上手な「お金の貯め方」で必要な3つのお金の機能とは!?

上手な「お金の貯め方」で必要な3つのお金の機能とは!?

あなたは「お金の貯め方」を知っていますか?

 

上手な「お金の貯め方」を学ぶ上で、必要なお金の機能というものをまずご説明させて頂きますね!

 

マイナス金利政策は日本銀行が銀行に対しておこなう金融政策ですが、私たちにもじわじわと政策の余波が押し寄せてきた感じです。

 

大手銀行では、定期預金の一部の金利を引き下げました。

 

また、ゆうちょ銀行では定期貯金、定額貯金、通常貯金の金利を引き下げました。

 

これではお金を貯める気力もなくなってしまいます。

【関連記事※貯金の仕方を基礎から解説!!まずは目的を決めよう!

 

「お金の貯め方」を学ぶ上で必要なお金が持つ機能とは!?

お金の貯め方に必要なお金の機能は3つあると言われています。

⒈保存しておく機能

⒉交換できる機能

⒊価値の尺度機能

まず貯金で保存し、物品やサービスをお金で買い、その品物やサービスの値打ちが妥当かどうかを計ります。

 

いくら低金利でも預けたお金が減らないなら、預かってもらうと確実に保存ができます。

 

100万円を1年間預けてもコーヒー代程度の利息にしかなりませんが、手元において置けば保存機能が危ぶまれます。つい使ってしまうこともあるに違いありません。

 

お金の持つ保存機能を上手に使ってまとまった金額になれば、車や家などの物品購入や旅行費用などに使えます。

 

その際には、物品やサービスのランクを所持金額によって検討することができます。

 

お金が体をめぐる血のように流れると、社会全体が活性化します!

【関連記事※誰にでもすぐ実践できる節約貯金術!

 

スポンサーリンク

 

借りながら貯める「お金の貯め方」

マイナス金利政策にもメリットがあります。

 

住宅ローンの金利が下がり始めているので、借り換えなどの検討をすることができます。また、新たに住宅を買おうとしている人も恩恵にあやかることができます。

 

家や車など大きな買い物をする場合、多くの人はローンを利用すると思われますが、無理なく返済できる金額に設定して、いくらかでも貯金するようにしましょう。

 

住宅ローンを組むにあたってのお金を貯めるための心得とは!?

  1. 頭金は物件価格の20%以上を用意する。
  2. 住宅購入後に何らかの理由でお金が必要になるかもわからないので、最低でも給料の3ヵ月分は貯金を残しておくようにする。
  3. ボーナスは返済に充てないようにする。
  4. 65歳までにローンを完済するように計画する。

 

お金を貯める上で低利で利用できる貸付制度について

・労働金庫

労働金庫に出資している労働組合などの組合員や、生協の組合員などは低利で借り入れることができます。住宅ローンやマイカーローンなどに利用できます。

・信用金庫

各信用金庫の管轄内に在住、在勤している人が対象です。使い道が自由なフリーローンから教育、マイカー、住宅などさまざまな目的別ローンがあります。

※その他にも生活費や教育費、医療費などの貸付制度を住所地の市町村でもおこなっています。

【関連記事※上手なお金の使い方をするための考え方とは!?

 

 

夢に近づくためのお金の貯め方とは!?

上手なお金の貯め方として、収入の25%は必ず貯金し、その残りで生活を送る方法として「25%貯金法」というものがあります。

 

例えば月収が20万円だと毎月5万円を貯め、残りの15万円で生活します。

 

1年間に60万円の貯金額となるわけですが、25%が無理なく貯められる限度といえるようです。

 

借金がある場合は、払いながらの貯蓄は厳しいに違いありませんが、この貯蓄が10年で600万円になると、住宅資金の頭金や独立や企業の資金などになります。

 

慣れるまでは毎月の貯金が負担となるでしょうが、積み重ねることでお金は大きく育ちます。

【関連記事※貧乏生活の中で貯金をするための鉄則とは!?

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

今は貯金をするというよりも、預かってもらうと割り切って金融機関を利用しましょう。

 

そして本当に必要なものをしっかり見極めて購入し、夢をかなえましょう!

 

そのためには長い人生の中でローンを組むこともあるでしょうが、ローンの返済をしながらも、たとえ少額ずつでもお金を貯めるようにすることが大事です。

 

お金の機能を良く知った上で、上手にお金と付き合うようにしたいものです。

【関連記事※お金を貯めるにはどうすれば良い?意識することからはじめよう!

 

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です