生活習慣を見直そう!劇的にお金が貯まる節約術25選

毎日なんとなく買ったり使ったりしているモノ・コトに潜むムダの数々。一回あたりは大したコトなくても年間で通算するとかなり大きな金額を使っているということもありますよね。そこで今回はジャンル別に”劇的にお金が貯まる節約術”を25個ピックアップしたので実践できそうなものをチェックしてぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

 

目次

生活習慣を見直そう!劇的にお金が貯まる節約術25選

食費節約術編

出費の大部分を占めるのが食費ですよね。毎日の外食ランチの代わりにお弁当や飲み物を持参したり、食材の買い方を工夫するだけで月1万円以上の節約も可能に!

1.水道水+備長炭でミネラルウォーターに!

毎日飲む”水”も積み重なるとかなり大きな出費になってしまいますよね。そんなとき、水道水に備長炭を入れるだけでカルキ臭がなくなり、備長炭に含まれるミネラル成分が溶けてまろやかな味の水に大変身します。

1日約33円節約 年間+約12,045円

2.PB(プライベートブランド)商品を購入しよう

頻繁に使う種類や調味料などは、大手スーパーやコンビニのPB(プライベート・ブランド)商品を購入しましょう。メーカー品より1〜3割安く、しかも高品質なものも多いです。

1回約40円節約×毎週1商品購入 年間+約2080円

3.小分けで冷凍保存を上手に活用しよう

コーヒーやだし汁は製氷皿に入れて冷凍しておくと、1個ずつ使えて味も薄まらず便利です。大根や山芋、生麦はおろしてラップに包み、平らにして冷凍保存をしましょう。必要な分だけ折って使えばチューブの調味料は買う必要がありません。

月約150円節約 年間+約1,800円

4.予算は週単位で管理しよう

食費は月より週単位で管理すると買い物の計画すると1週が2〜3日しかない短い週が出てくるので、そのときに普段は買いにくい調味料や、保存の利く乾物や缶詰を買うのも良いですね。

一周間約320円節約 年間+約16,640円

5.チラシアプリ「T-POINT×Shufuoo!」で特売情報をチェック

「T-POINT×Shufuoo!」は、毎日ご近所のチラシがスマホに届くという便利なサービスです。チラシでお得な情報をゲットできるだけではなく、T-POINT対象のチラシをみると、1枚につき1ポイントゲットできるので、毎日チェックしましょう。

買い物週1回約100円節約 年間+約5,200円+T-POINT

6.スーパーの割引があるクレジットカードを作ろう!

イオンカードやセゾンカードなど、特定の日に買い物をすると割引になるクレジットカードを持つとお得に!月に何回かある割引デーにまとめ買いすれば節約できます。

1回あたり約150円×月2回 年間+約3,600円

7.調味料は買いだめせずに在庫+1程度で!

安い商品をみるとつい買ってしまいがちだけれど、調味料の買いだめはスペースもお金もムダです。今はPB商品が充実しているため、いるでも低価格で購入可能です。よく使うものは今ある在庫+1あれば十分なのです。

月1商品削減で約300円節約 年間+約3,600円

生徒
僕はカフェでドリンクだけじゃなくてスイーツも注文してしまうんですよね〜!
美人ファイナンシャルプランナー
あなたまさかスイーツ男子!?確かにカフェでコーヒーと一緒に頼みがちだけど、週一回の300円のケーキ代を節約すると年間で15,600円の節約になるのよ!

▶︎月15000円の節約!モバイルWi-Fiルーターで通信費削減!?

