日銀黒田総裁がついにバズーカの「空砲」を認める!?

日銀黒田総裁がついにバズーカの「空砲」を認める!?

2016年2月23日の衆議院財務金融委員会で黒田総裁が放った言葉が物議を醸しています。

 

それは「マネタリーベースそのもので、直ちに物価あるいは予測物価上昇率が上がっていくということではない」という言葉です。

 

黒田日銀は2013年の4月に量的・質的金融緩和を導入し、追加緩和を「黒田バズーカ」とまで称されてきたその大胆な政策が空砲だったと認める驚きの一言でした。

 

黒田日銀はいったい何をしようとしていて何に失敗したのか、詳しく見ていきましょう。

 

そもそも日銀黒田総裁の政策とは?

「マネタリーベース(日本銀行が市中に供給する通貨量「日本銀行券発行高」+「貨幣流通高」+「日銀当座預金」)を2年間で倍増させ、前年比2%の物価上昇率を実現させる」・「そのためには金融緩和を無限に続ける(追加緩和をいつでも行う用意がある)」という政策がメインです。

 

要は、市中にお金を廻すことでデフレマインドを払拭するというもの。

 

また市中にお金が廻るということは「円」の価値を下げることになり、円安によって輸出業を活性化させることでデフレから脱却する後押しをする効果も期待を持たせました。

 

「2年で2%の物価上昇目標を達成するのは容易ではない。これまでのように小出しにするやり方では達成できない。ここまでやれば達成が可能になるという額」・「2%の物価上昇目標を裏打ちする手段として量・質両面の金融緩和を行う。具体的には金融市場調節の操作目標を『金利』からマネタリーベースという『量』に変更した」と、就任当時の黒田総裁は強気に語っています。

 

この発言と2度の追加緩和によって現実に円安誘導は成功し、日経平均株価も上昇の一途を辿りました。

 

【あなたにオススメの記事】

アベノミクス「三本の矢」の内容とは!?わかりやすく解説します!

 

スポンサーリンク

 

2%実現を何度も先延ばし!

しかし肝心の「物価上昇率」については就任からすでに3年が経とうとしている現在でも「前年比0.5%増」に留まっており、目標からは程遠い現実です。

 

もちろん「2年で」といったからには本来は去年の4月に達成しなければならない数字なので、記者からその点を指摘されるたびに「2年はあくまで目安」という逃げ口上で達成を先延ばししてきました。就任当初の強気な発言が嘘のようです。

 

【あなたにオススメの記事】

年金は本当に貰えるの!?GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の是非とは!?

 

円安⇒輸出業が伸びなかった!?

円安誘導することで輸出業を活性化し、結果として日本の景気を上げる。という政策も不発に終わっています。

 

円安進行下でも日本の輸出は大幅拡大を示さなかったのです。

 

日本から輸出するということはもちろん「日本で製造されたものを」を輸出するわけですが、製造業の拠点は人件費コストの点で不利な日本にはあえて置かれていないという根本の問題でつまずいており、ここでも公約を果たせていません。

 

【あなたにオススメの記事】

2016年中国経済の今後の見通しとその影響とは!?

スポンサーリンク

 

株価も失速!?

2度の追加緩和のたびに上昇し続け、円安とともに黒田総裁の政策の成功の証とされてきた日経平均株価も2万円の大台を前に大失速して16000円台に急落したまま回復できていません。

 

【あなたにオススメの記事】

軽減税率はいつから!?消費税との関係はどうなってるの?

ついに黒田バズーカ失敗を認める!

そこでついに禁じ手の「マイナス金利」を導入したことで、黒田総裁のビッグマウスはやはり机上の空論だったと言わざるを得ません。

 

なぜならば「金融市場調節の操作目標を『金利』からマネタリーベースという『量』に変更した」と就任時に言ったのは黒田総裁自身だからです。

 

つまりマイナス金利導入の時点で自分の政策の大黒柱が誤りだったと認めたことになります。

 

そこにきて「マネタリーベースそのもので、直ちに物価あるいは予測物価上昇率が上がっていくということではない」と追い打ちをかける発言が出たことで、完全に失敗を認めた形になりました。

 

2つの発言がともに政策を翻すものだったからです。

 

【あなたにオススメの記事】

TPPのメリットとデメリットとは!?わかりやすく解説!

 

まとめ

日銀総裁とはいえ神様ではないので政策が失敗に終わることもあり、それは誰が責められるものでもありません。

 

しかし誤りを誤りとなかなか認めないために次の政策を打ち出さず時間が経過していることに対しては、責任を請うべきではないでしょうか。

 

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

【あなたにオススメの記事】

マイナス金利とは?そのメリットとデメリットをわかりやすく解説!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です