3つの大手ネットショップのおトクな使い分け方とは

今回は3つの大手ネットショップのおトクな使い分け方について少し見ていきましょう。ショップの特徴を抑えておトクに買い物しましょう!
 

スポンサーリンク

 

3つの大手ネットショップのおトクな使い分け方とは

1.消耗品ならAmazon

出典 http://pinky-media.jp/I0011092

日用品、消耗品ならAmazonの「定期おトク便」で購入するのが最も便利です。在庫が多く、日本中に倉庫があるため、発送から到着までの日数が短いのも魅力的です。
 
▶︎Amazon

2.品質重視ならYahoo!ショッピング

出典 http://shopping.yahoo.co.jp/

お取り寄せ系の商品など、品質にこだわりたい商品はモール出品であるYahoo!ショッピングで購入するのがオススメです。
各ショップが自信を持った品を扱っています。
 
 

3.ポイント&安さでは楽天

出典 http://itsumo365.co.jp/blog/category/%E6%A5%BD%E5%A4%A9%E5%B8%82%E5%A0%B4/

楽天はとにかく「楽天ポイント」がアップするキャンペーンが多いです。また、出店しているショップ同士の価格競争が激しく、商品の値段が安くなりやすいです。「とにかく安く」を追求するなら楽天を利用しましょう。
 
▶︎楽天
 

各大手ネットショップの違いについて比較

 
ショップ名販売方法送料返品/交換
Amazon自社配送/モールプライム会員/2,000円以上で無料30日間以内なら可能
楽天市場モールショップにより異なるショップにより異なる
Yahoo!ショッピングモールショップにより異なるショップにより異なる
 
Amazonは、自社配送の商品も多いため送料の面で他のショップサイトよりも融通が利きます。一方で個別のショップが対応する楽天市場とYahoo!ショッピングは購入時にきちんと確認する必要があります。
 

スポンサーリンク

 

各大手ネットショップのサイトの特徴を押さえておこう!

日本でお馴染みのネットショップと言えばAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの3つでしょう。
 
 
 
これら3つのサイトの大きな違いは商品の出品元です。自社で取り扱っている商品が多いAmazonに対し、楽天とYahoo!は、専門店が集合したショッピングモールのような形態をとっています。
 
 
 
そのため、Amazonはほとんどの商品を自社で発送するシステムですが、楽天とYahoo!では個別にショップごとに対応します。返品/交換に関しても同様のため、対応可能かどうかは商品ごとに調べる必要があります。
 
 
 
こうした特徴を押さえておくと、サイトごとにお買い得な商品が見えてきます。例えば、日用品なら自社センターから発送するAmazonが最も便利です。こだわりの品ならYahoo!を利用するのがオススメです。
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です