スポンサーリンク

 

水道・光熱費節約術編

電気の付けっぱなしや水道の出しっぱなしなど「ぱなし」をやめるだけでもかなり節約になります。環境とお財布に優しいエコ節約を心がけましょう。それでは続いてここから水道・光熱費の節約術をご紹介しますね。

8.ホットカーペット+断熱シートで熱をキープ

熱は温度の低い方に集まる性質があるので、パネル部分を避けてホットカーペットと床の間に断熱シートを敷くと、熱が床に逃げるのを防ぐ効果があります。これなら設定温度を「強」から「中」に下げても暖かさを保てます。

1回約5.8円×冬場150日間 年間+約870円

9.契約アンペアを下げて節電意識もアップ

電気の基本料金を決めるのが”契約アンペア”です。自宅の契約アンペアを知らないなんていう人もいるのではないでしょうか?ひとり暮らしなら、20Aを目標に過ごしてみてください。※地域や賃貸住宅の規約によって変更できないこともあります。

30Aから20Aに変更 年間約3,372円

10.冷蔵庫の設定温度は季節ごとに使い分けよう

冷蔵庫の設定温度は「強」「中」「弱」に設定可能です。冬場は「弱」に切り替えるなど季節に合わせて調整をしよう。

1日約4.1円節約 年間+1,497円

11.冷蔵庫はスカスカ、冷凍庫はパンパンに!

冷蔵庫に食材を溜め込みすぎるのは、余分な電気代がかかります。入れる量を7〜8割にすると効率もよく冷気が循環します。逆に冷蔵庫は隙間なく詰めた方が、凍った食材同士が保冷剤の役割をしてくれるので効率良く冷やすことができます。

1日約2.7円節約 年間+986円

12.便座はフタを閉めてヒーターをオフにしよう

暖房機能つき便座は、夏場は便座の暖房機能をオフにすると1日約16円の節約になります。また、フタを開けっぱなしにしておくと温まった熱が逃げてしまい非効率になりますので必ずフタを閉めましょう。

1日約16円×夏場60日間 年間+約960円

▶︎夏の冷房節約術!エアコンの電気代を抑えるためにチェックしておくべき12項目とは? 

IT・発送費節約術編

パソコンの買い替えや宅配などは、日常生活でそれほど頻繁なことではないので、意外と見落としがちです。一度チェックしましょう。

13.パソコンの利用時間は短くしよう

1日の利用時間を1時間短縮した場合、デスクトップで年間690円、ノートパソコンで年間120円の節約になります。ネットサーフィンなどをしていると知らず知らずのうちに長時間経っているものですよね。時間を区切って使うクセをつけましょう。

デスクトップなら 年間約+690円

14.軽くて大きな荷物は「はこBOON」がお得!

この「はこBOON」なら荷物の3辺の長さの合計が160㎝以内であれば重量で値段が決まります。例えば160㎝、5㎏の荷物を東京から大阪へ送る場合906円です。ヤマト運輸と比較すると1,038円お得になります。

年5回利用した場合 年間+約5,190円

15.パソコンソフトも見直しを!

パソコン本体にインストールされている機能に気づかず、余計なソフトを買ってしまうケースがありがちです。セキュリティソフトはデータ保護の保険として導入しておくのが無難ですが、機能的なフリーソフトを使うのも手です。

有料ソフト1本分を削減した場合 年間+約8,700円

16.1㎏までの郵便は「クリックポスト」がお得!

この「クリックポスト」は長辺34㎝以下、短辺25㎝以下、暑さ3㎝以下、1㎏までの荷物を全国一律164円で送れます。サイトにアクセスしてYahoo! IDで利用登録を申し込み、運賃をYahoo!ウォレットで決済します。

月436円節約 年間+約5,232円

生徒
僕はLINEのスタンプを良く買ってしまうんですよねー!
美人ファイナンシャルプランナー
有料スタンプの購入をやめるだけで240円のスタンプを月3つ購入すると仮定して、年間で8,640円の節約になるのよ!

▶︎夏休みに子供とディズニーランドを楽しむための5つの節約術!

ファッション・美容費節約術編

おしゃれも賢くお得に!衝動買いは控えて、割引サイトを使ったり長く着られる素材のいいものを選んだり、買い方を工夫してください。ココは女性限定の節約術になりますので、主婦や女性のあなたは絶対にチェックしてくださいね。

17.限定コフレに惑わされるべからず!

