P2P分散ネットワークの安全性と信頼性について

P2P方式の分散ネットワークは何があってもとまらない、ゼロダウンタイム」を実現するのに必要な特徴を持っていますが、それがゆえのデメリットも存在します。これらのメリット、デメリットはブロックチェーンにも当てはまります。 
 

P2P分散ネットワークは何があってもとまらない安全なネットワーク!

P2P方式を採用する最大のメリットは、事故などによってシステム全体がとまるリスクが極めて低く、長期にわたって安定した稼働ができる点です。
 
 
 
システムに参加するノード(コンピューター)は、原則としてすべて平等です。特別な役割を任されているノードというのはありません。
 
 
 
つまり、システム全体から見ればノード一つ一つはそこまで重要ではないということです。そして、たまたまどのノードが壊れたとしてもシステム全体の稼働への影響はほとんどないです。
 
 
 
また、P2Pにおいてそれぞれのノードを結ぶ通信経路は、網の目のように複数張り巡らされています。
 
 
 
ですから、どこか一ヶ所の通信経路が分断されたとしてもシステム全体の機能にはほとんど影響がありません。ある通信経路が使えなくなったら、「少し遠回りする経路で伝えてくれ」と他のノードに指令を出すだけで解決します。
 
 
 
 
もちろん、複数のノードが同時に壊れたり、複数の通信経路が同時に分裂されたりすることも考えられるので、ノードの数があまりにも少ないシステムではいくらかリスクがつきものにはなってきます。
 
 
 
つまり、単純にノードの数を増やすことが安全で信頼性のあるシステム構築に繋がるということなのです。

P2P方式のデメリットとは

続いてP2P方式のデメリットについてなのですが、P2P方式はそもそも「とまらずに稼働し続けるシステム作り」にのみ特化したものなので、それ以外の部分は大抵ダメです。
 
 
 
P2Pで複数のノードを使うのは、「どこが壊れても良いように、冗長化(同じ機能を複数準備しておくこと)する」という意図です。
 
 
 
人工知能(AI)や科学計算のクラスタリングのような「ノードを増やせば増やすほど性能が上がる」と行った性質の用途には不向きです。
 
 
 
 
逆にノードが増えれば増えるほど、「バケツリレー」の量が増えてしまうので、全体のパフォーマンスは悪くなるでしょう。
 
 
 
P2Pの特徴として、「一部のノードが壊れていても、全体のシステムは何ら影響はない」というものがあるのですが、一方で「見知らぬノードが勝手に参加してきた場合」であっても、問題なく動いてしまう少し危険な側面もあります。
 
 
 
また、「何があってもとまらずに動き続ける」というメリットは、裏を返せば、「システムを気軽に止めたくても止めることができない」というデメリットにもなり得ます。
 
 
 
そのため、都合の悪い情報がP2Pのシステムの中に流れてしまっても、その情報を削除することはできないのです。
 
 
 
システムの安全性を高めるため、許可したノード以外はシステムに参加させない」という制限を設けるなど、工夫が施されている実装もあります。
仮想通貨取引所公式HP

取引量・ユーザー数日本一です。大企業が出資しているので資本が充実。

Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる。ドルコスト平均法で安心の積立。

大手DMMが仮想通貨に参入。土日を含めた24時間サポートで、様々な手数料が無料。使いやすい豊富な取引ツールが特徴的です。

初心者が見やすいチャートで、全13種類の仮想通貨の取り扱いがある。

24時間365日クイック入金可能で、様々な法定通貨対応しており、25倍のレバレッジで取引可能な大型取引所です。

GMOグループ企業であることから安心して売買できる。日本円・BTCの出金手数料が無料なのが特徴的です。

スマホアプリでいつでも取引可能で、Bitbank.ccと同じシステムを採用しています。コールドストレージ強固なセキュリティ。

24時間以内の取引が2BTC以内であれば、本人確認不要。取り扱い銘柄が豊富で、手数料も0.1%という圧倒的な安さ。

オススメのハードウェアウォレット

取引所に大金を置いておくのはリスクですのでぜひハードウェアウォレットで資産を管理することをオススメします。

Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・7種類の仮想通貨取り扱い

・使いやすい豊富な取引ツール

・様々な手数料が無料

・土日も含めた24時間サポート

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量、ユーザー数が日本一

・大企業が出資しており資本が充実している

・代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事を務めている

・テレビCMを放映

・2014年5月に取引所開始

・不正ログイン保証サービスがある

・独自の「bitWire」という決済サービスを持っている

Zaif(ザイフ)

・Zaif取引所は取引手数料がかからない上に、ビットコインの売買の場合に限り、取引価格の0.05%がボーナスとしてプレゼントされる!

・ドルコスト平均法でローリスクな仮想通貨の積立投資ができる!

・テックビューロの運営体制が万全!

・Zaifでしか買えないコインがある!

世界トップクラス仮想通貨取引所バイナンス

・取り扱いの仮想通貨が豊富
・取引手数料0.1%という圧倒的安さ
・さらにBNBトークンを使うと業界最安値の取引料0.05%
・世界でトップクラスの仮想通貨取引所
  ・24時間以内の取引量が2BTC以内であれば本人確認不要
・セキュリティがしっかりしており資産保全に最適
・日本語に対応しているためとても使いやすい

Coincheck(コインチェック)

・全13種類の仮想通貨の取り扱いがある

・アプリも充実しており初心者が見やすいチャート

・ほとんどの通貨をオフラインで管理

・テレビCMを放映

・日本円の入金がクレジットカードでも可能

・アルトコインも日本円から直接購入できる

・最大5倍のレバレッジで取引が可能

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたい方‥

仮想通貨のアフィリエイトで稼ぎたいという方は、コインチェックのアフィリエイトプログラムがおすすめです。今ならキャンペーン中で報酬単価が最大23000円で、業界内でもトップです。
 
アカウント登録0円
本人確認書類提出2000円3000円
50,001円以上の入金8000円10000円
1,000,000円以上のコインの売買10000円
全て達成10000円23000円
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です