知ってトクする!新入社員でも有給休暇は取れるの?

この春に入社した新入社員の方が、夏休みをとって海外旅行したいと計画中です。まだ、入社4ヶ月」ですがこのような場合は、有給休暇は取れるのでしょうか。

スポンサーリンク

 

入社して4ヶ月で有給休暇を取る権利はある?

そもそも有給休暇とは

有給休暇は「年次有給休暇」が正式な名称です。労働基準法第39条で定められた働く人(労働者)の権利として認められた休暇で「有給」「年休」などとも呼ばれています。
 

有給休暇が与えられる条件とは

有給休暇を取ることのできる条件は大きくまとめると下記の2つになります。
  • 入社後 6ヶ月以上在籍していること。
  • 所定労働日の8割以上出勤してること。
したがって、このケースでは「入社後6ヶ月」に足していないので、原則としては有給休暇は取れないことになっています。

会社によっては有給休暇は取れるの?

入社してすぐに有給休暇を取れる、8割出勤していなくても取れる、初年度から20日も有給休暇を取れる、など法を上回る制度の会社に関しては問題はありません。
 

パート・アルバイトの立場ではどうなる?

パート・アルバイトでも有給休暇は取れるの?

正社員に限らずパートタイマーやアルバイトの人でも一定の条件を満たせば有給休暇をとることができます。
 

日数はどのようにに決まるの?

パートタイマーやアルバイトの人の場合は、普通の正社員とは違い、「比例付与」というかたちで日数が決められます。(フルタイム勤務者は同じ)
 
 
 
採用の日から6ヶ月間継続して勤務し、かつ、6ヶ月間の全労働日の8割以上出勤した社員に対しては有給休暇を与えなければならないとされています。
 

所定労働日の8割以上と言うけれど… 

出勤していなくても出勤?

仮に出勤していなくても、出勤したものとみなす場合があります。
  1. 産前後休業の期間
  2. 育児休業期間、介護休業期間
  3. 仕事上の怪我や病気で休職している期間
  4. 有給休暇をとっている期間
また、遅刻、早退、私用外出などがあっても、一部でも出勤した日は出勤したものとしてみなされます。
 

出勤と認められない日は?

以下の場合は出勤が認められません。
  1. 休日に労働した日(振り替え休日を取る場合は、その休日は出勤とみなされます)
  2. 会社都合による休業
  3. ストライキで勤務のなかった日
  4. 業務外での病気や怪我、私用などで丸一日欠勤した日
 

スポンサーリンク

 

会社が有給休暇の日を変えられる?

会社の有給休暇を変更できる場合とは

社員は原則としていつでも自由に年次有給休暇を取ることができます。
 
 
 
しかし、一度に多くの人が同じ時に休暇を取り、代わりの人を用意することが困難な場合、会社の繁忙期など「事業の正常な上を妨げる場合」に限り、会社は法によって認められている「時季変更権」を行使して、指定された有給休暇を取る日を変更することができます。
 

有給休暇を全部消化していないときには繰り越しできるの?

翌年度への繰り越し

今年度取得しなかった有給休暇は、次年度までは繰り越しができます。ただし、年次有給休暇を請求する権利は2年間で時効によって消滅しますで、注意が必要です。
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です