クリスマスなどに登場する季節限定コフレは、本当に必要かどうか見極めましょう。おトクなセットもありますが、すでに持っているコスメアイテムが入っていたり、特に必要のないポーチがついていたり…。限定品に惑わされない目を養ってください。

年1商品分を購入削減 年間+約7,000円

18.商品タグをみて本当にお得かどうか判断しよう

セールではタグに注目です。元の値段から値引き後価格まですべてが印刷されているものは、セール用に作られた賑やかしの商品であるである可能性も…。むやみに買うとクローゼットの肥やしになる可能性がとても大きいです。冷静に判断しましょう。

1回約3,000円削減×年4回 年間+約12,000円

19.折れた口紅はドライヤーの熱で再生!

気に入らない、使わなくなった、折れてしまった…そんな口紅をいくつか集めたら、バレットに移してドライヤーで溶かし、混ぜて使えば新たな色に生まれ変わります。

口紅 約3800円を年1本購入削減 年間+約3,800円

20.そのサロンは本当にあなたに合ってる?

美容院は信頼出来るスタイリストに任せれば2〜3ヶ月後もメンテナンスなしでOKなスタイルに整えてくれます。毎月行かなければダメになるようであれば、サロンが合っていない可能性もあります。そんなときはサロンの見直しが必要かもしれません。

1回分約12,000円節約×年6回 年間+72,000円

生徒
僕がよくあるのが、「あと◯◯円で送料無料!」で無駄買いしてしまうんですよ!
美人ファイナンシャルプランナー
1万円以上で送料無料、◯%オフなどの文句に弱くて、つい余計なものまで買ってしまいがちなのよね。一度商品を見直すというクセをつけて!追加注文をやめれば1回2000円×月1購入の計算で年間24,000円の節約になるわ!

▶︎誰にでもすぐに始められる!オススメの電気代節約術7選とは

スポンサーリンク

 

トラベル・習い事費節約術編

旅行は時期によって価格が変化します。料金が上がる繁忙期をずらしたり、早割プランを利用するとお得になります。通っていない習い事も見直しをしましょう。

21.市民講座は良心的な受講料でお得に!

自治体が主催する市民講座は、なんといっても良心的な受講料が魅力です。教養・手作り教室・ヨガなど色々な講座があります。月会費1万円のヨガが半額になることもあります。

月5,000円の節約 年間+約60,000円

22.時間に余裕があるなら「ぷらっとこだま」

JR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」は、東京〜新大阪間(通常期所定運賃14,140円)が通常期で10,300円、繁忙期でも11,800円とお得になります。ワンドリンク付きで満足度もかなり良いです。JR東海ツアーズの支店などで購入可能です。

通常期に東京〜新大阪間を利用した場合 1往復+約3,840円

23.飛行機チケットは早割予約で最大81%オフ!

飛行機のチケット予約は、早ければ早いほど割引価格で購入可能です。ANA、JALどちらも出発55日前からの予約で最大81%もオフになります。

羽田〜沖縄間の往復チケット 1往復+約32,000円

24.旅行の宿泊先は当日予約サイトで格安!

突発的な旅行なら、宿泊は当日予約サイトをチェックしましょう。運が良ければ、憧れの高級ホテルや温泉旅館が、当日予約限定で最大80%オフになるプランが見つかることもあります。

1泊約2万円のホテルと比較して 1泊+約16,000円

25.資料は図書館で借りれば出費はゼロ!

本や、DVD、CDは図書館で借りれば無料です。お目当てのモノがなくても、リクエストすれば後日入荷してくれることもあります。

2500円の本を2冊購入した場合と比較 +約5,000円

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は”お金が劇的に貯まる節約術”を25項目挙げました。あなたも上記した項目で今すぐできそうなモノをチェックしてその合計額を計算してみましょう。「チリも積もれば」でかなり大きな金額を節約できるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です