こんな人におすすめ!格安SIMスマホに向いている人の5つの条件とは

こんな人におすすめ!格安SIMスマホに向いている人の5つの条件とは

今回は格安SIMスマホを使う上でどんな人におすすめなのかというのを5つの項目にまとめてみました。

 

下記の5つの項目に当てはまる方はぜひとも格安SIMスマホをチェックしてみてください!

 

格安SIMスマホに向いている人の5つの条件とは!?

こんな人におすすめ!格安SIMスマホに向いている人の5つの条件とは

⒈スマホを2台持ちしたい人!

まず、格安SIMスマホを持つのにおすすめな人の条件として、スマホを2台持ちしたい人というのが挙げられます。

 

大手キャリアのスマホを2台持ちする…となると金額的な負担が大きくなってしまいます。

 

更に両方をフルスペックの最新機種にする必要は無い場合がほとんどです。

 

よって、片方もしくは両方を格安SIMにすることで金額的にも安くなり機能も効率的に使用することが出来ます。

 

使い分けについては、「仕事用」「プライベート用」という分け方がポピュラーです。

 

更に安さを追求するなら、「通話用」として「通話し放題」のガラケーを使い、「データ通信用」として格安SIMスマホを使う、といった形がおすすめです。

 

格安SIMは基本的に通話無料がありませんので、その弱点を補った使い方です。

 

プランにもよりますが、最新スマホ1台の月額料金の半額ほどで利用できる場合すらあります。

 

スポンサーリンク

 

⒉毎月の通信量が少ない人!

大手キャリアのプランは通信量が少ない場合でも料金の下がり幅が少なく、通信量の少ない方は結果的に損をする場合があります。

 

格安SIMスマホであれば実際の通信量に見合った安いプランを選択することが出来ます。  

 

通信量は最低100~500MB程度から選択でき、更に音声電話機能なしであれば月額でワンコイン程度の値段から利用できます。

 

しかも音声電話機能ありでも月額1000円程度からと、そこまで大きく変わることはありません。

 

大手キャリアも最近では格安スマホプランを打ち出してはきていますが、結局月額5000円程度かかってしまいます。

 

やはり現状では低通信量の場合は、格安SIMの方が断然お得です。

 

あなたにオススメの記事

0円でスマホを持つ!?格安SIMを解説します!

⒊通話をあまりしない人!

格安SIMは総合的に基本料金が安い分、無料通話・通話定額プランがありません。

 

しかし裏を返せば「通話にこだわらなければ格安SIMで問題ない」ということです。

 

更にLINEをはじめとした通話アプリは格安SIMにおいても利用できますので、必要に応じて一回の通話料を安く抑えることが可能です。

 

全く通話機能を付けない場合は前述の通り月額ワンコイン程度の金額から利用できますので、いっそ割り切ってしまうのも良い選択肢と言えるでしょう。

 

あなたにオススメの記事

知ってる!?節約しながら賢く貯金する方法!

⒋Wi-Fiをいつも利用できる人!

格安SIMの購入を考える上で、最大の焦点は通信速度・通信量となります。

 

Wi-Fi環境が充実していれば、この問題は解決します。Wi-Fi対応の格安SIMを選択すれば、大手キャリアと遜色ない快適さでデータ通信が可能となります。

 

Wi-Fiが前提であれば、むしろ大手キャリアの高速通信・大容量かつ高額なプランを選ぶ必要はゼロとすら言えます。

 

また、Wi-Fiルーターとセットになっている格安SIMもありますので、あらかじめWi-Fi環境が整っていなくても問題はありません。

 

スポンサーリンク

 

⒌最新型スマホでなくてもいいという人!

「常に最新機種を持っていたい」という希望がない方・2年以上同じスマホを使い続ける方は、格安SIMへの切り替えをおすすめします。

 

なぜならば、大手キャリアにおいては同じスマホを2年以上使い続けることは、単純に損となるからです。

 

大手キャリアでスマホを購入すると、2年間の分割支払い契約と同時に、「毎月割」という2年間の割引サービスが適用されます。

 

「2年間の間は毎月割が適用されるので基本料金が安くなっている」と錯覚しがちですが、実際には毎月の機種代に充てられている為、基本料金は1円も下がっていません。

 

更に毎月割は2年間で終了する為、機種代を支払い終わった後も基本料金は全く安くならないのです。

 

結果的に、大手キャリアで2年以上同じ機種を使うことは、高い基本料金を払い続けるだけということになってしまいます。

 

よって、最新機種を追いかける習慣がない・同じ機種を出来るだけ長く使いたい、ということであれば機種代を支払い終わったタイミングでの格安SIMへの乗り換えが賢い選択でしょう。

 

同時に機種変更をする場合でも最新機種でなければ安く済みますし、何より前述の大手キャリアのような縛りが無いことが大きなメリットとなるのです。

 

あなたにオススメの記事

月15000円の節約!モバイルWi-Fiルーターで通信費削減!?

まとめ

いかがでしたでしょうか?上記した5つの項目に当てはまる人は、家計の固定費を少しでも節約するという意味でも、ぜひとも格安SIMスマホへの切り替えをおすすめします。

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

あなたにオススメの記事

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/dhuaru-sim-sumaho/

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/koukyouryoukin-kakakusettei/

YouTuber(ユーチューバー)の広告収入の仕組みとは?どのくらい稼げるの!?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です