基礎から解説!あなたにおすすめするがん保険4選とは?

今回は前記事に引き続き”がん保険”のおすすめを4つご紹介していこうと思います。まだご覧になってない方は前記事もぜひチェックしてみてくださいね。

今回もまず”がん保険の基礎”から解説していこうと思います。

あなたにおすすめするがん保険4選とは

健康保険で十分だけど先進医療を受けたい!

がん保険の最大の特徴は「がん診断給付金」の存在だと言えます。入院の短期化が進む現在であっても診断給付金は様々な用途で使うことができるからです。診断給付金を受け取る要件をここで改めて確認しましょう。

 

ほとんどのがん保険には入院給付金がついていますが、中には入院給付金はオプションだという商品も存在します。一口にがん保険といっても様々なタイプがあるのです。実際に商品を選んでいくときには「がんになった場合、どんな治療を受けたいか」ということをまずは考えてください。

 

がん治療の基本は手術ではありますが、抗がん剤治療や放射線治療などと併用する場合もあるでしょう。ホルモン治療を受けるかもしれません。抗がん剤治療や放射線治療などに対しても保険金を受け取りたいのであれば、アフラックの商品など入院や手術以外にも保障のあるものを選択することをおすすめします。

 

また先進医療を受けるかもしれないという方は、先進医療付きのがん保険を選択してください。

 

とはいえ、医療保険に先進医療がついている場合、わざわざがん保険に先進医療をつける必要はありません。医療保険であれば、そんな傷病であっても給付の対象となるのです。

 

がんの治療には高額な医療費がかかると思われていますが、治療費のほとんどが健康保険の対象です。でももしかしたら、免疫療法など自由診療でのがん治療を受けたいと考えている方もいるかもしれません。自由診療の場合、健康保険などは全く使えないのでその負担はかなり重いものとなります。こういったご希望であれば治療費を負担してくれる実損てん補タイプのがん保険が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

フレキシブルに対応できる「診断給付金」

基礎から解説!あなたにおすすめするがん保険4選とは?

いずれの場合であっても、がん診断給付金などを多めに設定していればどんな治療でも対処できる可能性が高くなります。健康保険が適用される通常の治療を受ける場合は、普通の病気での治療費と変わりません。

 

どのような治療を受けたいのか、考えたほうが良いというのはこのような理由からなのです。もちろん、がん治療は日々変化をしています。「将来、どんな治療を受けるのか?」と言われてもすぐには決めかねてしまう面もあると思います。

 

どんな治療であっても臨機応変に活用できる保険を選択すると良いでしょう。たとえば、初めてがんと診断された時に300万円程度受け取れると安心です。診断給付金をつかって世界一周旅行へ行っても良いのですからね。

 

さて、ここら辺で本題の”おすすめのがん保険”を4つご紹介していきます。

おすすめのがん保険4選とは

基礎から解説!あなたにおすすめするがん保険4選とは?

がん保険Believe[ビリーブ](オリックス生命)

このオリックス生命”がん保険Believe[ビリーブ]”はがん初回診断給付金は、悪性新生物に加えて上皮内新生物も同額保障してくれます。がん診断給付金は初めてがんと診断されたら受け取れます。さらにがん治療給付金は、がんの治療を目的として入院した場合が条件です。

 

つまり、診断&入院で療法の給付金を受け取ることができます。入院給付金もあり、入院後10日以上継続入院後に退院するとがん退院一時金を受け取ることができます。

 

また補足として、上皮内新生物でがん初回診断給付金を受け取ると、将来、悪性新生物と判断されたとしても診断給付金の対象にはならないので注意が必要です。

➡︎がん保険Believe[ビリーブ](オリックス生命)

 

⒉新生きるためのがん保険Days(アフラック)

実際にがんにかかったときの治療に強く、通院も無制限なのがこのアフラック”新生きるためのがん保険Days”です。がん保険診断給付金や入院給付金に加えて、三大治療による通院に対しても保障しています。「三大治療」とは、手術、放射線照射、抗がん剤投与の3つです。

 

放射線治療給付金や抗がん剤治療給付金は、通院給付金とは別枠で設けられています。プレミアムサポートは「がん患者専門カウンセラー」による訪問面談サービスと専門医を紹介するサービスです。補足として、AコースとBコースの2種類があり、入院給付金や治療給付金の額が異なっています。診断給付金は両コース共に共通です。

➡︎新生きるためのがん保険Days(アフラック)

 

スポンサーリンク

 

⒊楽天生命ガン診断プラス(楽天生命)

この楽天生命”楽天生命ガンプラス”の特徴は保険料が安く、がん診断給付金と治療給付金の2つの一時金で治療の幅が広がります。入院の際は傷病も対象です。また、がん(悪性新生物)と診断されたときに受け取れるがん診断給付金を100万円、200万円、300万円の3種類から選ぶことができます。

 

がん診断給付金の支払い1回のみですが、がん診断給付金を受け取ってから1年経過後に入院した場合がん治療給付金を受け取ることができます。がん治療給付金は1年に1回、通算5回までです。補足として、病気またはけがで1泊2日以上入院したとき入院を支援給付金として、1回につき5万円を受け取ることができます。

➡︎楽天生命ガン診断プラス(楽天生命)

 

⒋がん保険自由診療タイプ(SBI損保)

SBI損保”がん保険自由診療タイプ”は通常の治療をはじめ、先進医療、自由診療の全てを網羅しており、物価の上昇や自己負担割合の上昇にも備えられます。自由診療タイプのがん保険は、健康保険の自己負担分をはじめ、自由診療などかかった医療費に対して保険金が支払われるという仕組みです。

 

海外では有効だと認められている抗がん剤であっても、日本では未承認の場合、自由診療となります。自由診療は全ての医療費が自己負担です。将来自己負担分が4割になっても、医療費が上昇しても安心です。補足として、5年ごとに更改があり、保険料はアップします。終身での保障はなく90歳まで自動更改されます。また上皮内新生物は対象とはなりません。

➡︎がん保険自由診療タイプ(SBI損保)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です