ピアコイン(Peercoin)とは?その仕組みや特徴はどうなってるの?

今回は前回のネームコイン(Namecoin)の記事に引き続き、”ピアコイン(Peercoin)”というものについてその仕組みと特徴を解説していきたいと思います。

ビットコインで取引を今すぐ始めたいという方は、下記取引所からまずは登録をしましょう。

仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがある。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

スマホアプリでいつでも取引可能で、Bitbank.ccと同じシステムを採用しています。コールドストレージ強固なセキュリティ。

24時間以内の取引が2BTC以内であれば、本人確認不要。取り扱い銘柄が豊富で、手数料も0.1%という圧倒的な安さ。

ピアコイン(Peercoin)とは?その仕組みや特徴はどうなってるの?

このピアコイン(Peercoin)とは、「Primecoin」を開発した「Sunny king(サニーキング)」という開発者集団によって誕生したMITのライセンスの下で公開されています。

プライムコイン(Primecoin)とは‥

プライムコイン(Primecoin)は、ピアコインを開発したチームによって開発されました。名前にprime(素数)という言葉が入っています。その理由はマイニング時に特定の素数の計算を行うことに由来しています。またハッシュ関数による暗号化を用いないはじめての仮想通貨としても知られています。

ビットコインをもとにしたアルトコインの中では、最初にProof of Stake,PoS(プルーフオブステーク)の仕組みを導入しており、PoWとPoSのハイブリッド方式でブロックチェーンのネットワークを支えています。

生徒
ん?プルーフオブステーク”!?博士!また分からない単語がでてきましたあ‥
仮想通貨博士
そうじゃな!前にProof of Work(プルーフオブワーク)”は、「コンピューターの計算力を競って、一番早く暗号が解けた人に、新しく生成されたビットコインが与えられる仕組み」と話したのを覚えているじゃろ?
生徒
はい!覚えてますよ!
仮想通貨博士
これに対してこのProof of Stake(プルーフオブステーク)”というのは、自分が持っているコインの量に応じて、簡単なコンピューターソフトを回すことでコインを得られる仕組みのことなのじゃ。Proof of Work(プルーフオブワーク)”みたいに計算力ではなく、すでにどれくらいのコインを保有しているかがマイニングの鍵となるということじゃ!

ピアコイン(Peercoin)のPoSは、コインの保有量が多くまた長く保有している程、マイニングがしやすくなるように設計されています。年間で保有量の約1%がPoSのブロック報酬として受け取ることができるのですが、最低30日以上コインを保有していなければ、PoSブロックのマイニングはできないのです。

 

また、ピアコイン(Peercoin)は設定された取引手数料の一部がマイナーの手に渡らずに破棄されるというのも特徴の一つです。これは、PoSにおけるピアコインの発行量に上限がないことから起こるであろうインフレの抑止力となっています。(ピアコインのインフレ率は毎年1%増となるように調整されていると言われています。

ピアコイン(Peercoin)基本情報

  • 名称:ピアコイン(Peercoin)
  • コード:PPC
  • 暗号化方式:SHA-256
  • コンセンサスアルゴリズム:PoW/PoS
  • 承認目安時間:約10分
  • 上限発行量:上限なし

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

Proof of Stakeは何で開発されたの?

Proof of Work(プルーフオブワーク)”の問題を解決するために、Proof of Stake(プルーフオブステーク)”は開発されました。ブロックチェーンの改ざんや不正の防止を行うPoWの仕組みは、その分散型のシステムの問題点の1つとして、コンピューターに膨大な計算を課すことによる電力の大幅消費が指摘されています。

 

そのためネットワークの運営コストが増大し、結果としてコインのインフレーションや取引手数料の増加に繋がることから、利用ユーザーの負担が増加すると考えられていました。PoSの概念自体は2010年頃からビットコインコニュニティ内で議論されていて、その後ピアコインをはじめとする様々な暗号通貨において実用化されるに至りました。

仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがある。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

スマホアプリでいつでも取引可能で、Bitbank.ccと同じシステムを採用しています。コールドストレージ強固なセキュリティ。

24時間以内の取引が2BTC以内であれば、本人確認不要。取り扱い銘柄が豊富で、手数料も0.1%という圧倒的な安さ。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

世界トップクラス仮想通貨取引所バイナンス

・取り扱いの仮想通貨が豊富
・取引手数料0.1%という圧倒的安さ
・さらにBNBトークンを使うと業界最安値の取引料0.05%
・世界でトップクラスの仮想通貨取引所
  ・24時間以内の取引量が2BTC以内であれば本人確認不要
・セキュリティがしっかりしており資産保全に最適
・日本語に対応しているためとても使いやすい

Coincheck(コインチェック)

・全13種類の仮想通貨の取り扱いがある

・アプリも充実しており初心者が見やすいチャート

・ほとんどの通貨をオフラインで管理

・テレビCMを放映

・日本円の入金がクレジットカードでも可能

・アルトコインも日本円から直接購入できる

・最大5倍のレバレッジで取引が可能

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です