知っておきたい!あなたにぜひおすすめの定期保険4選とは

今回はあなたに”おすすめの定期保険”を4つご紹介しようと思いますが、その前にまず保険選びの基本から改めて見直していきましょう。

 

あなたにおすすめの定期保険4選とは?

まず保険選びの基礎を振り返ろう

必要な保障額が決まったら実際に保険を選択するというステップが必要です。必要な保障額については下記記事を参考にしてくださいね。

保険選びの3つのポイントは「どんなときに」「いくら」「いつまで」です。

「どんなときに」は、保険に加入する目的です。そして「いくら」とは必要保障額ですが「いつまで」には下記の2つの意味があります。

  1. いつまでの保障が必要か
  2. 保険料はいつまで支払うのか

保険料の総額はいつまで支払うのかによって、大きく変わってくるからです。ひと月あたりで見てみると数千円と楽に支払える金額であっても一生を通じて負担する保険料は莫大なものになります。

 

終身払いの場合、死亡する年齢がわからないのですが、平均寿命まで生きた場合は60歳や65歳など、短期間で支払い終えるほうが安くなるケースがほとんどです。広告の中には、保険料を支払う期間が記載されていないケースが多々あります。

 

このような場合は「保険料は一生あがりません」という言葉から「保険料は一生あがらないけど、一生支払うんだ」ということが読めますよね。

安い保険料を提示するために、支払い期間を終身払いにする商品が増えてきました。保険選びの基本はできるだけ「短い期間」で加入することです。賢く保険を選ぶためには期間をまず区切るということからはじめましょう。

 

スポンサーリンク

 

定期保険は短期から長期まで様々

知っておきたい!あなたにぜひおすすめの保険商品4選とは

定期保険は期間を区切った死亡保険です。とはいっても、本当に短い期間しか保険がないというワケではありません。商品によっては100歳など保険期間を自由に選択することができます。もっとも期間の長い定期保険は考え方一つで終身保険と一緒です。保険料はそれなりに高くなります。

 

このように定期保険ひとつとってみても数多くの商品があり、各保険会社が取り扱っている定期保険も1種類ではありません。その中からひとつの商品を選択するというのはとても悩むと思いますが、ここをちゃんとしないと将来の資産形成に影響が生じてしまうのです。

 

保険金額や保証期間、そして保険料は本当に妥当なのかどうか?「いくら」「いつまで」を明確にしましょう。定期保険は一定期間の保証を購入するものですが、保険期間が終わっても状況の変化などから、引き続き保証を得たいという方も多いと思いますが、定期保険の更新が可能かどうかというのはそれぞれタイプによって分かれます。

  • 年満了タイプ:10年や20年などの期間を指定
  • 歳満了タイプ:60歳や70歳までなど年齢を指定

保険期間が満了した後も更新できるのは「歳満了タイプ」です。もし更新時に健康上の不具合などがあったとしても、基本的に加入時を同じ条件で更新することができます。

 

一方で「歳満了タイプ」は、指定した年齢で保証は終了です。それ以上は更新することができません。どちらで加入しても保険料は同じですから、年満了タイプで加入しておくことをおすすめします。

 

さて、ここからは本題の4つのおすすめの定期保険を挙げてそれぞれの特徴をみていきたいと思います。何社か選んで試算してみましょう。男女の違いや年齢によってもご自身にあった商品は違ってきます。

 

あなたにおすすめの4つの定期保険とは?

知っておきたい!あなたにぜひおすすめの保険商品4選とは

⒈スーパー割引定期保険(メットライフ生命)

これは”非喫煙優良体”に該当するのであれば、かなりおすすめの保険商品です。健康区分を4つの段階に分けており、タバコを吸わず、BMIと血圧が一定の範囲内に収まるという方であれば、保険料が割引されます。ファーストクラスに該当するとスタンダードクラスに比べて、保険料は最大で52%OFFに設定されています。また注意点として禁煙歴は2年と、他の保険会社と比べて長くなっています。

 

年満了タイプなら80歳まで更新可能です。更新は加入時の健康状態が継続するので、血圧が上がってしまったなどでも心配いりません。

➡︎スーパー割引定期保険(メットライフ生命)



⒉定期保険プレミアム(チューリッヒ生命)

もし非喫煙優良体に該当する30歳&40歳男性ならココがおすすめです。チューリッヒ生命の料金体系は非喫煙優良体型標準体型の2種類のみです。非喫煙優良体に該当すると、性別や年齢によっては最安値となる場合があります。

 

定期保険プレミアムは、90歳まで更新することができ、禁煙期間は1年となっています。また注意点としては、血圧の基準が厳しく、最高が120㎜Hg未満、最低は80㎜Hg未満が非喫煙優良体の条件となっています。またこれ以外にも1年以内に健康診断や人間ドックを受診していない方は加入できないという仕組みになっています。

➡︎定期保険プレミアム(チューリッヒ生命)

 

スポンサーリンク

 

⒊カチッと定期2(アクサダイレクト生命)

アクサダイレクト生命の”カチッと定期2”は、喫煙の有無や健康体による区分を設けていないというのが特徴で、69歳まで契約が可能で、年満了タイプの場合は最長80歳まで保障を継続することができます。その他には、ティーベックが提供する健康相談サービスや医師によるコンサルティングなどの付帯サービスを受けることができます。

 

また注意点としては「契約の継続時に改めて告知を行い、基準を満たした場合には更新の場合よりも保険料でご契約を継続できます」という健康チャレンジを謳っていますが、基準が開示されていません。

➡︎カチッと定期2(アクサダイレクト生命)

 

⒋楽天生命ラブ(楽天生命)

この楽天生命の”楽天生命ラブ”は、インターネット申込専用定期保険です。喫煙の有無や健康体による区分を設けていないので分かりやすい保険料体型です。最高80歳まで保障されます。

 

保障金額は1000万円から5000万円までの範囲で500万円単位です。不慮の事故により所定の身体障害の状態に該当した場合、以後の保険料の払込みが免除されます。また注意点としては、保険金の設定単位が500万円単位と大きくなっているため細かい設定ができないというところです。

➡︎楽天生命ラブ(楽天生命)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です