必読!年金受給者・債務整理後でもカードローンは利用できるの?

必読!年金受給者・債務整理後でもカードローンは利用できるの?

年金受給者がカードローンを利用したい場合

消費者金融・銀行のカードローンの申し込みにおいて、年金生活の場合に借入可能かどうかが心配という方も多いと思います。

 

そこで、実際に借入できるところがあるかどうかを紹介していきたいと思います。

 

年金所得=安定した収入、として見なされるのか

カードローンの審査に「安定した収入があること」を条件の1つにしているところがほとんどです。

 

つまり年金所得がこの「安定した収入」として見なされるかどうかが焦点になります。

 

結論から言うと、この判断はそれぞれの金融機関によって異なります。

 

以下のカードローンでは「年金所得=安定した収入」として見なしており、借入できる可能性があります。

 

  • バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)
  • みずほ銀行カードローン
  • レイク(新生銀行カードローン)
  • 東京スター銀行カードローン
  • オリックス銀行VIPローンカード

 

上記5件です。

 

スポンサーリンク

 

年金受給者のカードローン利用の際は年齢制限に注意!?

必読!年金受給者・債務整理後でもカードローンは利用できるの?

この「年金」を「老齢年金」に限って考えた場合、各カードローンの年齢制限を越えてしまっていないかに注意が必要です。

 

  • バンクイック=65歳まで
  • みずほ銀行カードローン=66歳まで
  • レイク=70歳まで
  • 東京スター銀行カードローン=65歳まで
  • オリックス銀行VIPローンカード=69歳まで

 

と先述したカードローンを利用できるところもそれぞれに制限があります。

 

仮に借り入れできても、この年齢を越えてしまうと新たな借り入れはできないということにも注意しなくてはなりません。

 

あなたにオススメの記事

ネットで簡単借り入れ!銀行カードローンの「WEB完結」とは?

年金受給者は「カードローン審査の申し込みの権利がある」ことに過ぎない!

これらの金融機関が年金受給者の借り入れを認めていると言っても、あくまで「審査に申し込む権利がある」というだけのことである点にも注意が必要です。

 

「年金受給者=必ず借り入れできる人」ではなく、それぞれの経済事情を総合的に判断されて初めて審査結果が出るのです。

 

あなたにオススメの記事

審査基準の違いは!?消費者金融と銀行カードローンを比較!

債務整理後の方がカードローンを利用したい場合

必読!年金受給者・債務整理後でもカードローンは利用できるの?

結論から言ってしまえば借り入れはできます。しかしいくつか問題点があるので、解説していきます。

任意整理後5年間は信用情報機関に掲載される!

このことにより借り入れの申し込みをしても審査に通る可能性はかなり低くなります。

 

いわゆる「金融事故」を起こしたばかりの人にあえてまた貸そうとする金融機関は稀有だと言えます。

 

もちろんあくまで可能性の問題なので確実でなく、任意整理後の収入・勤務先・雇用状況などを総合的に審査された上で結果が出るので、借り入れの申し込み自体ができないということではありません。

 

あなたにオススメの記事

土日祝日でも可能!?カードローンの即日融資は受けられるの?

任意整理後、5年待てば借り入れできるか?

これも可能性を語ることしかできませんが、信用情報機関から任意整理の履歴が消えるので、新たな借り入れができる可能性が高くなります。

 

しかし、ここで注意しなくてはならないのは「任意整理をした金融機関からその履歴が消えることは半永久的にない」ということです。

 

信用が第一となるのが金銭の貸し借りですから、金融機関としては貸した挙句に完済できなかった人の情報は重要な資料となるのです。

 

5年間で消えるのはあくまでどの金融機関でも閲覧できる公開された情報です。そのため同じ金融機関でまた借り入れができる可能性はかなり低いと言えます。

 

その点、新たな金融機関であれば信用情報機関に公開されている情報を参考にしてもすでに履歴が消えていることになるので、その時点で返済能力に問題がないと判断されれば借り入れができることになります。

 

スポンサーリンク

 

闇金からの借り入れには注意が必要!

信用情報機関に任意整理の情報が載るということは、「どこからも借りられないお金に困っている人」である可能性が高いことを公開しているのと同じことになります。

 

そこにいわゆる「闇金」が違法な金利で貸し付けようと狙ってくることが考えられます。

 

ここから借りることを「借り入れができる」とは呼べないはずです。

 

「闇金」の誘惑に負けずに5年間はどこからも借り入れができない前提で生活を成り立たせなくては、また返せない借り入れを重ねる恐れが大きくなります。

 

あなたにオススメの記事

銀行・消費者金融のカードローンが利用停止になる理由とは!?

まとめ

結論、年金受給者でも債務整理後の方でも実際はカードローンを利用することは可能なのです。

 

上記した点を踏まえた上で、自分では借りることはできないと決めつけずに今一度カードローンにお申し込みをされてはいかがでしょうか?

 

本日も最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

 

あなたにオススメの記事

http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/credit-card-tsukurenai/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です