社によってポジションが自動的に閉じられます。)

 

1ドル=115円として4円〜5円為替が動いただけで、資産がほとんどなくなってしまうのです。

不動産借入には強制ロスカットはない!

不動産投資でレバレッジ25倍の場合はどうなるでしょうか。同じように40万円の自己資金で1000万円の物件を購入した場合、毎月の家賃収入を受け取りながら、ローンの返済を行っていくことになります。

 

FXとの大きな違いは不動産の借入の場合は物件価格が下がっていても強制ロスカットされることがないという点です。

 

毎月の決められた元利金等返済金額が予定通りきちんと返済されていれば、物件の価格が例え半分になったとしても、借り続けることが可能です。最悪空室になって家賃が入らなくなった場合でも、自己資金で毎月のローンの支払いをしていれば資産運用を続けられるのです。

「時間を味方につける」投資とは?

2つの投資対象の違いは不動産投資には「時間を味方につけることができる」というメリットがあることです。

 

一時的に価格が下がったり、入居者がいなくなって空室になっても環境が改善して価格が再度上昇したり、賃貸需要が回復すれば、何事もなかったかのように投資を続けられるのが不動産投資のメリットです。

まとめ

同じレバレッジでもFXと不動産ではリスクが大きく異なります。FXは短期的な価格変動でロスカットされるリスクが高く、不動産に比べ高いレバレッジをかけにくい投資といえます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です