意外と見落としてる!?お金が貯まる生活習慣と貯蓄方法!

意外と見落としてる!?お金が貯まる生活習慣と貯蓄方法!

本当にお金が貯められる貯蓄方法を身につけたいのであれば、まずあらためて自分自身を見直してみることが大切です。

 

買い過ぎ、食べ過ぎ、太り過ぎ、だからお金が貯まらない‥

 

ほとんどの人が何らかのストレスや悩みを抱えながらも、頑張って日々仕事をして生きているのが普通でしょうが、今の仕事を天職と思っている人もいるでしょう!

 

そんな人は一生懸命に働いて、今の暮らしを楽しみながらどんどんお金を貯めていると思います。

 

反対に仕事や生活に不満がある人はストレスが貯まり、必要でない衣服や靴、バッグなどを買ったり、自分へのご褒美としてお酒を飲んだりスイーツを食べたりする回数が増えがちになるのです。

 

お金が貯められる貯蓄方法を身につけるためには、まず生活習慣からです。

 

【関連記事※どうすれば良いの!?もっとお金が貯まる貯金方法とは?

 

 

スポンサーリンク

 

グチを言ったら、お金は貯まらない!?生活習慣から見直す貯蓄方法!

仕事や現状の暮らしにグチを言っていては、一生お金は貯まらないと覚悟しましょう。

 

希望がなければお金を貯める意味がないのですから、つい刹那的な生き方になってしまいます。

 

その日が楽しければよいと言う考えだと、収入=支出で満足してしまい、いざ本当にやりたいことが見つかった時に、自己投資するお金もない状態になってしまいがちです。

 

今現在の自分に満足できなかったら、なおさら自己投資資金のための貯蓄は必要となってきます。

 

転職を考えた時に必要な資格を取ったり専門学校で勉強し直したりすることで、新たな道が開けることもあります。

 

ストレス解消のためにした無駄買いで部屋は狭くなり、無駄食いをしたため太り過ぎてしまい次はダイエット食品を買うなど悪循環に陥ってしまうと貯蓄どころではありません。

 

心当たりがあれば、反省して生活を見直し、正しい貯蓄方法を身につけましょう!

【関連記事※上手な「お金の貯め方」で必要な3つのお金の機能とは!?

 

 

断捨離とダイエットでお金が貯まる貯蓄方法とは!?

お金が貯まる貯蓄方法を身につける上での生活習慣として、断捨離があります。お金を貯めている人の共通点は持ち物が少ないことだそうです。

 

一度自分の部屋やクローゼット、本箱などを点検してみましょう!

 

それぞれの物について、必要なもの・不必要なもの・再利用できるもの・お金に変えれるものと、取りあえず分けてみましょう。

 

すると同じような物が複数あったり、似にかよった内容の本が多数あったりと自分の買い物の傾向が分かり、今後の無駄遣いに歯止めがかかります。

 

また、冷蔵庫の中や買い置きのお菓子を整理すると、やはり同じような食べ物が複数出てきたりします。

 

食べ物の整理をすると、太る原因を突き止めることができます。

 

その分の無駄遣いを意識して貯蓄に回すようにすると、例えば1日に100円貯めたとしても年間に4万円近く貯まります。

 

自分のお金の使い方の傾向を知って冷静に分析をすると衝動買いや、やけ食いなどといった行動をとらなくなることでしょう。

【関連記事※誰にでもすぐ実践できる節約貯金術!

 

スポンサーリンク

 

買い物リスト作りをしてお金が貯まる!?今すぐこの貯蓄方法を実践しよう!

クローゼットや冷蔵庫の整理をしてみると、今まで無計画に欲しいものを買っていたことに気付きます。

 

今後は、欲しいものや必要なものを気づいた時に書きだして、買い物リスト表を作りましょう。

 

急ぐ必要のないものは、ネットやお店などで調べて価格も書き込んでおきましょう。

 

メモノートや携帯のメモ機能などを利用して、検討してから購入すると余分なものを買うのを防ぐことができます。

【関連記事※上手なお金の使い方をするための考え方とは!?

 

まとめ

いつまでたってもお金が貯まらない人は、まずは暮らしの中の無駄に気づき、自分なりの解決策を探しましょう。

 

次にお金が貯まると何がしたいかをイメージして、ベッドサイドなどに叶えたいことや手にしたい物の写真と金額を貼っておきます。

 

目的がはっきりすると無駄遣いが減り、貯蓄への意欲が湧いてくるに違いありません。

 

まずは手始めに不必要な持ち物を処分し、ぜい肉を落としましょう。

 

きっと、貯蓄体質に変身できると思います!

【関連記事※貯金の仕方を基礎から解説!!まずは目的を決めよう!

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です