お金が戻って来る!?”年末調整”と”源泉徴収”についてしっかりチェックしよう!

今回は、払いすぎたお金が戻って来るかもしれないので、”年末調整””源泉徴収”についてしっかりと学びましょう。

スポンサーリンク

お金が戻って来る!?”年末調整”と”源泉徴収”についてしっかりチェックしよう!

払いすぎた所得税が戻る年末の手続きとは

所得税は1月1日から12月31日までの1年間、その人が働くことを想定して、毎月給料から天引きされています。その上で年末に実際の所得税から再計算され、税額に過不足はがないかどうか確認されます。
 
 
 
これを「年末調整」といって税金を多く払っていたら差額の還付があり、納税額に不足があれば追加で納める必要があります。また年末調整では、結婚や出産によって扶養家族が増えたりすると、控除の対象になります。
 
 
 
これは反対に、離婚や子供の独立によって扶養家族から控除がなくなり納税不足分を払う必要が出てくるということです。
 
年末調整とは…
 
源泉徴収により、会社勤めの場合は自動的に所得税を納税しているのだが、このやり方だと一つ問題がある。それは所得税の計算のしかたと、納付のしかたが異なることによる「ズレ」だ。

所得税は「その年1月1日から12月31日までの所得」に対して課税される税金であるのに対し、源泉徴収は毎月の給与ごとに天引きして納付する。つまり、源泉徴収では、今年の所得がいくらになるかが分かっていない段階で、先に納税をしている状態だ。

所得が確定していないため、毎月の源泉徴収納税額も概算である。この概算の税額は「源泉徴収税額表」という一覧表が用意されているので、それに従って決定される。

ある程度の精度はあるが、一人一人の実情に沿った正確な税金計算はできない。どこかのタイミングで概算と実情のズレを調整しなければならない。この調整のタイミングが、その年の所得が確定する時期=「年末」であり、年末にズレを調整するため「年末調整」といわれるのである。

出典 http://sogyotecho.jp/nenmatsuchosei/

 
年末に会社から年末調整のために必要な申請書類が渡されたら、該当する控除にチェックをして手続きしてもらいます。
 
 
もし年末調整で申請忘れがあった場合は、自分で確定申告を行うことで申請し忘れた分を取り戻すこともできます。
 

スポンサーリンク

自分の給与と納税の金額を把握できる!

給与所得や所得税など、1年間で稼いだ額と納税額が書かれているのが源泉徴収票です。年末調整の結果も、この票の中に記入されます。源泉徴収票には給与明細とは異なる項目欄があり、すこし理解するのが難しく感じるかもしれません。
 
 
 
源泉徴収票は年末に会社から渡されるのですが、1年の途中で会社を辞めた場合は退職時に受け取ります。転職した際は、その受け取った源泉徴収票を新しい職場へ提出し、年末調整の手続きを行ってもらうことになります。
 
 
 
もし紛失してしまった時は、退職した会社に再発行してもらわなければなりませんから保管には注意しましょう。
 
 
 
再就職しない場合や、フリーランス、自営業の場合は、年が明けてから自分で確定申告を行います。確定申告をすれば、払いすぎた税金の還付を受けることができます。 
年末調整で税金を支払う可能性がある人 

  1. 毎月の給料の変動が激しい
  2. ボーナスの割合が極端に大きい
  3. 収入が増えた
  4. 親の扶養から外れた
  5. 16歳以上の子が就職した

年末調整で税金が戻ってくる人 

  1. 生命、損害、年金の各保険に加入している
  2. 自宅の住宅ローンを返済している
  3. 収入が大きく下がった
  4. 子供が生まれた
  5. 親の面倒を見ることになった
  6. 16歳以上の子が仕事を辞めた
 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です