まず収入を把握しよう!お金を貯めるコツとは!?

まず収入を把握しよう!お金を貯めるコツとは!?

お金を貯めるコツとして、まず「収入を把握する」というものがあります。一言で「収入を把握する」といっても、収入には様々な種類があります。

 

今回はその収入を把握するというところから、ご説明させていただきます。

【関連記事※家計簿をつけてお金の管理をする方法とは!?

 

スポンサーリンク

収入を把握することから!?お金を貯めるコツとは?

収入には様々な種類があると先述しました。サラリーマンの場合は、働いて得ることができる労働収入ですし、自分で事業を行って得られる収入は事業収入です。

 

そのほかにも不動産事業で得られる不動産収入、資金を運用して得られる利子所得等があります。

 

まあでもほとんどの方がサラリーマンの勤労収入というものに当てはまるのではないでしょうか?

 

この労働収入の場合、給料を会社からもらうたびに給与明細が渡されると思いますので、それを見れば毎月の所得がどの程度なのかというのは、もちろん簡単に把握できますよね!

 

また、年収を把握するには、会社から12月にもらう源泉徴収票をみれば一発でわかります。

 

給与明細

まず収入を把握しよう!お金を貯めるコツとは!?

引用  給与明細の見方 – 所得税

 

給与明細の見方なのですが、給与からは様々なものが差し引かれます。

 

差し引かれることを控除といい、誰でも必ず控除される「法定控除」と、会社の制度やひとにより、引かれるかどうかが異なる、「その他控除」があります。

 

ちなみにその法定控除に含まれるのは、税金や社会保険料です。手取り収入とは、給与の総支給額から税金と社会保険料を差し引いた金額のことをいいます。

 

サラリーマンの場合、お給料から差し引かれる税金は、所得税と住民税の2種類です。そして社会保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、40歳以上の方は介護保険料、の4種類です。

 

いずれも給与の金額によって差し引かれる金額は変わってきますので注意が必要です。

【関連記事※貧乏生活の中で貯金をするための鉄則とは!?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

そして、これらの差し引かれる金額は今後、増えていく傾向にあります。つまり負担が重くなるということです。

 

税金も社会保険料も、自分で調整することはできません。収入に応じて料率と呼ばれるものが決められるので、節約することはできないのです。

 

したがって、まずは、その収入から税金と社会保険料を差し引いた実際の手取りの収入をしっかりと把握しておく必要があります。

 

また、月によっては、残業が多く残業手当によって収入が増えることもありますが、家計をうまく管理するためには、最も少ない月の手取り収入を知っておくことが大切です。

 

それに合わせて生活の計画を立てるというのが、お金を貯めるコツになるのです。

【関連記事※お金の流れを把握する!?誰にでもすぐにできる貯金方法とは?

 

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です