伝える相手に応じた方法を考える!プレゼンに必要な準備とは

以前、まず目的と流れを理解する!プレゼンを行うための基礎知識とはで、プレゼンを行う上での基礎知識をご説明しましたが、今回はプレゼンに必要な準備について解説致します。

スポンサーリンク

 

いかにして聴衆に興味を持って聞いてもらうプレゼンにするか

プレゼンの準備で、もっとも大切なのは資料作りです。プレゼンの基礎となり、シナリオとなる資料がきちんとできていないと、良いプレゼンはできません。テーマやアピールするポイント、見せ方など資料作成において重要な点はいくつかありますが、一番大切なことは「どうすれば相手に興味をもってもらえるか」ということです。

そのことを第一に考えて資料を作りましょう。資料はパソコンで作成し、当日までに必要な部数をコピーしておきます。内容によっては、プロジェクターなども使い、専用の資料を別途作成する必要があるかもしれません。

プレゼンの規模や内容に応じて準備しておきましょう。

準備1.目的をはっきりとさせる!

最初にすべきなのは目的や理由をはっきりとさせることです。「なぜ、プレゼンをするのか?」「商品のどこをアピールするのか?」「顧客に対して何を伝えたいのか?」など、プレゼンの骨格となる部分をはっきりとさせます。ノートなどに書き止めて整理しましょう。

考えるべきこと(例)

  • なぜプレゼンをするのか?
  • アピールするポイントは?
  • 何を伝えたいのか?

準備2.伝える相手を分析する!

プレゼン対象となる相手を分析します。年齢や業種、興味を持っていること、知りたいことなど、聴衆を分析することで、どのようなプレゼンをすべきかが見えてきます。専門的な分野のレベルをどこに設定するかも重要になります。

考えるべきこと(例)

  • 相手の年齢や業種
  • 相手が知りたいこと
  • 相手が興味を持つこと

準備3.プレゼンの方法を考える!

目的を伝える相手がはっきりしたら、具体的なプレゼンの方法を考えます。プレゼンのテーマを決めて、商品や企画のどのようにしてアピールすべきかを確定させます。説得力を増やすためにはテーマに添ったデータも必要です。事前に調査・分析をしておくことですね。

考えるべきこと(例)

  • プレゼンのテーマの決定
  • テーマに沿った調査・分析
  • プレゼンのシナリオ作り

スポンサーリンク

 

プレゼン資料作りの7つのコツとは

1.箇条書きを基本にしてわかりやすく

プレゼンの資料は文章よりも箇条書きを多く使って構成します。ポイントを絞ってシンプルに記載します。

2.文章はできるだけ短く簡潔に

長い文章は読むのに時間がかかり、要点もわかりづらいです。文章はできるだけ短く簡潔に。

3.ビジュアルを効果的に入れる

相関図やフローチャートなどの図解、またはイメージカットなど、ビジュアルを効果的に入れると見た目がよくなります。

4.データを入れると説得力が増す

データなどを入れるとプレゼンに説得力が増します。データはできるだけグラフ化して一目でわかるようにしておきたいですね。

5.先輩のフォーマットを参考にする

ゼロから作るのは難易度が高いです。最初は先輩の資料を見本にして自分なりにアレンジしましょう。

6.強調したいところは太字にする

強調したいところは太字やアンダーラインを入れると効果的です。見た目にも変化がつけられます。

7.必要以上に色を使いすぎない

使っている色があまりにも多いと、煩雑で落ち着かないです。テーマカラー+2〜3色ぐらいの色数にしましょう。

▶︎会社のイメージを損なわない!8つの他社訪問の流れとルールとは

パソコンや機材を準備してわかりやすいプレゼンを!

どんなにプレゼン上手な人でも、配布資料と言葉だけでは限界があります。パソコンやプロジェクターなどのツールを活用すれば、わかりやすいプレゼンができます。プレゼンの準備をする際はこれらの機材のことも考えておきましょう。

プレゼンのために用意しておく3つのもの

  • プロジェクター

聞く相手が多いときに便利です。プロジェクターの写りを意識して資料を作成することです。

  • パソコン

プレゼンには欠かせない機材ですよね。プレゼン用ソフトや動画ソフトを中心に活用しましょう。

  • レーザーポインター

プロジェクターなどで注目して欲しいポイントに、聴衆の視線を誘導できます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です