まず目的と流れを理解する!プレゼンを行うための基礎知識とは

今回はビジネスマンに必要な”プレゼンテーションを行うための基礎知識”について解説していきますね。

スポンサーリンク

 

プレゼン能力は様々な場面で必要になる!

現代のビジネスマンに強く求められているスキルの一つが、プレゼンテーション(プレゼン)能力です。自社の商品やサービスの情報をわかりやすく、伝え聞き手を納得させるプレゼンができれば、あなたの評価もアップするでしょう。

プレゼンの基本的な流れは後述しますが、まず簡単な自己紹介からはじまりプレゼン本題へ、質疑応答の時間を挟んで最後は挨拶で締めます。プレゼンは通常、商品やサービスの提案などの際に行うケースが多いですが、顧客の獲得や自社のPR、成果発表など様々な場面で必要になります。

一人前のビジネスマンになるためにプレゼン能力を鍛えましょう。

なんのためにプレゼンをするの?

情報を伝える

そのテーマに関連するデータや現在の状況などについて、情報を提供します。

相手を納得させる

集めた情報に基づく新たな提案をし、その必要性を聴取に納得してもらう必要があります。

プレゼンで伝えることは?

  • 企画の提案

新規事業など、新たに取り入れるべきアイデアを提案しましょう。

  • 商品の提案

自社商品を採用、購入してもらうためにその魅力を伝えます。

  • 顧客獲得

自社と取引した際のメリットを提示。顧客になってもらいます。

  • 自社のPR

強い分野や商品などを紹介し、自社の魅力をアピールします。

  • 成果発表

研究・調査、取り組みなどで得られた成果を発表します。

スポンサーリンク

 

プレゼンの流れとは

1.挨拶・自己紹介

まずは大きな声で挨拶、その後、所属部署や名前、自分に関する簡単なエピソードなどを30秒程度で話します。第一印象を大切にしましょう。

2.本題

ここからプレゼンの本題に入ります。聴き手を飽きさせないために構成と展開に注意して話を組み立てていきましょう。

3.質疑応答

想定される質問に対しては、あらかじめ回答を用意しておきます。否定的な意見があっても謙虚に受け止め、感情的にならないことです。

4.締め括りの挨拶

クロージングでインパクトを与えると強い印象を植えつけられます。徴収の顔に残る、ひねりの利いたフレーズなどを用意しておきたいです。

一対一のプレゼン力も鍛えておこう!

営業活動や面談試験など、一対一で商品や自分をアピールするのも、プレゼンの一つです。相手の反応に併せて対応できるので、多人数相手よりもやりやすいハズです。一対一で経験を積み、プレゼンの基本を身につけましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です