年間でかなりの節約!ネット銀行とクレジットカードで手堅く節約するコツとは

今回はネット銀行とクレジットカードで手堅く節約するコツをいくつかご紹介したいと思います。

ATM手数料からクレジットカードまでちょっとした工夫で節約すべし!

1.「新生銀行」を利用する!

ネットバンクを利用しておトクにお金を預ける方法として「新生銀行」を利用するという手段があります。新生銀行のメリットとしては以下の通りです。

  • 定期預金

2週間定期:0.05%

  • ATM

土日祝日夜間でも入出金手数料無料

  • 振り込み手数料

最大10回手数料無料

  • サービス

口座開設やATMの利用、預貯金によってTポイントが貯まる

新生銀行はATM手数料無料の幅が広く、各コンビニ、メガバンク、都市銀行でのATM手数料無料となるのが最大の魅力です。また、預貯金残高に応じて最大10回まで他行への振込み手数料が無料になります。

▶︎新生銀行

2.「住信SBIネット銀行」を利用する!

続いて、「住信SBIネット銀行」を利用するというのもオススメです。メリットは以下の通りです。

  • 定期預金

1ヶ月定期:0.02%

  • ATM

コンビニATMやゆうちょ銀行で最大15回まで引き出し無料

  • 振り込み手数料

最大15回手数料無料

  • サービス

SBI証券の証券口座との資金移動を無料かつ自動でできる「SBIハイブリッド預金」

▶︎住信SBIネット銀行

スポンサーリンク

 

通販にはサイトに適したクレジットカードを使おう!

3.Amazonを使うなら「Orico Card THE POINT」

また、クレジットカードの賢い使い方として通販サイトで買い物をするときはそのサイトに適したクレジットカードを使うと効率よくポイントを貯めることができます。まずは基本的なカードスペックから見ていきましょう。

  • 国際ブランド

JCB・MasterCard・VISA

  • 年会費

無料

  • ポイント名

オリコポイント

  • ポイント還元率

1.0%〜2.0%

  • ポイントモール

オリコモール

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)は、オリコモールを経由して買い物をすることで2%の還元率になります。貯まったポイントはAmazonギフトカードと交換することができます。以下のようなポイントの計算になります。

基本還元率1.0%+Amazon利用0.5%+オリコモール経由0.5%=2.0%

▶︎ Orico Card THE POINT

4.楽天市場を使うならもちろん「楽天カード」を利用すべし!

引き続き、楽天市場で使うカードはもちろん「楽天カード」が圧倒的におトクです。以下がカードスペックになります。

  • 国際ブランド

JCB・MasterCard・VISA

  • 年会費

無料

  • ポイント名

楽天スーパーポイント

  • ポイント還元率

1.0%〜7.0%

  • ポイントモール

Edyもらえるモール

楽天市場で楽天カードを使えば基本4%還元です。さらにアプリで買い物やプレミアムカードの利用、楽天モバイルとの契約などを併用することにより、最大で7%の還元率になります。

楽天市場で買い物1.0%+楽天カード使用3.0%+月1回以上アプリで買い物1.0%+楽天プレミアムカードの利用1.0%+楽天モバイル通話SIMを契約1.0%最大7.0%

▶︎楽天カード

5.レシートを送るだけでポイントが貯まる!?「レシポ!」とは

このレシポというサイトでは、対象となる商品を購入したレシートを撮影して送るだけでポイントがゲットできます。貯めたポイントはAmazonギフトカードなどと交換できます。ただし、必要がないのにポイントがもらえるからといって、商品をたくさん購入するのは本末転倒です。無理のないように上手に利用しましょう。

▶︎レシポ!

スポンサーリンク

 

どんな場面でも節約してトータルでおトクに!

日々生活していくくには何かにつけてお金がかかりますよね。しかし、いろいろな面から少しづつ節約することで、年間にするとばかにならない節約になります。例えば、お金を預けておく銀行です。上記しましたが、定期預金金利やATM手数料を無料にするという点に注目すれば、おトクに使うことができます。

 

ATM手数料面で優秀なのは「新生銀行」です。都市銀行とゆうちょ銀行、コンビニATMでの手数料が無料になります。住信SBIネット銀行も有力です。SBI証券の証券口座を連動させる「SBIハイブリッド預金」は資産を運用するなら非常に便利です。

 

SBI証券を開いていれば、残高を自動反映・自動振替する昨日がついています。SBI証券で資産を運用しているなら、いちいち振替を行う必要がなく、スムーズに取引ができます。以前はSBIハイブリッド預金を利用すれば普通預金の金利が定期預金並みでしたが、現在は0.01%と低めです。

 

通販をよく使う方は、買い方には注意すべきです。たとえば、Amazonを利用するなら使うクレジットカードによって還元率が大きく異なります。オススメは「Orico Card THE POINT」です。オリコモールを経由することで還元率は2%になります。また、Amazon Master Cardも悪くないです。還元率は1.5%ですが、ポイントが貯まり次第、Amazonギフト券と交換できるので面倒がないです。

 

「Orico Card THE POINT」の場合は交換作業が発生し、ポイントの有効期限を気にする必要があります。また、楽天市場でよく買い物をする場合は「楽天カード」が一押しです。最大で7%にまで還元率が上がるので、楽天市場においては最強のカードと言えるでしょう。

 

少し変わり種のおトク技としては、レシートを取るだけでポイントが貯まり、Amazonギフトやクオカードなどと交換できる「レシポ!」というサービスがあります。これは、掲載されている商品を購入したレシートを撮影して送るだけでポイントが貯まるというものです。

 

無理に商品を買う必要はないですが、あなたが普段から購入している商品が掲載されていれば活用してみるのも良いでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です