おすすめのビジネス用クレジットカードは!?そのメリット・デメリットとは?

おすすめのビジネス用クレジットカードは!?そのメリット・デメリットとは?

個人に対して発行されるクレジットカードとは別に企業や事業主向けに発行されるのが「ビジネス用クレジットカード」です。

 

今回は個人向けカードとはどう違うのか、その特徴を紹介していきます。

 

個人事業主でもビジネス用クレジットカードを発行される!?

法人格を持たない個人事業主でも発行されるビジネス用のクレジットカードが増えています。

 

「セゾンカードのビジネスプラチナカード」などに至っては開業さえしていなくても申し込むことができます。(この場合の「ビジネス」用とは「ビジネスのどこかで活かせる」という意味だと思われます)

 

個人向けクレジットカードではダメなの?

ここがポイントなのですが、個人向けクレジットカードで事業の支払いをすることは禁じられています。

 

例えばカード利用履歴に取引相手の会社名が毎月決まって並ぶような場合には利用停止の措置が取られることもあります。

 

しかし逆に「ビジネスカードは事業にしか使ってはいけない」という縛りはないので、事業をしている方には圧倒的に便利になります。

 

【あなたにオススメの記事】

スポンサーリンク

 

ビジネス用のクレジットカードのメリット・デメリットとは?

ビジネス用クレジットカードのメリットは?

事業関連の支払いを全てビジネスカードで支払うことで、会計処理をしやすくなります。

 

私的な経費と明確に区別が付くので、わざわざ仕分けをする必要がないからです。

 

クレジットカードの利用明細には、どこに対して・いつ・いくら使ったのかが明記されるので会計担当者はそれを処理すれば済むことになります。

 

またネットの会員ページから利用明細をcsv形式でダウンロードして、それをそのまま会計ソフトに入れてしまえば経費を手打ちで入力する必要さえなくなるのです。

 

これで、現金払いで領収書をもらっておいて後から会計担当者がそれを処理、という無駄な過程が一切要らなくなります。

 

またポイント還元を受けられることで実質の経費を低く抑えることができるのもメリットです。

 

特に個人に比べて利用額が大きくなるのでポイント還元を活用する価値がさらに大きくなります。

 

さらに、クレジットカード払いの特性として、支払いを先延ばしできるという点も挙げられます。返済日までは資金を活用できるという現金払いにはないメリットも生み出します。

 

【あなたにオススメの記事】

ビジネス用クレジットカードのデメリットは?

個人用カードに比べて年会費が高く、2万円~10万円ほどはかかってしまいます。

 

しかしもちろんこれは事業の必要経費として計上できるので、実質は損をすることにはならないでしょう。

 

よって、カード申し込みの審査が個人用と比べて厳しいところが唯一とも呼べるデメリットになります。

 

スポンサーリンク

 

おすすめのビジネス用クレジットカードとは!?

・JCB 法人カード(一般)

出張管理に最適です。インターネット航空券予約サービス・複数のETCカード発行など、出張が多い会社での利用で便利さが際立ちます。

 

ポイント還元は「ポイント型」と「キャッシュバック型」から選ぶことができます。

 

ポイント型ではOki Dokiランドというショッピングサイトで最大20倍のポイント還元が受けられ・キャシュバック型では年間最大18万円のキャシュバックが受けられます。

 

・オリコ EX Gold for Biz

年会費が2000円(税別)とビジネスカードとしては破格の安さがウリです。

 

個人事業主でも申し込み可能で、iDとQUICPayという電子マネー内蔵のカードで利便性が高い点もメリットです。

 

・楽天ビジネスカード

楽天プレミアムカード保有者が追加料金を支払うことで持てるビジネスカードです。

 

つまり「楽天プレミアムカード」・「楽天ビジネスカード」の2枚を持つことになり、使途に合わせて使い分けをすることで経費処理をスムーズにすることができます。

 

【あなたにオススメの記事】

まとめ

上記したようにビジネス用のクレジットカードを使うことによって得することも増えるので、あなたも是非ともご検討してみてはいかがですか?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

【あなたにオススメの記事】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です