お金の流れの把握と予算管理が貯金成功の鍵!必要な3つのポイントとは

お金を貯める為に大切なことの1つに挙げられるのが、「お金の管理」です。ポイントは3つです。お金の流れと生活費の予算を知り、予算の中でやりくりをすることです。それでは順番にみていきましょう。

1.お金の流れを知る

お金の流れを大きく分けると、「固定費」「貯蓄」「公共料金」「保険料・税金」「生活費」に分けることができます。

 

ポイントは生活の中で支出しているお金がどの項目に当てはまっているかを考えながら、それぞれ書き出してみることです。

 

「固定費」は家賃や住宅ローン、新聞代と行った毎月決まった金額を支払うもの。「貯蓄」は毎月決まった金額を積み立てるもの。「公共料金」は、電気、ガス、水道、電話など。

 

「保険料・税金」生命保険料や自動車保険料など月払いしているもの、もしくは年払い用に積み立てている金額を記入します。「税金」は、家計から支出しているものがあれば、書き込みます。

 

それぞれの項目に合計を出したら、手取りの収入から全て引くと、使える生活費が見えてきます。

2.生活費を知る

1ヶ月分(給料日から次の給料日までの前日)の生活費のレシートを全てとっておき、購入した1品ずつに◯、△、×、を付けていきます。

  • ◯=必要なもので、安く買えて、最後まで無駄なく使い切れたもの。
  • △=必要なものではあったが、節約の余地があるもの。
  • ×=無駄だったもの。

×は貯蓄へ回して、◯と△の中から、食費、日用品、医療、服や美容など予算を立てます。

3.予算内に納めるコツは?

食費以外の生活費は、月単位で管理をしますが、食費は1ヶ月分を5週に分けて管理をすると、バランスの良い献立を組み立てることができます。

 

お財布を食費と生活費の2つに分けると管理がしやすくなり、おすすめです。しかし、時には予算オーバーしてしまうことも。そんな時は、どの費目にも使える予備費を1〜2万円程度持つと安心です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です