あなたは知ってる!?日本銀行が果たしている基本的な役割とは

今回は「日本銀行が果たしている基本的な役割」について少し見ていきましょう。金融政策を実行する日本銀行とは、どんな機関なのでしょうか。これは意外に知ってる方は少ないかもしれません。

スポンサーリンク

 

あなたは知ってる!?日本銀行が果たしている基本的な役割とは

各国には中央銀行があります。アメリカであれば連邦準備制度理事会であるFRBです。 EU欧州連合であれば欧州中央銀行であるECBですね。イギリスはEU加盟国ですが、ユーロではなくてポンドを使っているのでBOEといわれるイングランド銀行があります。
 
 
 
そして日本の場合は日本銀行です。この記事では日銀を例に中央銀行を説明しますが、その機能は他国の中央銀行もほぼ同じです。
 
 
 
 
例えば、あなたがどんなにお金を持っていても、日銀にお金を預けることができません。日銀とは我々個人のための銀行ではなく「政府のための銀行」であり「銀行のための銀行」なのです。また、日銀は日本銀行券の発行が許された機関です。つまりはお札を刷ります。
 

日銀の 3つの役割とは

1.日本銀行券の発行

日銀がお金を刷る主な2つのケース
  • 民間銀行が日銀に借金をする時、手持ちの国債などを日銀に渡します。それを担保に日銀はお金を貸します。この時お札を発行することがあります。
  • 日銀が世の中のお金の量増やそうとした時、民間銀行が持っている国債などを買い上げます。この場合もお札を発行することがあります。

2.政府のための銀行

税金や年金、公共事業費の支払いなど政府の国庫金に関する事務」や、国債の発行や国債の利子の支払いなど「国債に関する事務を行っています。また、財務大臣を発令の元、「為替市場介入」も行います。

3.銀行のための銀行

国内の銀行などの金融機関は、日銀の当座口座を持つことが法律で決められています。この口座を「日本銀行当座預金」といいます。この口座を通して日銀と民間金融機関、または民間金融機関同士が決済などをしています。
 
 
 
日銀の当座口座は、日銀が実行する金融政策において重要な役割を担います。
 

スポンサーリンク

 

ちょっと大げさにいうと金融政策の「舞台」となります。日銀はこの舞台を活用しながら日本経済の「物価安定」持続的な経済成長」を実現しようとしています。
 
 
 
また、その目的を実行するために日銀は様々な手段で金融政策を行いますが、その行動は全て
 
「世の中にあるお金の量を調整しようとしている」
 
ということをここでは確認しておいてください。
 
 
日本経済を「寄せ鍋」に例えるのであれば、日銀はこれがちょうどよく煮えるように、火の勢い(金利)を調節したり、具の量(マネタリーベース)を増やしたり減らしたりしている、いわば「鍋奉行」の役割を果たしているのです。
マネタリーベースとは‥
市中の金を意味するマネーサプライに対して、日銀の当座預金と民間の金融機関が保有するお金も合わせたお金の総量のこと。
POINT

国内の金融機関は日銀の当座口座を持ち、そこに一定額を預け入れることが定められています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です