新しい保険に加入する際は加入期間を被らせるのが鉄則!?

今回は新しい保険に加入するときには既存の保険との加入期間を被らせた方が良いということを解説していきますね。

 

スポンサーリンク

 

新しい保険に加入する際は加入期間を被らせるべき!?

保険の空白期間に注意!

生命保険や医療保険に加入する際、告知や審査は必須となります。健康診断で異常を指摘されたり、病後間もない方は新たな保険に加入することはできません。もしすぐに死にそうだったり、入院しそうな方が保険に加入してしまうと保険会社は保険金を支払う確率が高くなってしまいます。

 

保険は助け合いの精神で成り立っているため、保険金の支払いがかさむと、保険会社は保険料の値上げを実施するのが自然の流れです。保険料の値上がりは契約者にとって良いことではありませんよね。

 

というわけで告知や審査という方法をとって保険を引き受けるかどうかを差別しているのです。入れると思って保険の契約を行っても、保険会社に引き受けてもらえないケースは意外に多いものです。健康診断書に要経過観察とあるだけで、断られる場合もあります。新しい保険に契約したからといって、すぐに前の保険を解約してはいけません。

 

通常、新しい保険に加入すると1回目の保険料をすぐに支払う必要があります。二重に保険料を払うのはもったいないと、つい前の保険を解約したくなりますが、ちょっと待ってください。もしかしたら新しい保険に加入できないかもしれません。

 

加入できたとしても責任が開始されるまでのわずかな空白期間に何かあったら一大事です。肝心なときに保険を活用できないのでは、何のために長い間保険に加入してきたのかわかりません。新しい保険に加入する際はもったいないと思わずに、加入期間を被らせることが鉄則です。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です