相手を夢中にさせるシナリオを作る!プレゼンの構成と展開の仕方

今回はビジネスマンなら必ず知っておかなければならないプレゼンの構成と展開の仕方について少し見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

 

構成と展開の基本を知り、話の進め方を考えよう!

聞き手を夢中にさせるプレゼンを行うためには、話の構成と展開について、その基本を学んでおくことが大事です。プレゼンに必要な構成要素として代表的なものは下記の4つです。
プレゼンを構成する要素

1.背景・現状
プレゼンのテーマに関連するものの現在の状況や背景などを入れます。
 
2.理由・説明
今回の提案する内容に至った、熊野説明をきちんと盛り込みましょう。
 
3.実例・事例
実例や事例など、具体的に例を出して説明すると説得力が増します。
 
4.結論
何を求め何をしたいのか。結論としてきちんとまとめておきましょう。
これらの要素をきちんとと入れておけば、わかりやすく説得力のあるプレゼンができます。プレゼンの展開、すなわち構成方法にも工夫が必要です。
 
 
プレゼンの構成方法としては「ホールパート法」「PREP法」「時系列法」などが一般的です。提案内容や対象に応じて使い分けましょう。
 

スポンサーリンク

 

プレゼンに絶対に必要な覚えておきたい3つの構成方法とは

1.ホールパート法

テーマに沿った形で複数の情報を伝えられる

複数の情報をまんべんなく伝え、関連するテーマで求める構成方法です。最初に「本日は弊社の商品を3つ紹介いたします」と切り出してから、それぞれの商品を紹介します。
 
 
最後に「この商品ラインナップで弊社は年末商戦に挑みます」と締めくくります。シンプルな構成で、聞き手も理解しやすいのが特徴的です。 
例.
全体:「本日は弊社の新商品を3つご紹介したいと思います」
部分:「1つ目は…2つ目は…3つ目は…」です。
全体:「この商品ラインナップで弊社は年末商戦に挑みます」

2.PREP法

結論を繰り返して強いインパクトを与える

結論を先に訴え、その後に理由や事例を上げていくスタイルで、プレゼンではよく使われている構成です。
 
 
最初と最後に結論を入れ、繰り返し強調することで、聞き手の印象に残るインパクトの強いプレゼンができます。提案を強く勧めたい時、相手の考えやイメージを変えたい時などに向いています。
例.
結論:「Aを商品ラインナップに加えたいです」
理由:「なぜなら、Aのような商品は現在市場にないからです」
事例:「例えばBという商品は〇〇という要素が欠けております」
結論:「だからAという商品が必要なのです」

3.時系列法

時系列に沿ったストーリー性のある構成

時系列に沿って過去現在未来と順に説明していく構成方法です。最初に過去の状況を説明し、次に現場はどうなのかを解説。最後に今後の流れを予測して、最終的な結論に結びつけます。
 
 
時間の流れに沿って、提案した理由と結論がきれいにまとまるので、聞き手の頭の中にもすんなり入ります。
例.
過去:「かつてAは人気がありませんでした」
現在:「その後徐々に知名度を上げ、Aは定番商品となりました」
未来:「Aに新要素を追加すれば、より人気を獲得できるでしょう」

まとめ

でしたでしょうか。ビジネスマンとしてプレゼンができる、できないというのは仕事の中でかなり大きな要因となります。上記した構成をしっかりと意識してプレゼンをすれば、きっと良いものが出来上がるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です